人気ブログランキング |

『若者のすべて』①~赤い公爵 ヴィスコンティ~

 資本主義的生産様式は、最終的に労働力を商品とする社会です。そして、プロレタリアートが労働力の売り手を見つけることを可能とするこの生産様式の歴史的段階では、強力な「貨幣と商品の循環」の状態が制度化されていなければなりません。
 貨幣が生まれるためには、それほどの多くの「貨幣と商品の循環」は必要ではありません。しかし、資本が生まれるためには、この「貨幣と商品の循環」がすでに整備されていなければならず、そこでは、労働力を売り買いするための市場が強く必要とされます。
 資本を集め、積み重ねていく商品経済の支配者であるブルジョアジーは商品を生産するために、必要な全ての生産手段を所有しています。工場、機械、土地、原材料等、そして、労働力を有するプロレタリアート。

 そして、プロレタリアートも元来は農民、農業生産者でした。土地や家畜を持っていました。肥料や道具を持っていました。しかし、土地は収奪され、生産者としての生産手段を奪われます。多くの農民は、この『若者のすべて』という作品で描かれているように、戦後のイタリアの南北経済格差の問題の渦中においてのパロンディ一家のように、農民という直接生産者から、労働力を売って賃金を得なければならないプロレタリアートにならざるをえませんでした。
 こうなれば、ブルジョアジーはより有利にプロレタリアートを雇用することができます。無数の人々が、パロンディ一家のように生産手段から力づくで引き離され、労働力の売り手として労働市場に放り出されます。その収奪はもう取り返しが不可能なほど徹底せざるをえません。

「いつかは、今すぐにでないにしても、俺は故郷(くに)へ帰りたいんだ・・・でも帰れるかどうかはわからないが・・・。とても無理だろう。俺には・・・でも俺たちのうちのひとりは、故郷(くに)へ帰らなくちゃいけない・・・ルーカ、おまえかもしれない。
忘れるなよルーカ、あれが俺たちの故郷(くに)だ・・・オリーブの樹が繁り、月が明るすぎて気が変になるくらいの土地だ・・・虹の故郷(くに)だ。」

 このように、アラン・ドロン演ずるロッコがいくら故郷を懐かしみ、いつか兄弟の誰かが帰らなければならないと願っても、生産手段を奪われた農民にはもう故郷など無いのです。
資本論 1 (1)
マルクス エンゲルス 向坂 逸郎 / 岩波書店





 しかるに、プロレタリアートは自由です。農民と異なって、自分の労働力を売ることも自由であり、生産手段である土地、自らが縛り付けられていた土地からも自由です。

 カティナ・パクシノウが演じたパロンディ家の母ロザーリアは、南部での農業をやめて、ミラノに来て「マダム」と言われることが、とてもうれしかったと語っています。
「街の人がわたしのことを“奥さん”て呼んでくれた“奥さん”てね こんな大きな街でだよ 息子たちが立派だから・・・」

 プロレタリアートの自由は、この二つの自由です。

 ですが、すべての生産物はそれを直接に生産したプロレタリアートのものではなく、すべての生産手段を所有しているブルジョアジーのものです。
 ドイツの経済学者カール・マルクスは、大著『資本論』のなかで、「資本の本源的蓄積」について、労働力を譲り渡して生活しなければならないプロレタリアートが、常に搾取されていくシステムを、理論として証明しました。ブルジョアジーは「G-V-G′」つまり、「貨幣-商品-より多くの貨幣」の循環から利潤、すなわち「剰余価値」を生み出します。そのため、この拡大する貨幣をストックし、資本へと蓄積していくために、ブルジョアジーはプロレタリアートを搾取し続けていかなければなりません。

 そして、プロレタリアートは、人間としての自由をわずかに持ってはいますが、己の生活を完全には保障されてはいません。いつなんどき、路頭に迷い、人間的な尊厳まで、捨てて生きていかなければならなくなってもおかしくないのです。

