『黒いチューリップ』①~革命から時代を経て、現在そして、未来へ~

 映画『黒いチューリップ』での1シーンに、主人公ジュリアンが兄ギヨームの正体である共和派の義賊「黒いチューリップ」であることを知って「兄さんの理想は僕の理想と同じだ。」と目を輝かせる場面があります。「兄さんはルソーを読んだ?」とうれしそうに問いかけるジュリアン。フランス革命の思想基盤を作ったジャン・ジャック・ルソーの社会契約説のことです。

社会契約論 (岩波文庫)

J.J. ルソー / 岩波書店



 フランス映画伝統の「詩(心理)的レアリスム」戦後第二世代クリスチャン・ジャック監督によるフランス革命の娯楽大作です。アラン・ドロンの一人二役の好演が印象に残る明るい楽しい作品であり、恐らく当時のフランス国民の誰もが安心して見ていられる歴史活劇だったのでしょう。
 また、『太陽がいっぱい』や『生きる歓び』で、すでに自分自身の分身を演じるきっかけを得ていたアラン・ドロンにとって、非常に演じ易かった配役だったのではないでしょうか?また、それが、その後の彼の演じた多くのキャラクターに継承されていった意味でも、重要で意義のある役柄だったと思われます。
 彼はこういったクラッシックな内容の文芸大作がよく似合い、それを上手く演じることができる古いタイプの映画俳優のような気がしているのはわたしだけでは無いでしょう。

 フランスの歴史はフランス革命から始まったと言っても言い過ぎではないかもしれません。
 「騒擾がつづき、街路にはバリケードがつくられ、民衆は武器商におしかけて武器をうばった。七月十四日の朝、群衆は廢兵院から三万二〇〇〇挺の小銃をうばい、さらに武器を求めてバスチーユの牢獄にせまった。」 『フランス革命小史』(河野健二著 1959年 岩波新書より)

フランス革命小史 (岩波新書 青版 348)

河野 健二 / 岩波書店



 民衆蜂起の1789年7月14日のバスチーユ牢獄への襲撃により、8月26日、国民議会の人間および市民の権利宣言(人権宣言)の発表。そして、ナポレオンのクーデター(ブリュメールの18日)でフランス大革命は終焉します。
「起てや祖国の 健児らよ、 栄えある日こそ 来たるなれ、 われに刃向かう 暴虐の、 血染めの旗ぞ ひるがえる、 君よ聞かずや 野に山に、 敵兵どもの 吠えるのを、 わが同胞を 殺さんと、 奴らはわれに 迫り来る、 いざ武器をとれ 市民たち! 隊伍を組めや いざ行かん! 敵の汚れし 血潮もて、 わが田の畝を 潤さん。」(フランス共和国国歌「ラ・マルセエーズ」より)

ラ・マルセイエーズ [DVD]

アイ・ヴィ・シー



マリー・アントワネット (通常版) [DVD]

東北新社



 しかし、革命後は反動的な立憲君主制に戻り、自由主義者と対立します。1830年7月再び、共和派は7月革命を成し遂げますが、この革命でも少数の大資本家の支配が中心の政治体制で中小資本家、労働者には選挙権すらありませんでした。
 1848年2月、選挙法の改正を巡って三たび、2月革命による臨時政府をうち立てます。しかも、この2月革命後の議会には社会主義者であったルイ・ブランも加わっていました。
 しかし、1851年、ルイ・ナポレオンによる第二帝政の時代が訪れます。普仏戦争の敗戦による不満からパリ市民は先鋭化し、1871年共産主義政権パリ・コミューン臨時政府が樹立され、共和派と共産主義臨時政府との間に対立が起こります。ドイツの協力を得た共和派が1875年、共産主義者を一掃して実権を握り、ようやく第三共和政の基礎が整ったわけです。
 映画『パリは燃えているか』で第2次世界大戦中にナチス・ドイツと闘い、フランス共和国臨時政府を設立したときの共和派はこの第三共和政の組織であったドゴール派でした。
 1946年、戦後初の新憲法発布により第四共和政が発足。これは、映画『パリは燃えているか』に描かれているレジスタンス組織「国民抵抗会議」が、ド・ゴールを支持した結果としてでした。

