『ハーフ・ア・チャンス』~娘の父親として ジャン・ポールとともに③-②~

【<『ハーフ・ア・チャンス』~娘の父親として ジャン・ポールとともに③-①~>から続く】

 さて、次に、『ボルサリーノ』以後、『ハーフ・ア・チャンス』までのアランとジャン・ポールの作品を少し振り返ってみましょう。

 まず、ジャン・ポールですが、『ジャン・ポール・ベルモンドの恐怖に襲われた街』(1975年)などのノースタントの「アクション映画」は、初期の『リオの男』(1963年)以来、一貫していました。そして、『ベルモンドの怪盗二十面相』(1975年)などの「アクション・コメディ」や『ラ・スクムーン』(1972年)、『パリ警視J』(1983年)などの「フレンチ・フィルム・ノワール」作品において、その本領を発揮して人気を博していったことは今更、コメントなど必要ないかもしれません。

リオの男 [DVD]

ジャン=ポール・ベルモンド,フランソワーズ・ドルレアック,ジャン・セルヴェ,シモーヌ・ルナン,アドルフォ・チェリ/ポニーキャニオン

undefined


ラ・スクムーン 【ベスト・ライブラリー 1500円:隠れた名作特集】 [DVD]

ジャン=ポール・ベルモンド,クラウディア・カルディナーレ,ミシェル・コンスタンタン/ジェネオン・ユニバーサル

undefined


パリ警視J [DVD]

ジャン=ポール・ベルモンド,ヘンリー・シルバ,カルロス・ソット・マヨール,チェッキー・カリヨ/東北新社

undefined


 また、『薔薇のスタビスキー』で、往年の「ヌーヴェル・ヴァーグ」左岸派の映画作家のアラン・レネと組むなど、彼の原点に立ち返った代表作も生み出しています。

薔薇のスタビスキー HDマスターDVD

ジャン=ポール・ベルモンド、シャルル・ボワイエ、アニー・デュプレー、フランソワ・ペリエ、ミシェル・ロンズデール、クロード・リッシュ、ロベルト・ビサッコ、ジジ・バーリスタ、ジェラール・ドパルデュー、ジャック・スピエセル/IVC,Ltd.(VC)(D)

undefined


 このように様々な作風の作品で器用に、そして自然に演じることを得意としていた彼でも『Joywuses Paques(ソフィー・マルソー/恋にくちづけ)』(1984年)でのソフィー・マルソーとのロマンスは、不自然極まりない設定だったと私は感じました。はっきり言って実にみっともない中年オヤジの恋愛だったと思います。

ソフィーマルソー 恋にくちづけ [DVD]

ソフィー・マルソー,ジャン=ポール・ベルモンド,マリー・ラフォレ,ロジー・ヴァルト,パトリック・ロッカ/ポニーキャニオン

undefined


 一方、アランは、「フレンチ・フィルム・ノワール」作品において、早くから実に多くの作品で「父性」をテーマとして追求していきます。なお、ほとんどの作品で、彼の寵愛を受ける対象は娘ではなく息子でした。『ビッグ・ガン』(1973年)、『ル・ジタン』(1975年)、『ブーメランのように』(1976年)、そして、「フレンチ・フィルム・ノワール」作品ではありませんが、『アラン・ドロンのゾロ』(1974年)、『Le passage』(1986年)・・・。

 息子は、父親にとって同志であり、後継者であり、何より自分の分身です。息子の悩みや苦しみなど手に取るようにわかります。初めて息子の机の引き出しから見つけたエッチ本やPCの履歴に残されたエッチ動画を母親が理解することは恐らく不可能でしょう。そこには嫌悪と不安しか発生しません。しかし、父親には同性であるが故の何とも言えない仲間意識がこの時期に芽生えるものなのです。

