人気ブログランキング |

『仁義』①~孤独の美学~

 1917年パリに生まれのジャン・ピエール・メルヴィル監督は、第二次世界大戦中、フランス軍に従軍後、1946年に独立プロダクションを立ち上げ、自主制作映画を創り始めました。
 ジャン・ピエール・メルヴィル監督は、やはりアラン・ドロンを撮り続けた名匠たち、ルネ・クレマン監督やルキノ・ヴィスコンティ監督と同様に大戦中はレジスタンスの一員でした。彼らの作品とはまた異なる意味で、創作された作品群の各テーマにそのことが色濃く出ています。

 1947年のデビュー作『海の沈黙』もドイツ占領下のフランス郡部を舞台にしたレジスタンス作品です。この作品が、既成のスター俳優を使わずに低予算で製作され、オール・ロケーションで撮影されたことから、彼は「ヌーヴェル・ヴァーグ」の先駆者とも呼ばれています。ジャン・リュック・ゴダール監督らの「ヌーヴェル・ヴァーグ」カイエ派に敬愛され、彼の『勝手にしやがれ』(1960年)にも特別出演しています。

 後年、ジャン・ポール・ベルモンド主演の『いぬ』(1963年)、リノ・ヴァンチュラ、ポール・ムーリス、ミシェル・コンスタンタン出演の『ギャング』(1964年)などで、彼自身の経験によるレジスタンスの精神で「フレンチ・フィルム・ノワール」を描くようになっていきました。

いぬ [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル



ギャング [VHS]

東映



 その後、アラン・ドロンという好逸材に恵まれ、日本の武士道などの東洋思想のテーマで彼を主演にした『サムライ』(1967年)を制作し、「フレンチ・フィルム・ノワール」を独自の美学で更に純化させていきました。
 そういった経緯を経て、豪華なオールスター・キャスティングを特徴とした後期の代表作品である『仁義』が生み出されたのです。

【出演者の各代表作品】
※ジャン・マリア・ヴォロンテ
死刑台のメロディ
/ エスピーオー





群盗荒野を裂く〈インターナショナル版〉
/ エスピーオー





東風
/ コロムビアミュージックエンタテインメント





※ブールヴィル
大頭脳
/ ビクターエンタテインメント/CIC・ビクタービデオ





怪傑キャピタン(トールケース)
/ アイ・ヴィー・シー






※フランソワ・ペリエ
居酒屋
/ アイ・ヴィー・シー





右側に気をつけろ〈期間限定〉
/ ハピネット・ピクチャーズ





オルフェの遺言
/ ビデオメーカー






※イブ・モンタン
枯葉 ~夜の門~
/ アイ・ヴィー・シー





恐怖の報酬
/ ハピネット・ピクチャーズ





>菊村
「映画の中に「人生の中で一番重要だと思うのは愛と友情と裏切りだ」という言葉が出てきますよね。(略-)」
(-略-)
>白井
「ドロンが一人でクラブの隅の席に座っていると、たばこ売りのバニー・ガールが来て、手に持っていた赤いバラを、ちょっとキャメラの方を見て考えてから彼にやる場面がある。(略-)」
>河原畑
「一説によると、あのバニー・ガールは、ひそかに店の主人フランソワ・ペリエの命を受けていて、裏切りのシンボルである赤いバラをアラン・ドロンに渡して、意のあるところを知らせようとした、という説もある。(笑)」
>品田
「(-略)そういう読み方をしていくと、ジャン・マリア・ボロンテがアジトのアパートでアラン・ドロンを送り出してから、ハッと裏切りに気づくシーンでも、彼は赤いバラを手に持っている」
(注~わたしは、すでにコレーを送り出す前に、ボージェルはそれに気づいていたと思っています。)
(-略-)
>池波
「(-略)ギャング映画、犯罪映画というのは、スキ無くつくろうと思うと、一番むずかしいと思う。ジャン・ピエール・メルビルみたいな、こういう不思議な監督がいるあたりが、映画というものの面白いところですよ。」
【キネマ旬報1970年12月下旬号 特別ディスカッション「「仁義」とジャン・ピエール・メルビル監督とその映像の精神主義」池波正太郎(作家)、菊村到(作家)、品田雄吉(評論家)、河原畑寧(読売新聞文化部)、白井佳夫(キネマ旬報誌編集長)より抜粋。】