 第四共和政は、大国主義により、後のベトナム戦争に繋がるインドシナ戦争を勃発させてしまい、1958年には、映画『名誉と栄光のためでなく』の舞台となっているアルジェリア政策を巡るトラブルからドゴール首班の憲法改正を実施して第五共和政を敷きます(このため、アラン・ドロンが製作・主演した『さすらいの狼』は公開が遅れ、大赤字となります)。これが現在のEUの土台となるEEC(ヨーロッパ経済共同体)を1958年に誕生させます。

 そして、EEC発足6年前の1951年成立のECSC(ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体)、前年の1957年成立のEURATOM(ヨーロッパ原子力共同体)がEECと統合し、1967年についにEC(ヨーロッパ共同体)の発足となったのです。1973年にはイギリスも加盟し、拡大ECが誕生します。

 特に注目すべきはECSCの成立です。これはフランスとドイツ(設立当時は西ドイツ)が第二次世界大戦の経済的な要因、つまり石炭と鉄鋼の利権を巡る争いであったことの反省から、それらを共同管理することから始まっていったものです。現在のEU(ヨーロッパ連合)の発展は、戦争という手段を使わずに国家間が平和的統合を目指す歴史上に類例を見ない取り組みの過程であるといえるでしょう。

 そして、フランス市民がバスチーユを奪還してから200年あまり、第二次世界大戦でのナチス・ドイツの占領下から約60年経った今日、フランス共和国第五共和政は旧敵国ドイツとともに、東欧10カ国を加えた言語も文化も異なるEU25カ国の牽引となっています。
 2003年イラク攻撃に係る国連安全保障理事会やNATOにおいては、古いヨーロッパと蔑まされながらも、古いヨーロッパこそ誇りとばかりに反英米を堂々と明言し、正面切って武力攻撃に反対しました。おそらくは、この誇り高き国家の理念は、今でもフランス革命の精神と理想から貫かれているのでしょう。
 現在のフランスは、極右の台頭や不法入国等よる移民問題、失業者の増大等、多くの国内問題をかかえています。
 「国家のなかに、一人でも不幸なひとや貧しい人がいるのを放置しておいてはならない。そういう人が一人もいなくなったときに、はじめて、諸君は、革命をなしとげ、ほんとうの共和国を建設したことになるだろう。」(1794年国民公会にて、フランスの革命家サン・ジュストの演説)

 このサン・ジュストら当時の革命家たち、そして、市民たちの理想を引き継いで、現在、EUの共通通貨ユーロの採用、昨年6月にはEUの政治統合を目指す憲法草案の承認までこぎ着けました。市場経済、民主主義、人権尊重の理念で結ばれた大欧州の建設をフランスおよびヨーロッパは目指し続けています。これからもフランスは、フランス革命の精神を拠り所として多くの問題をかかえながらも困難を乗り切り、更に世界へ次の未来のビジョンを提示し続けて行くに違いありません。

by Tom5k | 2005-04-26 22:19 | 黒いチューリップ(2) | Trackback(4) | Comments(13)