 特に、カール・マルクスは、『資本論』第7篇「資本の蓄積過程」第23章「資本主義的蓄積の一般的法則」で、「相対的過剰人口の最下層の沈滓(おり)」について、論述しています。
 その第3節では、生産力の発達が消費財の生産を増加させ、それが労働力の人口を増大を招くとしました。機械の改良による労働の単純化が成人プロレタリアートの失業と女子・児童労働の雇用増大となって現われ、人口が増加傾向となり「相対的過剰人口」、すなわち「産業予備軍」が形成されると分析しました。パロンディ家も、5人の息子を持つ大家族です。

 そして、第4節で「相対的過剰人口」のさまざまな実存形態を分析し、「受救貧民」の言葉で零落者やルンペン、労働無能力者のことを指摘しました。分業による転業の能力がないために没落したり、プロレタリアートの標準年齢を超えている人々が発生し、資本の蓄積による貧困の蓄積を条件づける結果となることやブルジョアジーによる富の蓄積についての対極において、プロレタリア階級には「貧困、労働苦、奴隷状態、無知、野蛮化、および道徳的堕落の蓄積」が発生してしまうことを指摘しました。

 この作品では、これにレナート・サルヴァトーリが演じた二男のシモーネが該当します。シモーネは単なる弱い駄目な悪い人間ではなく、資本主義的生産様式によって必ず生み出される「産業予備軍」、そして、そこから創出されざるをえない「相対的過剰人口の最下層の沈滓(おり)」だといえます。シモーネという人物の発生は資本主義的生産様式による必然なのでしょう。

 そして、ルキノ・ヴィスコンティ監督の描いたロッコ・パロンディの罪悪感は、カール・マルクスの名著『ドイツ・イデオロギー』で論述されている「フォイエルバッハに関するテーゼ」によって方向付けられた「史的唯物史観」によるものなのでしょうか?

 人間の罪悪感が生み出す人間の聖人化は、悲劇しか生み出しません。すなわち、ヴィスコンティの意図的な演出のなかでのロッコの生き方は、コミュニズムにおける宗教批判にも繋がっていると思われるのです。ロッコの生き方そのものが聖人化しており、それは全ての悲劇を招き入れました。それが何に起因するのかはラストシーンのクライマックス、シモーネが殺人を犯して帰ってきたとき、母ロザーリアが絶望して神を否定するシーンに表現されれいます。ロッコが、そのとき母に言い放った言葉は

「神様を悪く言うのはおやめよ!」

でした。
 プロレタリアートの拠り所は宗教にさえもないのです。いいえ、むしろ、それは「宗教からの解放」の必要性さえ訴えかけているようです。

ドイツ・イデオロギー 新編輯版 岩波文庫
廣松 渉 マルクス エンゲルス / 岩波書店





 かつての支配階級の「貴族」の末裔である【赤い公爵「ヴィスコンティ」】が、先鋭的なコミュニストとして、映画芸術において、社会改革者の先兵たることを選択していた決意は誰もが読み取ることだと思います。
 しかしながら、資本主義的生産様式によるシステムの次に来たるべき経済システムが、カール・マルクスが唱え、多くのコミュニストたちが唱えていたように「計画経済」なる生産様式だったのでしょうか!?

 残念というべきなのでしょうか?多くの悲惨を抱えたプロレタリアートを救済するはずだったコミュニズムは、あまりにも多くの失敗を、歴史において露呈してしまったといわざるをえません。


e0059691_16484051.jpg

若者のすべて オリジナル・サウンドトラック盤、音楽・指揮:ニーノ・ロータ、歌:エリオ・マウロ

by Tom5k | 2005-08-20 17:22 | 若者のすべて(3) | Trackback(8) | Comments(13)

