Profile

名 前・・・トム(Tom5k)
      「太陽がいっぱい」の主人公トム・リプリーから
      5は同居家族数、kは本名の頭文字

性 別・・・男

出身地・・・北海道

好きな
映 画・・・アラン・ドロン出演の映画作品

① 初めて見たアラン・ドロンの作品
   「世にも怪奇な物語(第2話 影を殺した男)」(TV放映)
   (小学校4年生のとき)

② 初めてアラン・ドロンを好きになった作品
   「冒険者たち」
   (小学校5年生のとき)

③ 初めて映画館で見たアラン・ドロンの作品
   「フリック・ストーリー」
   (小学校6年生のとき、父親と)

③ アラン・ドロンファン歴・・・約40年

「映画史」「映画理論」「映画批評」「映像テクニックの読解」「俳優の演技」「映画制作時の時代背景」「使用されているクラシック音楽」「映画の原作」などからの「アラン・ドロン出演(製作)の映画作品」の読解、そこから連想したクラシック映画作品などを話題にした内容で記事を更新しています。

特に「ヌーヴェル・ヴァーグ」「詩(心理)的レアリスム」「ネオ・リアリズモ」「フィルム・ノワール」などの映画体系と彼の作品との関連や、ルネ・クレマン、ルキノ・ヴィスコンティ、ミケランジェロ・アントニオーニ、ジュリアン・デュヴィヴィエ、クリスチャン=ジャック、ジョセフ・ロージー、ジャン=ピエール・メルヴィルやアラン・ドロンと対極の位置にあったジャン=リュック・ゴダール、アニエス・ヴァルダやルイ・マルが彼を使った作品を残していること、同様にジュルジュ・ドルリューの音楽を使ったことがあること、ラウール・クタールのカメラを撮影に使ったことがあること、人気全盛期以降に、フォルカー・シュレンドルフ、ベルトラン・ブリエなどの作品に彼が主演していること、彼と「ハリウッド映画」との関係、ラウール・レヴィを敬愛していたこと、彼の作品での著名な美術家、音楽家、共演者、作品の原作、脚本家など、スタッフ・キャストなどなど・・・に興味があります。


それほど、多くの本数の映画を観てはいませんが、映画をどのように観ると有意義であるのか、ブログ記事の更新時にはいつも意識しています。
最近は映画館に行くより、自宅でのDVD・ビデオ観賞ばかりで、アラン・ドロン出演作品から身近な生活に立ち返るようなコラム記事が多くなってきました。
[PR]

by Tom5k | 2005-02-25 22:35 | Profile