『アラン・ドロンのゾロ』①~「カピストラノの疫病神」と呼ばれたシヴァリー(騎士道)~

 アメリカの歴史はアングロサクソンの歴史、そして、独立戦争や南北戦争、ゴールドラッシュによる西部開拓の歴史のみではありません。
 カリフォルニア地方の歴史は先住民族ネイティブアメリカンの土地からスペイン人の入植、メキシコの統治期を経て、そしてようやくアメリカへと変遷してきた歴史を持っています。
 北アメリカがまだ、合衆国として独立前のイギリスやスペイン統治下の時代、このカリフォルニア地方では、1769年のフニペロ・セラ率いるミッショナリー(開拓農園)によって開発が始まっていきました。
 スペイン伝統の騎士道「シヴァリー(Chivalry)」を精神的支柱としているジェントリー達。カリフォルニア開拓のために入植していたフランシスコ派の伝道師たちとその教団。彼らが農業経営のために雇用した先住民族。そして、スペイン本国の植民地統治のために設置された総督府とその軍隊等の人々により、開発されていきました。
 現在でも18世紀後半の入植の跡地としてヨーロッパの古びた石畳の佇まいを歴史の風土として残しているスペイン風の町並みサン・ファン・カピストラーノ (San Juan Capistrano)を物語の舞台として「快傑ゾロ(The Mask of Zorro)」の物語は展開します。映画『アラン・ドロンのゾロ』ではニューアラゴンという名称の南米北西部の土地としていますが、この「快傑ゾロ」は当局にとっては「カピストラノの疫病神」と命名され、疎んじられていた義賊です。
e0059691_17302168.jpg

 物語の展開は総督府の軍の指揮官からの圧政と苦しむ民衆との確執、ゾロ=ドン・ディエゴ(同名)の活躍を中心に進められていきます。小物で大ボラふきでゾロに懲らしめられるガルシア軍曹(ゴンザレス)、開拓宣教師フランシスコ(フェライプ)との友情、勇敢に総督府に抵抗したがために没落させられた伯爵家の令嬢オルテンシアン(ロリタ)との恋、先住民の少年チコ(原作には登場しません)との対話、忠実な聾唖者の部下ベルナルド(同名)との主従関係、そして、総督府内部での大佐ウェルタ(レイモン)との駆け引きなどが丁寧に描かれています。
【( )内は、「快傑ゾロ」(ジョンストン・マッカレー 著、井上一夫 訳 1969年創元推理文庫刊)での登場人物名】

 「Z」のマーキングは英雄ゾロの頭文字。大きな黒いキツネの精霊の化身で正義の英雄なのです。スペインからの移民に教えられたのでしょう。先住民の少年チコはゾロが今に動物たちを解放すると信じています。恐らく解放されない民衆を動物たちに投影していたのかもしれません。少年はゾロになる前のディエゴに言います。「人間は弱いか、悪いかで解放されることが出来ないんだ。」うなだれた悲しい少年の表情。

 しかし、ゾロは現れたのです。民衆に圧政への抵抗を説くフランシスコ修道僧がでっち上げの裁判で鞭打ちの刑に処せられようとしたそのときでした。民衆の願いが現実となったのです。
 ゾロは仮面を脱いだときは軟弱な新総督ドン・ディエゴを装い、圧政の最も根幹の原因にある総督府の軍部の司令官ウェルタ大佐を欺き、軍部と民衆のせめぎ合いにおいては、人知れずゾロに変身して軍部の腐敗と野望をうち砕いていきます。

 そして、いよいよ独裁者ウェルタとの最後の決闘のときがきました。死闘の末、ゾロの正義の剣の前にはさしものウェルタも倒されたのでした。
 ようやく、この開拓地にも自由と平和が訪れ、ゾロがこの地を離れるときがきました。
 最後にゾロは、これからのカリフォルニアの開拓に全力を注がなければならない民衆たちにオルテンシアンを通してメッセージを残したのです。

 「もうゾロはいない。これからはゾロに頼ることはできない。正義を大切にする社会をつくるために、みんなで立ち上がらなくては!」
マスク・オブ・ゾロ
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント





快傑ゾロ
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン





奇傑ゾロ
ダグラス・フェアバンクス / / アイ・ヴィー・シー
[PR]

by Tom5k | 2005-06-19 16:45 | アラン・ドロンのゾロ(2)