 恋に破れてしょげ返っている我が息子の情けない涙を理解することもたやすいことでしょう。父親としての息子への真の役割は、この段階で発生します。

 あくまで私見ですが、父親の存在など、息子にとって、初めてオナニーを覚える年齢からで十分だと考えています。男の子は、それまで母子家庭であっても全く問題無く育つのです。少し淋しい考え方ですし極論ではありますが、誤解を恐れずはっきり申し上げれば、小学校の運動会や学芸会などは父親の出番ではないと、私は思っています。
 また、サラリーマンとして単身赴任の辞令を断る時期は、息子が幼い時期ではありません。父親としての単身赴任への拒否や解消は息子の思春期以降なのです。この時期から父親と息子は最も自然な素晴らしい関係を構築していくことが可能になるからです。

 しかしながら、男親にとっての娘の存在、これは息子との関係とは全く異なります。最も難しく、最もデリケートで、そして最も男の人生で歓びと心配に溢れてくるせつなくて、美しいものであると私は思っています。

 娘への愛情は、息子に対する父性の感情とは根本的に異なる精神環境になります。
 残念なことに、ある時期以降、娘が父親を侮蔑し嫌悪することは一般的です。息子とは全くの逆で・・・この時期が娘の思春期であること、そして、彼女たちの父親は例外無く、この地獄を経験します。

 娘に何を話しかけてもまともな返事をしてくれない家庭での極寒の身の置かれ方が訪れるのです。不潔なものを見るような怜悧な表情、その厳しい視線のなかで毎日を過ごすことになります。
 もちろん、入浴は娘の後でなければなりませんし、トイレで大をするときは娘がいないときを見計らわなくてはなりません。風呂上りに下着姿で居間をうろうろ歩くことは論外ですし、おならやゲップは言うまでもないでしょう。挙句の果てに洗濯については、

「お母さん、お父さんの洗濯物と一緒に私のを洗わないでよ」

 これらは99.9%以上の「娘の父親」として経験する重い苦悩ばかりの時期なのです。


 さて、映画の話題に戻りましょう。
 アラン・ドロンは、ある時期から共演者として非常に違和感を伴う女優を選ぶことが多くなったように感じています。
 それは、『友よ静かに死ね』(1977年)のニコール・カルファンあたりからでしょうか?ジャン・ポールの『Joywuses Paques』のソフィー・マルソーに負けず劣らず、実に不自然な相手のように私には見えてしまうのです(賛否両論があるとは思いますが・・・)。
 『Le choc』(1982年)のカトリーヌ・ドヌーブか、せめて『Notre histoire』(1984年)のナタリー・バイあたりでやめときゃいいのに・・・
 『Le toubib』(1979年)のヴェロニク・ジャノット、『危険なささやき』(1981年)や『Le battant』(1983年)のアンヌ・パリロー、『Parole de flic』(1985年)のフィオナ・ゲラン・・・。

 これらの作品でのジャン・ポールとアランは、「父親」のくせに「男」なのです。私には世の母親やその娘達の声が聞こえてくるようにまで思います。

「まあ、ほんとに、いやらしいわね。」

 これらのジャン・ポールやアランの作品でのロマンスは、思春期の娘にとって最も嫌悪する若い女性へのオスとしての性欲が垣間見えてしまう典型的な、そして最もみっともない父親のラブ・ストーリーだったと言えましょう。
 このような場合、日本では思春期を迎えたほとんどの女の子が、顔をしかめてこう言うでしょう。

「うわあ、お父さん、キモ~い。」

 本当に情けない話です。

 でも、さすが、賢明なジャン・ポールとアランです。そうこうしているうちに、彼らは少しずつ気づいていきます。

 まず、ジャン・ポールは、『ライオンと呼ばれた男』(1988年)で父性に目覚めるきっかけをつかんだように思うのですが、ここでもまだ、家族、特に娘からこれほど愛されているにも関わらず、そして、彼もまた家族を心底愛しているのですが、男のロマンを優先してしまい、残念なことにその距離感を縮めることができないままだったのでした。
 その後、『レ・ミゼラブル~輝く光の中で~』(1995年)の出演において、ようやく彼は娘との距離感をつかむことができたように思います。ヴィクトル・ユーゴー原作のあの有名な主人公ジャン・バルジャンからの孤児コゼット(=サロメ・ジマン)への深い愛情は言わずもがなでしょう。
 この2作品は最も女性にデリケートなクロード・ルルーシュ監督が演出した作品ですから、このあたりでジャン・ポールが娘への父性に目覚めていったことは間違いないでしょう。