トラックバックURL : https://zidai.exblog.jp/tb/673418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from プロフェッサー・オカピー.. at 2007-04-22 15:12
タイトル : 映画評「黒いチューリップ」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 1964年フランス映画 監督クリスチャン=ジャック ネタバレあり... more
Tracked from マジック・映画について思.. at 2007-06-10 11:47
タイトル : 黒いチューリップ/La Tulipe noire
流行っているわけでもないのに風邪をひいてしまいました。 止まらない咳と鼻水に耐えかね、昨日と一昨日はさすがに欠勤。感冒薬を飲むと眠くなるとはいえ、寝続けるにも限界があります。というわけで、懐かしの映画を何本か観直しました。そのうちの一本がアラン・ドロン主演の『黒いチューリップ』。... more
Tracked from EncycRopIdia.. at 2007-07-11 21:09
タイトル : 黒いチューリップ(1964) 〜ドロンと分身
 '''あらすじ'''  '''フランス革命の気配'''渦巻くなか、一人の貴族が立ち上がった!!  彼の名は、'''ギョーム伯爵(アラン・ドロン)'''。またの名を、'''怪盗『黒いチューリップ』'''。  頬傷を付けられ正体が知られるこ...... more
Tracked from ミカエル晴雨堂の晴耕雨読.. at 2009-05-01 13:01
タイトル : 気晴らしに観る時代劇 6 「黒いチューリップ」
「黒いチューリップ」-痛快フランス時代劇       晴雨堂スタンダード評価 ☆☆☆ 良   晴雨堂マニアック評価 ☆☆☆ 佳作   【寸評】若きアラン・ドロン氏が演じる黒装束の義賊「黒いチューリッ...... more
Commented by あや at 2006-09-12 22:11 x
トムさんこんにちわ。
このギョーム(本物)を演じているアラン・ドロンを見て、母が「アラン・ドロン様」と様付けで呼んでいる気持ちがなんとなく分かったような気がしました。
わたしも彼は古い時代の衣装がとても映える雰囲気の持ち主だと思います。
Commented by Tom5k at 2006-09-14 21:52
>あやさん、コメントどうもありがとう。
わたしも、アラン・ドロンのコスチュームプレイ(時代もの)を、もっともっと観たかったです。そういう意味で最も好きなのは『山猫』でしょうか。
この『黒いチューリップ』は、女性ファンがとても多いようですね。
では、また。
ところで、キーボードは、打てるようになりました?
Commented by あや at 2006-09-15 00:04 x
『山猫』ですね。次はそれを狙ってみようと思います。
(ご心配ありがとうございます。キーボードは打てるようになりました。一日五分くらいですけど。それ以上すると悪化するので。実は腱鞘炎なのです。たぶんあと二ヶ月くらい安静にしていたら治る予定なのですが)
Commented by Tom5k at 2006-09-16 00:41
>あやさん
今度は、是非とも『山猫』を狙ってみてください。ご感想を楽しみにしてます。
ゆっくり安静にして腱鞘炎を直されたら、ブログで取り上げてください。
では、お大事に。
Commented by オカピー at 2007-04-23 03:37 x
最近なかなかお邪魔できずにすみません。
今ピークで、へーへー言っております。

私の読書の幅も益々広がって文学では物足りず、思想・哲学も守備範囲にしようかと思っております。「社会契約論」も読んでみたいですねえ。昔の記憶を辿ると、「民約論」とも言いましたね。ルソーは興味深い著書が多いですよね。「エミール」「告白録」「新エロイーズ」など。

それはさておき、ドロンの二役が最高でした。結局はドロンのために作られた作品ということに尽きますよね。
この時代の彼で、ルパン・シリーズの傑作「カリオストロ伯爵夫人」をクリスチャン・ジャックで作ったら永久保存版になっただろうなあ。さあ伯爵夫人は誰にさせましょうか? 稀代の悪女です。同時代の女優なら、ジャンヌ・モロー? 80年代に入って貫禄の出てきたカトリーヌ・ドヌーヴでも良いかなあ。
済みません。妄想の世界に入ってしまいました。
Commented by Tom5k at 2007-04-23 21:01
>オカピーさん、いらっしゃいませっ!
おおっ!ジャン・ジャック・ルソーを、ですかっ!日本人は、民主国家になった段階でここが不足しているがために、近代国家に成りきれていないのだと思いますよ。多くの人が、江戸末期から明治初期にかけてルソーを読むべきだったはずです。わたしは今からでも遅くないと思いますよ。本当に素晴らしいですね。
『エミール』は、この八方ふさがりの時代に益々の必読書とも思います。日本の教育が、今行き詰まっているのも『エミール』を読まないからだっ!

すみません、取り乱してしまいました。
さて、>ドロンの二役、ふ~む。
いやまったく、絶品ですよ。彼の分裂人間はっ!
むしろ、分裂してないドロンなんて、クリープを入れないコーヒーのようなもんです(例えが少し古かったでしょうか?)。
Commented by Tom5k at 2007-04-23 21:12
>続き
クリスチャン・ジャックのドロン=ルパンは、以前、オカピーさんの企画で最も優れたルパン企画であると興奮させていただいた記憶がありますが、カリオストロ伯爵夫人ですか?
こっこれは、また興奮しそうだ!
>ジャンヌ・モロー、カトリーヌ・ドヌーヴ
おおっ魅惑のジョセフィーヌ!素晴らしいっ!
しかし、わたしからすると新しすぎます。あえてヌーヴェル・ヴァーグ以後の女優は無視しましょう。
クラシックの正統で考えればジーナ・ロロブリジダ、もしくはフランソワーズ・アルヌール、世代を考えなければ、マルチーヌ・キャロル、ヴィヴィアンヌ・ロマンスあたりかなあ。マリー・ベルでも素敵な伯爵夫人になりそうっ!
やばっ、美輪明宏が浮かんできちゃった。