 作品のテーマは、警視総監が常に言葉にする「人間は常に悪に染まっていく。すべての人間は罪を犯している。」に集約されています。

 マッティ警視を演じるブールヴィルが、素晴らしいキャラクターを創り上げています。マッティ警視の生活は、一人暮らしのアパルトマンで一緒に住んでいるのは飼っている何匹かの猫だけという非常に淋しいものです。彼は、自らが孤独であることを知っているがために、多くの犯罪者たちに対して、心底からの憎悪を持つことができない善良で優しい警察官であるように感じることができます。

 もしかしたら、ジャン・マリア・ヴォロンテ演じる犯人ボージェルの脱獄に対してでさえ、心のどこかで彼の心意気や生き方に対する賞賛や敬愛の気持ちを持っていたのではないかとまで考えてしまいます。
 いくら賢い犯人が相手とはいえ、大ベテランの警察官が護送中の犯人に逃亡されてしまうことなど考えにくいことです。そして、その後の監査局長である警視総監とのやりとりからも、彼がボージェル逮捕に対して、非常に消極的であるような印象を受けます。
 これらのことから、彼が警察官としては失格であっても、人間的で安心感のある人柄であることを察することができます。

>警視総監
「マッティ君、有罪と思われる容疑者はどういう行動を取るか、君は予知していなかったのかね?」
>マッティ警視
「反論して恐縮ですが、私の手を経由する容疑者は、私は無罪の可能性のある者として扱っております。」
>警視総監
「無罪など存在せん。人間はすべて有罪なのだ。この世に生まれたときは、なるほど罪はあるまい。だが、いつまでもそのままではおらんからね!」
(-略-)
>マッティ警視
「警官でもですか?」
>警視総監
「あらゆる人間と言っただろう。マッティ君。」

 マッティ警視は警視総監(監査局長)を心の底では侮蔑しながらも、彼の人間観に不思議な説得力を感じてしまいます。そして、お抱えの情報屋の
「ボージェルはクロなのか?」
という問いに
「そうだ。」
と答えてしまうのです。このときのマッティ警視の表情には、彼のやりきれない心情が現れてしまっています。

 このような割り切れない感情を持ちながらも、警視総監(監査局長)や情報屋とのやり取りから、彼は次第にボージェルの捜査に本気で乗り出していくようになってしまいます。そして、ボージェルの古い仲間、フランソワ・ペリエ演ずるサンティに、仲間を売らせるように仕組んでいくのです。

 ボージェルとサンティのもう一人の古い仲間であるイブ・モンタン演じるジャンセンは、悪に染まって堕落してしまった元警察官です。
「彼は今監査局長だ。警官を監視する立場だ。」
とジャンセンは鍵穴を射撃した技術を警官時代の元上司に教えて貰った経験をアラン・ドロン演じるコレイに語ります。驚くことに、それはマッティ警視の尻を叩いていた警視総監だったのです。

 監査局長である警視総監はマッティ警視に対してまで
「コルシカ人の名だが風貌が違う。」
と言って、彼の身上調書を確認するほど、人に対して常に猜疑の目を向ける性格ですが、もしかしたら、このような彼の生き方も、元部下のジャンセンの転落がトラウマとなっていたからなのかもしれません。

 そして、マッティ警視は、警視総監の言葉に強い説得力があることを次第に認めていかざるをえなくなります。サンティスに仲間を売らせるために、彼の息子をおとり逮捕で連行しただけなのに、彼は実際のマリファナの事件に関与していたのです。
 彼は、ひとりごちます。
「≪この世に生まれたときは、なるほど罪はあるまい。だが、いつまでもそのままではない≫ 畜生!」

 いよいよ、マッティ警視も、サンティの裏切りやコレイのむかしの相棒リコの密告から、ボージェルが宝石店の強盗一味であることを想定します。そして、自らが闇の宝石商に扮してコレイを欺き、一斉逮捕の準備をすすめていきます。
 しかし、ボージェルはサンティの裏切りに気づいており、コレイとマッティの密談の場所に乗り込みます。うむを言わせずコレイを逃がしたボージェルに対して、マッティは
「なぜ、おれが誰だか言ってやらなかった。」
と問いただします。
「言えば、お前を殺しにいって捕まってしまう。あいつを逃がすことが仁義だ。」