Itinéraire D'un Enfant Gâté / ライオンと呼ばれた男 [ PAL, Reg.2 Import ] [DVD]

Jean-Paul Belmondo,Richard Anconina/null

undefined



 次に、アランですが、1990年、彼にはオランダ人モデル、ロザリー・ファン・ブレーメンとの間にアヌーシュカという最愛の娘が誕生します。ただでさえ、子煩悩な彼はこの娘の誕生に狂喜乱舞したことと思います。その影響が大きかったのでしょう。その2年後に製作した『カサノバ最後の恋』(1992年)では、過去の自分とロミーとの初恋の現実に向き合い、新たな女性観を持つことに到達することができたように思います。
 なにぶん、アランの場合は、ジャン・ポールと異なって、かなり好戦的で屈折したプロセスを経ているとは思いますけれど・・・。

 いずれにしても、彼らはこれらの作品で自己の女性観を締めくくり「娘の父親」としての「父性の歓びを得る権利」を獲得し得る土台を築けたのではなかろうかと私は考えているところなのです。

 そして、ようやく『ハーフ・ア・チャンス』で、彼らが巡り会ったものの中に、従来から演じてきたギャングスターや殺し屋、強盗、刑事などが主役である「フレンチ・フィルム・ノワール」作品とは大きく異なるテーマがあったのです。それは<男の人生にとって女性とは如何なる存在なのか?>という本質的な問いかけでした。いよいよ彼らの気づきが、この作品によって大きく開花することになります。

 その「女性」なるもの。

 そう、それが「娘」という最も崇高な存在でした。
 その素晴らしい女性である「娘」に受け入れてもらえる父親としての在り方、その歓び。これは本当に何物にも代えがたい男としての人生最大の至福のときだったでしょう。
 「娘」という存在を機軸にして父性に目覚めた男として・・・その最大の歓びを感受できた結果が、『ボルサリーノ』以来、28年ぶりに『ハーフ・ア・チャンス』でのジャン・ポールとアランの共通の成果だったのはないでしょうか?彼らはヴァネッサ・パラディという素晴らしい逸材を娘役に迎え、彼女との父娘関係のファクターを通して新たな友情を発見することができたのだと思います。

 二人の父親は、最愛の娘を命がけで守り、彼女が自信を持って生きていけるように一見不可能なことにも果敢に挑戦していきます。どんな危険に直面しても彼女のために勇敢に闘い、彼女にとって温かく落ち着いた存在でありたいと必死に努力します。
 一方で、いつも、彼女が一番好きなものを理解しようとし、その目線に立って一緒に楽しみ、どんな大事な仕事よりもそれらを優先します。いつも彼女に真剣に接し、母娘・妻とは異なる新たな=父娘=の世界を創ることを至福の歓びとするのです。

 娘のバネッサの満足そうな様子、父親であるジャン・ポールとアランの戸惑いながらも幸福そうな表情・・・。
 観ている観客も心が締め付けられるような歓びを彼らとともに共有することになります。

 ですから、娘に恋人が出来たりすることは過去のどんな失恋よりもつらいことなのです。
 もし、彼女が他の男性を愛してしまったら・・・父親にとって娘の存在しない生活なんて全くの無意味となります。淋しくて、哀しくて、もう楽しいことなんて、この先に何にも無くなってしまうような気がしてしまいます。

 もしかしたら、アランは、この『ハーフ・ア・チャンス』の出演でそんなことに気づき、俳優業を引退する決意を固めたのかもしれません。きっと、映画なんかに出ているより、娘のアヌーシュカと少しでも一緒の時間を過ごしたいと考えたでしょう。
 彼にとっては、過去のロミーやナタリー、ミレーユ、ロザリーとの愛を失った経験より、アヌーシュカとのお別れの方が何倍もつらいことだと・・・そんな淋しく哀しい予感が訪れた、そんな結論から「俳優からの引退」に至ったように私には感じられるのでした。




[PR]

by Tom5k | 2017-12-31 03:42 | ハーフ・ア・チャンス