人気ブログランキング |

『アラン・ドロンのゾロ』①~「カピストラノの疫病神」と呼ばれたシヴァリー(騎士道)~

 アメリカの歴史はアングロサクソンの歴史、そして、独立戦争や南北戦争、ゴールドラッシュによる西部開拓の歴史のみではありません。
 カリフォルニア地方の歴史は先住民族ネイティブアメリカンの土地からスペイン人の入植、メキシコの統治期を経て、そしてようやくアメリカへと変遷してきた歴史を持っています。
 北アメリカがまだ、合衆国として独立前のイギリスやスペイン統治下の時代、このカリフォルニア地方では、1769年のフニペロ・セラ率いるミッショナリー(開拓農園)によって開発が始まっていきました。
 スペイン伝統の騎士道「シヴァリー(Chivalry)」を精神的支柱としているジェントリー達。カリフォルニア開拓のために入植していたフランシスコ派の伝道師たちとその教団。彼らが農業経営のために雇用した先住民族。そして、スペイン本国の植民地統治のために設置された総督府とその軍隊等の人々により、開発されていきました。
 現在でも18世紀後半の入植の跡地としてヨーロッパの古びた石畳の佇まいを歴史の風土として残しているスペイン風の町並みサン・ファン・カピストラーノ (San Juan Capistrano)を物語の舞台として「快傑ゾロ(The Mask of Zorro)」の物語は展開します。映画『アラン・ドロンのゾロ』ではニューアラゴンという名称の南米北西部の土地としていますが、この「快傑ゾロ」は当局にとっては「カピストラノの疫病神」と命名され、疎んじられていた義賊です。
e0059691_17302168.jpg

 物語の展開は総督府の軍の指揮官からの圧政と苦しむ民衆との確執、ゾロ=ドン・ディエゴ(同名)の活躍を中心に進められていきます。小物で大ボラふきでゾロに懲らしめられるガルシア軍曹(ゴンザレス)、開拓宣教師フランシスコ(フェライプ)との友情、勇敢に総督府に抵抗したがために没落させられた伯爵家の令嬢オルテンシアン(ロリタ)との恋、先住民の少年チコ(原作には登場しません)との対話、忠実な聾唖者の部下ベルナルド(同名)との主従関係、そして、総督府内部での大佐ウェルタ(レイモン)との駆け引きなどが丁寧に描かれています。
【( )内は、「快傑ゾロ」(ジョンストン・マッカレー 著、井上一夫 訳 1969年創元推理文庫刊)での登場人物名】

 「Z」のマーキングは英雄ゾロの頭文字。大きな黒いキツネの精霊の化身で正義の英雄なのです。スペインからの移民に教えられたのでしょう。先住民の少年チコはゾロが今に動物たちを解放すると信じています。恐らく解放されない民衆を動物たちに投影していたのかもしれません。少年はゾロになる前のディエゴに言います。「人間は弱いか、悪いかで解放されることが出来ないんだ。」うなだれた悲しい少年の表情。

 しかし、ゾロは現れたのです。民衆に圧政への抵抗を説くフランシスコ修道僧がでっち上げの裁判で鞭打ちの刑に処せられようとしたそのときでした。民衆の願いが現実となったのです。
 ゾロは仮面を脱いだときは軟弱な新総督ドン・ディエゴを装い、圧政の最も根幹の原因にある総督府の軍部の司令官ウェルタ大佐を欺き、軍部と民衆のせめぎ合いにおいては、人知れずゾロに変身して軍部の腐敗と野望をうち砕いていきます。

 そして、いよいよ独裁者ウェルタとの最後の決闘のときがきました。死闘の末、ゾロの正義の剣の前にはさしものウェルタも倒されたのでした。
 ようやく、この開拓地にも自由と平和が訪れ、ゾロがこの地を離れるときがきました。
 最後にゾロは、これからのカリフォルニアの開拓に全力を注がなければならない民衆たちにオルテンシアンを通してメッセージを残したのです。

 「もうゾロはいない。これからはゾロに頼ることはできない。正義を大切にする社会をつくるために、みんなで立ち上がらなくては!」
マスク・オブ・ゾロ
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント





快傑ゾロ
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン





奇傑ゾロ
ダグラス・フェアバンクス / / アイ・ヴィー・シー

by Tom5k | 2005-06-19 16:45 | アラン・ドロンのゾロ(2) | Trackback(7) | Comments(9)