 すでにマッティが警察官だと気づきながらも、それをコレイに伝えなかったボージェルは、仲間に対する仁義を果たしていたのです。

 彼はジャンセンが死ぬときに残した
「サツはいつもマヌケだな。」
という警察官に対する痛烈な侮蔑の言葉からも、何故、彼が警察を辞めて転落していったのかを察してしまったのでしょう。

 サンティに仲間を売らせ、ボージェルとコレイの友情を知り、むかしの同僚ジャンセンを撃ち、彼に警官が侮蔑されるべき存在であることを思い知らされたマッティ警視。

 「人間は、すべて有罪だ。マッティ君。すべて・・・。」

 警視総監が最後まで言い続けたその言葉も、彼には何の慰めにもならず、何の説得力も持たない空虚なものになっていました。マッティ警視はあらためて自分の孤独を思い知らされるのです。
 それは、本当に大切な友情というものを確信しながらも、すべてを破滅させてしまう警察官の宿命に、自己の良心が敗北せざるを得なかったために生まれた「孤独の美学」といえるものなのかもしれません。

by Tom5k | 2006-05-30 21:12 | 仁義(2) | Trackback(7) | Comments(11)

トラックバックURL : https://zidai.exblog.jp/tb/3536485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from プロフェッサー・オカピー.. at 2006-05-31 03:24
タイトル : 映画評「仁義」
☆☆☆(6点/10点満点中) 1970年フランス映画 監督ジャン=ピエール・メルヴィル ネタバレあり... more
Tracked from 徳丸式映画放談 at 2006-05-31 23:37
タイトル : 仁義
ハイ、またもやアランくん登場ですよー。しょっぱなからイキナリ“運命”に関する釈迦の言葉なんぞが出てきて面食らいますが、アレこの展開、なんだかどっかで観たような…。あ、『サムライ』だ(笑)。そういや監督同じ人だね。んもう、今度は一体どんな手を使って徳丸を楽..... more
Tracked from Una Noche Pe.. at 2006-06-17 19:21
タイトル : 仁義 / Le Cercle Rouge ('70 フラ..
監督 : ジャン・ピエール・メルヴィル 出演 : アラン・ドロン (コレイ)、 ジャン・マリア・ヴォロンテ (ヴォージェル@逃亡犯)、      イヴ・モンタン (ジャンセン@元刑事)、 アンドレ・ブールビル (マッティ警視)、      フランソワ・ペリエ (サンティ@マフィア、クラブ経営) 「人はそれと知らずに、赤い輪 (Le Cercle Rouge) の中で必ずめぐりあう。」 運命に引き寄せられる男たちの物語。友情と裏切りが交錯するフィルム・ノワール。  美しいブルートー...... more
Tracked from Astay☆Astay☆.. at 2006-08-17 13:37
タイトル : 『仁義』(1970年・仏)
   [[attached(1)]] === 仁義 LE CERCLE ROUGE/THE RED CIRCLE === 【出演】Alain Delon, Yves Montand,Gian Maria Volont, Francois Perier,Bourvil 【監督・脚本】Jean-Pierre Melville 【役名】Corey マルセイユとパリを結ぶ夜行列車 刑事マッティ(ブールヴィル)に護送される途中のヴォーゲル(G・M・ボロンテ)が 突っ走る列車から...... more
Tracked from Astay☆Astay☆.. at 2006-08-17 13:38
タイトル : TV出演映像 ドロン&メルヴィル監督
===== 『仁義』掘り下げ記事 =====     [[attached(1)]] {{{ina RECHRCHERサイト}}}で『仁義』完成直後にTV出演した アラン・ドロンとジャン・ピエール・メルヴィル監督の映像が紹介されています ↓こちらになります http://www.ina.fr/archivespourtous/index.php?vue=notice&from=personnalites&code=C0601136698&num_notice=1&total_not...... more