トラックバックURL : https://zidai.exblog.jp/tb/673882
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 赤パン帳 (ΘェΘ) at 2006-01-09 08:40
タイトル : 若者のすべて
Rocco e i suoi fratelli 若者のすべて by Luchino Visconti, Italy (1960) University, 18 Oct 2005 大学の授業、「ネオリアリズモ後のイタリア映画」で。 ヴィスコンティは「山猫」しか知らなかったんですが、でも彼がどういうものを好むかがよく分かった。 この映画はポリティカルな映画として当時のイタリア映画界を代表する作品とされていますが、クラスのみんなも一致で、ポリティカルというよりはメロドラマティック、と...... more
Tracked from 良い映画を褒める会。 at 2006-11-20 00:43
タイトル : ルキノ・ヴィスコンティ監督によるネオリアリズモの傑作。『..
 イタリア映画界の巨匠、ルキノ・ヴィスコンティ監督の第二作目の長編映画『揺れる大地』が公開されたのは1948年です。戦時下のイタリアで、大きな話題となったデビュー作『郵便配達は二度ベルを鳴らす』からすでに5年の月日が流れていました。... more
Tracked from ぶーすかヘッドルーム・ブ.. at 2006-12-03 14:18
タイトル : 「若者のすべて」「イノセント」
●若者のすべて ★★★★★ 【NHKBS】ルキノ・ヴィスコンティ監督特集。アラン・ドロン、レナート・サルバトーリ、アニー・ジラルド、クラウディア・カルディナーレ出演。ミラノで結婚した長兄を頼って南イタリアの田舎から年老いた母親を筆頭に大勢で押しかけた大家族の物語。働き手の息子は沢山いるのに貧乏から逃れられないイタリア貧困層の苦しい生活と強かな生活がリアルに描かれている。ボクシングのチャンプになって成功するが転落し、家族のお荷物になってゆく兄シモーネ(サルバトーリ)と、彼に変わって家族の大黒柱にならざ...... more
Tracked from 徳丸式映画放談 at 2006-12-10 22:41
タイトル : 若者のすべて
ひっさしぶりのアランくん出演作品てことで、いつにもまして気合いを入れて拝見させてもらったんですが…、ヴィスコンティ監督の力量がそうさせるのか、アランくんが名優に見えてしまって(←どういう意味?)なんとなくツッコミ入れそびれちゃったというか、ぼーっと映画に..... more
Tracked from Cartouche at 2006-12-11 00:10
タイトル : *若者のすべて*
{{{   ***STORY*** 1960年   イタリア=フランス 南部で貧窮にあえいでいたパロンディ家は、先に北部の大都市ミラノに出稼ぎに来ていた長兄ヴィンチェを頼って、老いた母と兄弟4人でやって来る。長兄には同郷出身の婚約者ジネッタ(カルディナーレ)がいたが、田舎出の彼らに対する風当たりは厳しいものだった。次兄シモーネ(サルヴァトーリ)は三男のロッコ(ドロン)と共にプロ・ボクサーを目指しジムに入ったが、娼婦ナディア(ジラルド)に夢中になり、自らその可能性...... more
Tracked from プロフェッサー・オカピー.. at 2008-09-02 21:17
タイトル : 映画評「木靴の樹」
☆☆☆☆☆(10点/10点満点中) 1978年イタリア映画 監督エルマンノ・オルミ ネタバレあり... more
Tracked from 寄り道カフェ at 2008-09-03 00:34
タイトル : 「木靴の樹」
L' ALBERO DEGLI ZOCCOLI 1978年/イタリア/187分 19世紀末の北イタリア・ベルガモ近郊の農場。 地主が絶対権力を持っていた時代。 農地も家も農具も家畜も、木一本に至るまで全て地主の所有で収穫の2/3は地主のものとなる。そんな農場に小作人として住み込んでいる四家族の日々の営みを、四季の移り変わりの中で描いた作品で、1978年カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞している。 撮影はすべてベルガモ地方で行われ、人口照明は一切使わない自然光のみで撮影を行い、出演者も...... more
Tracked from ぶーすかヘッドルーム・ブ.. at 2008-09-03 10:17
タイトル : 「ピロスマニ」「木靴の樹」
●ピロスマニ ★★★★ 【BS11】二十世紀初頭のグルジヤの独学の天才画家ニコ・ピロスマニの数奇な生涯を描く伝記映画。居酒屋に飾られた彼の絵は村人から愛されていたが、町から来た批評家たちに「ペンキ絵」と叩かれてしまう。やがて村人も彼の絵に見向きもしなくなり…。監督はゲオルギー・シェンゲラーヤ。ピロスマニの絵そのものが体現できるような静かな映像詩。 ●木靴の樹 ★★★★★ 【BS11】監督はエルマンノ・オルミ。北部イタリア・ベルガモ近郊の農村の貧しい農家を舞台に、小さな息子のために木靴をこっそり作...... more
Commented by 用心棒 at 2006-11-20 00:41 x
 トムさん、コメントとTBをいただきまして、どうもありがとうございました。
 ヴィスコンティ作品の凄みはなんといっても見れば見るほど味が出てくるということではないでしょうか。
 十年前に観た『郵便配達は二度ベルを鳴らす』『揺れる大地』『ベニスに死す』よりも今見るそれらの作品の方が目にしみいってくるような気がします。見るにも人生経験が必要な映画なのかもしれません。
 たった14作品しか撮らなかった監督ですが、その14本はかなり濃いので、一生涯楽しめる作品群だと思います。ではまた。
 
