『パリは燃えているか』①~侵されない理由~

 再版未定となっていた『パリは燃えているか?上・下』(ドミニク・ラピエール 、ラリー・コリンズ著、早川書店刊行)が3月に単行本で復刊されました。

パリは燃えているか?(上)
ラリー・コリンズ&ドミニク・ラピエール著 志摩隆 / 早川書房





パリは燃えているか?(下)
ラリー・コリンズ&ドミニク・ラピエール著 志摩隆 / 早川書房





 戦後60年後の現在のパリは毅然と誇らしげに町並みを現存しています。
 ルーブル美術館はじめ、各大規模美術館の数々、点在するローマ時代の遺跡群、カルチエ・ラタン、サン・ジェルマン・デ・プレなどの文教地域、パリ万国博覧会の開催時のモニュメントとして建造されたエッフェル塔、フランス革命時にマリーアントワネット、ルイ16世から始まり、ダントンやロベスピエールなどの革命家でさえもギロチンの露と消えてしまったコンコルド広場、ジャンヌ・ダルクの名誉回復審判やヴィクトル・ユーゴーの小説の舞台となったノートルダム寺院、ナポレオンのアウステルリッツの戦勝記念として発案された凱旋門、そして、革命市民の名が今でも刻まれているバスチーユ広場.....等々。

 戦時下においてさえ、破壊されなかったこれらのパリ文化遺産の数々。

 映画『パリは燃えているか』は歴史を再現したノンフィクションです。「Dデー」、連合軍のノルマンディー上陸作戦の決行、そして上陸成功。あせるヒトラーはパリ占拠の責任者にコルティッツ長官を任命してパリ焦土作戦を命じました。
 一方、抵抗組織レジスタンス内部では、共和主義者のドゴール派の幕僚アラン・ドロン演じるデルマスと自由フランス軍の共産主義組織のロル大佐との対立に代表される矛盾を抱えていました。しかし、議決の結果では、敵はただひとつナチスドイツであるとの結論を生み出し、ついに統一人民戦線レジスタンスの武装蜂起が決定されたのです。ドイツ軍のパリ鎮圧目的の攻撃とパリ市民の解放への闘いが始まり、おのおのパリ市民は武器を手に立ち上がり市の要所を奪還していきました。

 パリ占領軍の長官コルティッツのジレンマは作品でもよく描かれており、勝利を確信し、決してナチスに屈服しないレジスタンスの誇りや自信との対比もリアルに表現されています。絶対であるヒトラー総統の命令であるパリ壊滅を戸惑うコルティッツ。

 それにしても、当時、戦況が不利になってきていたナチスドイツとはいえ、まだ相当の軍勢を維持しており、最も有能で優れた軍人であるコルティッツが任務していたパリにおいて、破壊を免れて解放されていったパリの様子は、単に歴史上の事実のみならず人類史の遺産として認知されるべきことであるとわたしは思うのです。

 戦後60年経った今、ひとつだけはっきりといえることは、パリ市民のレジスタンス運動が本物であり、パリの各文化遺産が本物であったこと、ナチスドイツ、およびヒトラーは偽物であったということです。偽物が本物に勝利することなど決して不可能なことなのです。
 本物の市民運動や文化遺産が、いかなる力によっても破壊することが出来ないということが証明された最も典型的なケースとして、このパリ解放の物語の真実があるのは、人類史の誇りとして銘記すべき出来事なのだとわたしには思われるのです。
[PR]

by Tom5k | 2005-04-07 20:39 | パリは燃えているか(2)