Tracked from ぶーすかヘッドルーム・ブ.. at 2006-09-09 08:17
タイトル : 「仁義」「おしゃれ泥棒」
●仁義 ★★★ 【NHKBS】メルヴィル監督。アラン・ドロン、ジャン・マリア・ボロンテ、イヴ・モンタン、フランソワ・ペリエ出演の3人の強盗犯と彼らに協力する盗品ブローカーの友情と裏切りを描いた渋いフィルム・ノワール。天才的な射撃の名手を演じたイヴ・モンタンがかっこいい!でも3時間近くもある長い映画。 ●おしゃれ泥棒 ★★★★ 【NHKBS】オードリー・ヘプバーン、ピーター・オトゥールのロマンチック・ラブコメディー。ジバンシーの衣装を着こなすオードリーがとても魅力的。 ※詳しい感想はそれぞれのリ...... more
Tracked from 知りたいのはソコやねん! at 2009-02-04 01:14
タイトル : 「仁義」・・逃れられぬ運命の輪
帰省で一番の楽しみは、なんと言っても出先見れなかった好きなDVDを観る事である ドロンの「サムライ」は別格として、今現在これから派遣の仕事がどうなるかわからぬ 不安定な状態で観るメルヴィルの暗黒映画(フィルム・ノワール)は、俺自身と極めて深くリンクするため 感慨も一塩である。 ドロン自身、メルヴィルとの仕事は印象深かったらしく、またそれはファンも同様である メルヴィルとの仕事で魅せる彼の目は、あまりにも印象的だ ゴルゴ13が「剃刀」のような目なら メルヴィルの時の眼は「銃口」である。 大...... more
Commented by オカピー at 2006-05-31 18:06 x
TBとコメント、有難うございました。
この作品に対する私の評価は、標準よりは上だけどそう絶賛するほどではない、という6点です。
確かに精緻に観ていくと登場人物の人間像など面白いですが、通俗的な犯罪映画として作られている部分が多いので、作風と内容のバランスが取れていない印象が出来てしまうのです。その点が「サムライ」とは大きく違いますね。
好きか嫌いか問われれば、「決して嫌いではない」という答えになるでしょう。彼の作風は孤高で孤独を湛えてしますから。
Commented by Tom5k at 2006-05-31 21:57
>オカピーさん
いつも、どうも
6点という客観的な評価、何故か爽快です。
わたしは、ドロンの大ファンですので、彼の作品に必要以上の良い評価をしてしまいます。
高校時代、『エアポート80』を観た後に「最高に面白かった。」などと吹聴して歩き、何人かの友人に過度の期待をさせて、それを観に行かせてしまったという経験を持っています。
彼らは、映画を観た後に「入場料返せ。」と怒っていました。
現在でも、その習慣は抜けていないのですが、オカピーさんの映画評は非常に理知的なので素直に受け止めることができます。
では、またそのうちに。
Commented by 徳丸虎龍 at 2006-05-31 23:34 x
こんばんは〜。TB&コメントありがとうございます。
今回の記事を拝見して、自分が映画を観る時に、いかに重箱のスミをつつきまくっているのかが今さらながらよくわかりました(笑)。
映画のラスト近くで、警視が脱走犯に「なぜ黙っていた」とか言うシーンがあるじゃないですか。あのシーンの字幕翻訳が少々乱暴で(笑)、その返事が「仁義だ」の一言で終わってたんですよね確か(とあるアランくんのファンサイトでも、あのシーンの台詞の解釈について、いろんなご意見が出てました)。その件も含めて、徳丸がちいとも理解できてなかった登場人物たちの考えや心情が、トムさんのわかりやすい解説のおかげでなんとなく理解できた気がします(とか言いつつ、もはやストーリーとかはうろ覚えなんですが…)。
…ところで、今回の映画とはまっったく関係ない話で恐縮なんですが、『世にも怪奇な物語』でアランくん、目の下に傷がありますよね。あれって撮影中に切っちゃったんでしょうかね?
確か他の映画でも傷があるんですよ。『悪魔のようなあなた』だったかなぁ…。『サムライ』の時にもあったような気がするし…。トムさんならご存じかなーと思ったもので…。
Commented by Tom5k at 2006-06-01 01:33
>徳丸さん、どうもです。
各セリフは、「キネマ旬報1970年12月下旬号、『仁義』シナリオ(三木宮彦氏の採録)」を参考にしております。メルヴィル監督の脚本は、基本的にセリフが少ないので考えちゃいますよね。