トラックバックURL : https://zidai.exblog.jp/tb/673573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from BlueCrescent.. at 2006-01-03 00:00
タイトル : アラン・ドロンのゾロ
旅の剣士ディエゴはスペインへ帰る途中のカルタヘナの港町で偶然にも旧友ミゲルとの再会を果たす。聞けば植民地ニューアラゴンの新総督に命じられて、妻子を伴って向かう途中だという。急死した前総督の後を引き継ぎ、ニューアラゴンを平和で理想的な土地にしたいと夢を語...... more
Tracked from 映画一点豪華主義 at 2006-01-03 20:00
タイトル : アラン・ドロンのゾロ(Zorro)…バンデラスより、やっ..
 デジタル・ニューマスターでDVD再登場となった、アラン・ドロンの痛快アクション。総督として赴任してきた男が伝説の剣士ゾロの姿を借りて、非道な圧制を行う大佐と闘うという王道ストーリー。市場での鬼ごっこ的アクションは、ジャッキー・チェンよりずっと早いし、...... more
Tracked from マジック・映画について思.. at 2006-01-15 02:03
タイトル : アラン・ドロンのゾロ/Alain Delon in ZO..
「レジェンド・オブ・ゾロ」の公開が近いということもあり、映画館や駅なんかに「レジェンド・オブ・ゾロ」のポスターが結構貼られています。ゾロというと私はアントニオ・バンデラスではなくアラン・ドロンを思い出してしまいます。 黒いマスクに黒いマントを身につけ、颯爽と現れたかと思うとあっという間に悪を薙ぎ倒し去っていく…。そんなヒーロー、ゾロは今まで数多く映画化されたそうですが、私が観たことがあるのはアラン・ドロンのものだけです。 最初はアラン・ドロンというだけで観た「アラン・ドロンのゾロ」でし...... more
Tracked from 寄り道な日々 at 2006-02-13 13:49
タイトル : アラン・ドロンのゾロ(74伊・仏) ZORRO
設定が 「マスク・オブ・ゾロ」 とは色々違っていて面白い。 こちらの舞台はヌエボ (ニュー) ・アラゴンになってる、それより皆がイタリア語で喋ることや エキストラの顔つきも White & Black が大半を占めることからメキシコというより ヨーロッパ辺りの雰囲気ですね。 (実際スペイン・ロケだったらしい) ディエゴは親友ミゲルの遺志を継ぎ、彼の身代わりとして新スペイン総督に 赴任するも、裏では人知れず民間伝承の英雄 (黒いキツネの魂、だそうだ) ゾロとして 貧しい人々のため正義の剣を振るうのだ...... more
Tracked from pas tellement at 2006-05-31 00:54
タイトル : ファザコン・・・
ファザコンの定義ってどういうものなのでしょうか?マザコンって母親離れしていない男性のイメージがありますが・・・。私がファザコンかも・・と思うことは多々あるのですがそのマザコンのイメージとは全く私のファザコンは違います。精神分裂学的にフロイトが提唱した概念のようですが・・子供が父親に対して抱く強い愛着とか執着とかを持つ状態・・・? でも私の場合そうではないですね・・。”父親から愛情表現をされなかった、もしくはされた記憶がない事からその情緒の欠落した部分を埋めるために父性愛に憧れ、父親が理想化される・・・...... more
Tracked from プロフェッサー・オカピー.. at 2007-04-04 03:10
タイトル : 映画評「レジェンド・オブ・ゾロ」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2005年アメリカ映画 監督マーティン・キャンベル ネタバレあり... more
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2007-05-02 16:59
タイトル : <レジェンド・オブ・ゾロ> 
2005年 アメリカ 131分 原題 The Legend of Zorro 監督 マーティン・キャンベル 脚本 アレックス・カーツマン  ロベルト・オーチー 撮影 フィル・メヒュー 音楽 ジェームズ・ホーナー 出演 ゾロ/アレハンドロ・デ・ラ・ベガ:アントニオ・バンデラス    エレナ・デ・ラ・ベガ:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ    アルマン伯爵:ルーファス・シーウェル    ジェイコブ・マクギブンス:ニック・チンランド    ホアキン・デ・ラ・ベガ:アドリアン・ア...... more
Commented by シリンゴ at 2006-01-03 20:08 x
はじめまして。TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきました。ドロン作品とその背景の考察がすばらしいですね。
「アラン・ドロンのゾロ」の公開にタイアップした表紙で原作本が出版されていたのは、はじめて知りました。こちらのブログで貴重な資料を拝見できて感動いたしました。
Commented by Tom5k at 2006-01-04 00:40
TB・コメント、ありがとうございます。
わたしのは、創元推理文庫ですが、同時期の角川文庫版もアラン・ドロンの表紙だったように記憶しています。
Commented by ヘンリー at 2006-01-15 02:09 x
こんばんわです。
ゾロの記事をUPしましたのでトラックバックさせていただきます。
アラン・ドロンのゾロの表紙の原作本があることは私も初めて知りました。※同じようなコメントですみません
かなり読み込んでおられるようで、ボロボロですね(笑)
地道に古本屋ででも私も探してみます。
では。
Commented by Tom5k at 2006-01-15 14:33
ヘンリーさんどうもです。
これは創元推理文庫1975年13版のものです。もう価格には反映するものではないと思いますが、わたくしの当時のメモリーとともに現在も手元に置いてあります。
われわれの世代は、アラン・ドロンといえば、このゾロとボルサリーノ(2が同時期の公開でした)が代表作といってしまう世代かもしれません。ドロン全盛期の最後の世代かもしれません。
Commented by haruki at 2006-02-13 14:02 x
先日は「マスク・オブ・ゾロ」へのTBとコメントをどうもです。
ようやくドロンのゾロ観ましたので、こっちをTBさせて貰いました。
いつものシュミに走ったふざけた中味で、ファンの方には申し訳ないことです。(汗)
アラン・ドロンという俳優の面白さを、こちらで再発見させてもらえて感謝です。
これからも興味深い記事を楽しみにしてますね。
Commented by Tom5k at 2006-02-18 15:08
> haruki さん
ありがとうございます。申し訳ないことですなんて、とんでもないです。いつもとても、楽しく読ませていただいています。また、突然コメントさせていただくかもしれませんが、よろしくお願いいたします。
Commented by momomarsha at 2006-05-31 01:05 x
はじめまして。アランドロンの「ZORRO」が大好きな私です。勝手にTBしてしまいました。突然ですみません。大変興味深く拝見させていただきました。ご迷惑でなければ今後ともよろしくお願い致します。
Commented by Tom5k at 2006-05-31 19:53
>momomarshaさん
TB・コメントありがとうございます。

>大変興味深く拝見させていただきました。
とのことで
たいへん、うれしく思います。どうも、ありがとう。また、寄ってください。
Commented by momomarsha at 2006-06-01 01:26 x
トム様
幅の広い知識を持って語られる数々の作品の背景や評価は、大変参考になります。素晴らしいブログだと思っております。今後とも奥深い記事を楽しみにしております。
名前
URL
削除用パスワード