『アラン・ドロンについて』①~アラン・ドロン作品での好きな監督ベスト19~

○ ルネ・クレマン
  (1959年)『太陽がいっぱい』
  (1960年)『生きる歓び』
  (1963年)『危険がいっぱい』
  (1965年)『パリは燃えているか』

○ ルキノ・ヴィスコンティ
  (1960年)『若者のすべて』
  (1962年)『山猫』

○ ミケランジェロ・アントニオーニ
  (1961年)『太陽はひとりぼっち』

○ ジュリアン・デュヴィヴィエ
  (1962年)『フランス式十戒』
  (1967年)『悪魔のようなあなた』

○ クリスチャン・ジャック
  (1963年)『黒いチュ-リップ』

○ アラン・カヴァリエ
  (1964年)『さすらいの狼』

○ ラルフ・ネルソン
  (1965年)『泥棒を消せ』 

○ ロベール・アンリコ
  (1966年)『冒険者たち』

○ ルイ・マル
  (1967年)『世にも怪奇な物語(第2話 影を殺した男)』

○ ジャン・ピエール・メルヴィル
  (1967年)『サムライ』
  (1970年)『仁義』
  (1972年)『リスボン特急』

○ テレンス・ヤング
  (1971年)『レッド・サン』

○ ジョセフ・ロージー
  (1972年)『暗殺者のメロディ』
  (1976年)『パリの灯は遠く』

○ マイケル・ウィナー(ウォルター・ミリッシュ・プロダクション)
  (1973年)『スコルピオ』

○ エドゥアール・モリナロ
  (1976年)『プレステージ』

○ フォルカー・シュレンドルフ
  (1983年)『スワンの恋』

○ ベルトラン・ブリエ
  (1984年)『真夜中のミラージュ』

○ ジャン・リュック・ゴダール
  (1990年)『ヌーヴェルヴァーグ』

○ アニエス・ヴァルダ
  (1995年)『百一夜』

○ パトリス・ルコント
  (1998年)『ハーフ・ア・チャンス』

※ そのときによって変わります
[PR]

by Tom5k | 2005-02-25 22:36 | アラン・ドロンについて(12)