>『世にも怪奇な物語』でアランくん、目の下に傷
ですが
入隊後の右頬のキズですよね。わたくし、あまり気にしておらず、その前の医学生の時代のシーンにはないので、クライマックスのウィルソン殺害場面の迫力を出すためのメイクか、編集上キズがつく場面をカットしたか、のどちらかだと思います。
『サムライ』では、目の下に隈のようなメイクをしていたようですが、あれは多分、殺し屋の役作りでしょう。
『悪魔のようなあなた』は、わたしも記憶がありませんです。
何かはっきりとお答えできずに、すみません。
Commented by 徳丸虎龍 at 2006-06-01 20:49 x
さっそくのお返事、ありがとうございます!いろいろとお聞きしてしまってスミマセン。あの傷がどーにも気になってたもんで。。。確かに傷の出現が唐突だし、メイクなのかもしれませんね。

しかし…。『仁義』で見せたあのヒゲが、“ハードボイルド的役作り”のためだったとは…。どこまでも徳丸を楽しませてくれますなぁ、アランくんってば(笑)。
Commented by HOGHUG at 2006-06-11 00:17 x
コメント有り難う御座います。こちらでは初めましてですね。
これからも宜しくお願い致します。

長くなりますから簡単に書きますけど、台詞の少なさの中にある、
行動による文学的なアプローチが僕はメルヴィル作品では好きです。

ハードボイルドっていうよりも、意識を肉体の包み隠して、たまに出る
表情と行動から、足りなかった台詞の補完される部分が堪りません。

なんていうか体も心も老いて行くんですけど、そこに巣食う精神が
老いを超越して、ただ只管に最期まで走らせようとする内的な躍動に
興奮したりするんですよね・・・彼の映画を観てる時は同じ男で良かったです。

それからフランス映画好きとして貴Blogをアンテナに加えさせて
頂きました。僕のは別に加えて下さらなくても構いませんから。

ではではこれからも宜しくお願い致します。
Commented by Tom5k at 2006-06-11 00:46
>HOGHUGさん、いらっしゃいませ。
本当にメルヴィル監督の出演者の表情はほとんど無表情なのに、どうして、こんなに感情がつたわってくるんでしょうか?無意識に感情移入している自分に気づきます。
また、HOGHUGさんの銃器ネタを楽しみにしています。アラン・ドロン作品のピストルで質問に行くかもしれません。よろしくお願いします。
Commented by bigflag at 2006-06-17 19:32
コメントどうもです。
実はどんな映画だったのか、うろ覚えなんですがw、詳細な解説を見ているうちに思い出すことができました。この監督の映画は、男の美学と孤独に行き着くようですねー

こちらもリンク貼らせて頂きました。映画の更新は時々なので、時々起こし下さいw。今はサッカーしか見てません。
Commented by Tom5k at 2006-06-18 13:21
わざわざTB・コメントすみません。映画以外でもちょくちょく拝見させていただいていました。
今日はクロアチア戦ですね。ともにオーストラリア戦、ブラジル戦の敗者ということで勝点3が必要ですが、中村が本調子でないことが心配です。わたしは、初戦不発だった高原に期待したいのですが・・・。
Commented by Astay at 2006-08-17 13:55 x
『仁義』もBSで放送でしたね、う~ん、《男の映画》です
私の考える "アラン・ドロン女は要らない3部作"のTOPです
あと2つは『ル・ジタン』と『サムライ』

トムさんの『仁義』についての切り口も素晴らしいですね
ビールヴィルさん演じるマッテイ警部の心情をこんなに細かく分析なさって
確かに仰るとおりかと思います

もう、何回も観ているのですが
一番好きなシーンは 車のトランクに隠れていたJ・M・ヴォロンテに「出てきてもいいぞ」って言って、一緒に煙草を吸う場面です
えらく泥んこのとこでしたよね・・・靴もズボンの裾も汚れたことと思います

これも私のつたない文章で何とか書いておりましたのでTBさせていただきます
2つ目のはチェイサーさんに助けていただいてます(お恥かしいです)
Commented by Tom5k at 2006-08-18 21:50
>Astayさん
コメント・TBありがとう。
ブールヴィルのマッテイ警視ばかりに目がいってしまい、肝心のドロンがおざなりになってしまいました。メルヴィル監督が、次作『リスボン特急』でドロン演ずる刑事に焦点を当てていたことと関係があるのかなと思い、こだわってしまったのです。

車のトランクの場面は、ジョン・ヒューストン監督のボギー&バコール主演の『潜行者』の影響を受けているような気がします。
男性の友情を描いたクールで美しい場面だったと思います。
名前
URL
削除用パスワード