ガニマール警部は難しいですよ。トランティニャンやギャバンだとルパンを撃ち殺してしまいそうだ(笑)。
では、また。
Commented by オカピー at 2007-04-24 02:19 x
おおっ、お付き合い戴き有難うございます。

>カリオストロ伯爵夫人
マルチーヌ・キャロルは私も考えましたが、やや色気過多? フランソワーズ・アルヌールは全盛期では若すぎる?
ロロブリジダは大変イメージに近いですが、惜しむらくはイタリア人。まあこの際譲っちまいますか(笑)。

美輪明宏・・・却下(当たり前)。「黒とかげ」ではないんですから(爆)。

>ガニマール警部
イメージとは違いますが、ドロンと縁のあるリノ・ヴァンチュラ。この人を考えたら他の人が全く思い浮かばなくなってしまった(笑)。ルイ・ジューヴェも刑事役の実績ありますが、老けすぎ?

幻想映画館・・・楽しいですね。クラリスや乳母も考えないと(笑)。
Commented by Tom5k at 2007-04-27 23:01
オカピーさん、ようやく仕事も一段落と思いきや、今までの数倍の量の業務に襲いかかられましたよ。愚痴ですが参りましたよ。
さて、幻想映画館ですが、考えて観ることが出来ないというのが、残念ですが、いろんな企画を立てられそうですね。考えついた監督や俳優の違った個性にも気付かされます。
用心棒さんが、G×G対決のシナリオを記事にしていましたが、あれも面白かったです。
こういう企画も、たまにはいいかもしれません。
ではでは。
Commented by ヘンリー at 2007-06-10 11:54 x
お久しぶりです。ヘンリーでございます。
「黒いチューリップ」の記事をアップしましたので、TBさせていただきます。私は正直言ってこの時代の古典にはどれほど明るくないんですよねえ(^^; そこらへんは理系人間の弱いところ…。
ではまた!
Commented by Tom5k at 2007-06-10 17:22
>ヘンリーさん、ご無沙汰しております。
TBありがとうございました。
さて、かの吉永小百合さんもこの作品をリアル・タイムでご覧になられたそうです。お好きな映画だったようですよ。
残念なことに評論家の南俊子さんは、ドロン・ワースト10に入れていましたが、基本的には女性にたいへん人気のある作品のようです。

ほう、ヘンリーさんは理系だったんですね。
わたしは、むかしからフランス史が好きで、渡辺一夫氏のユマニズム論など、若い頃夢中になって読んだ記憶がございます。
そういえば、フランス国民も新大統領にはサルコジ氏を選び、フランス・EUの今後はどんな国・共同体を目指すことになるのでしょうね。ちなみにドロンはサルコジ氏を支持していたようですよ。
では、また。
Commented by カツミアオイ at 2007-08-23 02:53 x
 こんにちは、TBありがとうございました。

 フランス革命は、今のフランスの基礎になっている部分も大きいですが、あまりにエネルギーが大きすぎたためかその後の恐怖政治が、現代まで続く様々な国の恐怖体制のお手本になってしまったという腑の部分も含んでいるところもすごく興味を持っています。
 私も理系の人間ですが、集団心理学的に見ても、この辺りの時代は面白いですね。
Commented by Tom5k at 2007-08-25 23:00
>カツミアオイさん
はじめまして、TB・コメントありがとうございます。
>今のフランスの基礎・・・
フランス人からすると、人類の基礎と考えている人たちも多いようですね。どうせ誇りをもつなら、そこまで徹底したプライドを持ちたいものです。
>現代まで続く様々な国の恐怖体制
面白いことにこのジャコバン支配のときに民主体制の基礎が創られているようで、民主主義も一時期の独裁によることで浸透したこともあったようです。
革命の反動としての独裁、変動の時期は振り子のように左右両極端に揺らいでいたのでしょうね。
また、お越し下さい。
名前
URL
削除用パスワード