Commented by Tom5k at 2006-11-23 12:21
>用心棒さん
>ヴィスコンティ作品の凄みはなんといっても見れば見るほど味が出てくる
おっしゃるとおりですよね。これは、ヴィスコンティに限らず映画全般、いや文化・芸術全般にいえることかもしれません。「本物」といわれるものの本質だと思います。
わたしも最近、プドフキンの『母』を観ましたが、凄かった。また、十年後に観てみたいです。
では、また。
Commented by booska1234 at 2006-12-03 14:35
TB&コメント有難うございます。
マルクスの資本論はちょっと私には難しかったのですが、なるほど、この作品のキャラ設定には資本主義の歯車にかかった庶民から必然的に生まれてくるキャラだったんですね。勉強になりました。
Commented by Tom5k at 2006-12-03 18:36
>ブースカさん
わかりにくいわたしのブログ記事の中でも1、2を争うほどわかりにくいこの記事を読んでくれてありがとう。でも映画は分かり易かったですよね。
そして、貴族(ヴィスコンティ)と無産階級(ドロン)が共存している不思議な作品でありました。わたしにとっては、そこが、また魅力的なんですよね。
では、また。
Commented by 徳丸虎龍 at 2006-12-10 23:08 x
こんばんは。トムさんのベスト3に入る映画、てことで「それは観なきゃな」とチャレンジしたんですけど、すっかり“ヴィスコンティマジック”にかかってしまい、アランくんへツッコミ入れるどころの騒ぎじゃありませんでした。借りてきた猫のようにおとなしく最後まで観ましたよ(笑)。
でも、トムさんもお書きになっておられる「神様を悪く言うなっ!」とアランくんが怒るシーンでは、「え、そっちで怒るのかよ」とちょっとおかしかったです。人殺しまでするよーなアニキに対してはとことん寛大なクセにさ。さすが聖人だ(笑)。
Commented by Tom5k at 2006-12-11 19:27
>徳丸さん、久々のアランくん作品でしたね。
待ってましたよ。
しかし
>“ヴィスコンティマジック”にかかってしまい、アランくんへツッコミ入れるどころの騒ぎじゃありませんでした
とのこと。
やっぱ、メルヴィル作品とは違いましたか?
しかし、あのアランくんのモモ引き姿はホントに衝撃的でしたよね。アハハハ。
こんな素朴、朴訥(ぼくとつ)なアランくんは、この映画くらいかもしれませんね。この作品でのアランくんは、まだ若かったせいなのか、アニキに対して、自分が存在しているだけで悪いことだと思い込んでいるそうです。
では、また。
Commented by Cartouche at 2006-12-11 23:47 x
昨日は取り急ぎTBだけで失礼しました。今までヴィスコンティの後期の作品ばかり見ていましたが、前期ラストのこの作品を見て、彼の本当に言いたかったことのひとつがわかったような気がしました。因みに3年続けてイタリア旅行をしていますが、今年初めて南へ行き、その格差を肌で感じてきました。
Commented by Tom5k at 2006-12-12 16:28
>Cartoucheさん、いらっしゃいませ。
TB・コメントありがとうございます。
ヴィスコンティが、単なる「エレガンスな貴族の末裔」ではないことは、初期の彼の作品から良く理解することができますよね。
わたしとしては、彼には下層の庶民を描き続けていって欲しかったのですが、それでは現在のような知名度を残すことができなかったかもしれません。
現在でも南北の格差が、解消されていないことは非常に残念なことです。
では、また。
Commented by mchouette at 2008-09-03 02:10
トムさん、②の方にコメントを入れたのですが、トムさんの「資本論」のサマリーありがとうございます。我が家の本棚にあるけれど…ダンナの方は読んだのかしら?
エンゲルスの「家族・私有財産・国家の起源」「共産党宣言」あたりで私はとまっておりました。それもはるか昔の学生時代!
しかし、かように紐解かれると、「資本論」読んでみようかとも、いやいや、それはトムさんにお任せして、私はトムさんの噛み砕いていただいた養分を頂きます!
「神」…単に宗教的存在の神ではなく、「木靴の樹」を観ているともっと大きな、宇宙の営みの存在としての神を思います。
この間に私が観た映画とか、読んだ小説とか、今起きている無差別殺人とか、少年犯罪とか、戦争も含め、人間の感情とか、欲望とか…イデオロギーでは包括し得ない、人間の内面にあるもの…考えてしまいます。「木靴の樹」をみてさらに考えてしまいます。
Commented by booska1234 at 2008-09-03 10:30
トムさん、ご無沙汰しております。TBとコメント有難うござます。「木靴の樹」のTBこちらにさせて頂きました。どちらの作品も信仰心の強いイタリアが舞台になっていて、社会的改革を考える上では「宗教からの解放」が関わらざる終えないのが語られていて、考えさせられるものでした。ニーノ・ロータのオリジナルのサントラもあるんですね。知らなかった!
Commented by Tom5k at 2008-09-05 00:20
>シュエットさん、②のコメントからの続きです。
>「資本論」のサマリー・・・
これは要約・概要まではいってませんです。だけどヴィスコンティがコミュニストであったことは、初期の作品に「資本論」が十分に描かれていることから理解できました。同様にアントニオーニ、ロージー、ゴダールも。
そして山田洋二、山本薩夫、今村昌平、浦山桐郎、今井正・・・
ルネ・クレマンは、どうなんでしょう?
シュエットさん、ルドルフ・ヒルファデングの「金融資本論」は?
>宇宙の営みの存在としての神・・・イデオロギーでは包括し得ない、人間の内面にあるもの…考えてしまいます。「木靴の樹」をみてさらに考えてしまいます。
これはオカピーさんや用心棒さんの『2001年宇宙の旅』の記事などと『木靴の樹』などを比較検証しても、新しい発見があるかもしれませんね。
Commented by Tom5k at 2008-09-05 00:22
>続き
わたしは映画の未来的モダリティーによる未来社会を連想するとワクワクします。
たとえば、何かの音を聴くと色彩が鮮明になったり、色彩によって匂いに敏感になったり、映像と音楽の照応に触れると持病が治ったりというように、映画の未来的な営みを試行する作家もそろそろ現れるような予感もあるんですが・・・。
しかし現時点での映画は、まだまだ人間の「共感覚」を刺激しきるまで洗練されていない。ましてCG映像ではレネやゴダールを超越することはできない。今後出現する超映画作家はそんな程度ではないのです。きっと。
>私のブログでトムさんへの返事をいっぱい書いてるから・・・
早速お邪魔します。
では。
Commented by Tom5k at 2008-09-05 15:23
>ブースカさん、お元気ですか?「木靴の樹」は素晴らしかったですね。さすがオカピーさん、お勧め作品は第一級品です。
>どちらの作品も信仰心の強いイタリアが舞台・・・
宗教からというか、きっと精神的な隷属状態なんでしょうね。日本人はそういう道徳を失うのも早かった。だから近代化も恐ろしく速かったんじゃないですかね?
>ニーノ・ロータのオリジナルのサントラ・・・
素敵なアルバムですよ。聴いていると『若者のすべて』の映像が蘇ってきます。
では、また来てくださいね。
名前
URL
削除用パスワード