人気ブログランキング |

『冒険者たち』①~アラン・ドロン「フレンチ・フィルム・ノワール」への助走~

 1950年代にフランス映画界で最も活躍したジャック・ベッケル監督は、大監督ジャン・ルノワールと最も親交の厚い師弟関係にあった人です。彼はジャン・ルノワール監督から多くの影響を受け、「フレンチ・フィルム・ノワール」を『現金に手を出すな』や『穴』で完成させていった歴史的な映画監督です。
 その作風は「フレンチ・フィルム・ノワール」作品以外にも多岐にわたり、優れたものばかりだそうですが、最も有名なのは、ジャン・ギャバンを主演にした『現金に手を出すな』でしょう。わたしは、この作品が、それまで主流であった「詩(心理)的レアリスム」の中でも、特にアメリカのハワード・ホークスの影響を受けていた暗黒街を舞台にしたジュリアン・デュヴィヴィエ監督の『望郷』や、マルセル・カルネ監督が脱走兵の絶望的な恋愛を描いた『霧の波止場』などの系譜をクールな男の美学に昇華し、パリの夜を舞台にした典型的な「フィルム・ノワール」作品として貫徹させたものだと思っています。しかも、主演はジャン・ギャバンです。
Stockholm Concert 1966
Ella Fitzgerald Duke Ellington / Prestige/OJC





 そして、ディーク・エリントンを師事し、ジャズが大好きであったジャック・ベッケル監督は、「フレンチ・フィルム・ノワール」の主題を、パリの暗黒街を舞台に「グリスビーのブルース」というモダン・ジャズによって表現したのです。

 1957年、ルイ・マル監督の『死刑台のエレベーター』で使われたマイルス・デイヴィスのトランペットは、その後にシネジャズという体系を創り出しましたが、それより3年前の1954年、この「グリスビーのブルース」に影響を受けていたとはいえないでしょうか?
死刑台のエレベーター(完全版)
マイルス・デイビス ピエール・ミシェロ ルネ・ユルトルジュ バルネ・ウィラン ケニー・クラーク / ユニバーサルクラシック




 そして、『穴』ですが、これも徹底して無駄な装飾を省き、男性的で寡黙な行動美で貫かれています。
 後にアラン・ドロンと素晴らしい「フレンチ・フィルム・ノワール」作品を創り出していったジョゼ・ジョヴァンニ監督。彼は犯罪者であった経験を持っています。『穴』は彼がギャング時代、ラ・サンテ刑務所からの脱獄経験から著した同名小説の映画化です。
穴〈デジタルニューマスター版〉
/ ビデオメーカー





 主演は極刑を受けた5人の個性的な服役囚です。「神父」の渾名のヴォスラン、女好きなジョー、新顔のガスパール。

 そして、マニュとローランです。

 マニュとローランは、レティシアとコンゴで財宝を探すロマンチックな冒険の前に、こんな恐ろしい刑務所からの脱獄に挑戦していたのです。

 ジョゼ・ジョバンニは、この作品のシナリオを担当し、映画界でのキャリアが始っていきました。同様に『冒険者たち』の原作もシナリオも、彼が務めました。
 その後、『冒険者たち』のリメイク(後日譚)を『生き残った者の掟』として、自ら監督デビューを果たしたわけです。

 『生き残った者の掟』では、マニュもローランも仲間との絆の大きさを失った喪失感の方が手に入れた財宝よりもずっと大きく、ローランなどは所帯を持って身を固めてしまっています。
 マニュも心の隙間を埋める為に売春宿に通い、そこで一人の女に巡り会います。その女はわけあって、そこに囚われていますが、マニュはその女に惚れきってしまいます。そして、ふたりは愛し合い、そこから運命の逃避行。しかし、その女の隠されていた過去は償いきれない仲間への裏切りだったのです。
 裏切り者として「生き残った者の掟」は残酷で悲しく、やりきれないものが残りました。
生き残った者の掟
ジョゼ・ジョバンニ 岡村 孝一 / 早川書房





 ここでは『穴』でジョーを演じたミシェル・コンスタンタンがマニュを演じました。彼は本当にパリのヤクザのような風貌です。この『生き残った者の掟』では、ハードで自然な演技により、見事に男の世界、男の美学を創り出しました。

 非常に不思議なことなのですが、彼は主演、助演にかかわらず多くの暗黒映画に出演しており、彼の共演者たちもアラン・ドロンと組んだ多くの監督、俳優と一緒に仕事をしています。それにも関わらず、アラン・ドロンとだけは共演していないのです。このことは、以前から本当に不思議で仕方がありませんでした。
 監督でいえばロベール・アンリコ、ジャン・ピエール・メルビル、ジェゼ・ジョバンニ、テレンス・ヤング、ジョルジュ・ロートネル、ジャック・ドレー、アラン・カヴァリエ。 共演者ではジャン・ポール・ベルモンド、チャールズ・ブロンソン、リノ・ヴァンチュラ、ミレーユ・ダルクそしてジャン・ルイ・トライティニャンとまで共演しています。他にもクラウディア・カルディナーレ、ポール・ムーリス、ウルスラ・アンドレス、センタ・バーガー、ブールヴィル、ミシェル・ブーケ、ベルナール・フレッソン、クルト・ユルゲンス、アン・マーグレット、マルセル・ボズフィ等々
 ともにマニュを演じ、「フレンチ・フィルム・ノワール」の立役者であったふたりが共演した作品をわたしは是非とも観たかったのですが、本当に残念でなりません。

 いずれにしても、わたしは、アラン・ドロンが後にジャン・ギャバンの後継者の代表格として、多くの「フレンチ・フィルム・ノワール」の傑作で主演を務めていくことになった原点のひとつが、この『冒険者たち』で主演を務めた経験にあると思うのです。
 彼は『冒険者たち』の主演の一人として、この作品が創作されるまでの歴史を肌で感じ取ったこと、特に原作者であり、シナリオを担当していたジョゼ・ジョバンニとの接点が、その後の「フレンチ・フィルム・ノワール」に貢献した非常に大きな要因だったのではないかと思っています。re

by Tom5k | 2005-12-30 16:59 | 冒険者たち(3) | Trackback(8) | Comments(13)

トラックバックURL : https://zidai.exblog.jp/tb/2338526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 映画の果実 at 2006-01-10 17:38
タイトル : 冒険者たち(1967フランス)
生涯の中で、好きな映画ベスト10に入る作品。   自動車革命するようなエンジンの開発に情熱を傾ける男ローラン(リノ・ヴァンチュラ)。 その親友で、凱旋門をセスナ機で通り抜ける事を夢見、飛行に浪漫を燃やす男マヌー(アラン・ドロン)。 そして、ふとした事から... more
Tracked from プロフェッサー・オカピー.. at 2006-09-28 01:46
タイトル : 映画評「父よ」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2001年フランス映画 監督ジョゼ・ジョヴァンニ ネタバレあり... more
Tracked from 終日暖気 at 2007-03-27 00:24
タイトル : 冒険者たち
『LES AVENTURIERS』 1967年フランス とっても綺麗なJoanna Shimkus か、哀しい・・・ なんて儚いんでしょう。 清廉でセンシティブでほんとに綺麗な、つかの間の夢ですねえ・・ 先日から見ている、お仏蘭西映画:男2人と女1人作品のひとつですが・・ これ、初めて見たのは高校生の時で、そのときは感傷的すぎるように思えて照れちゃって、それほど好きという映画でもなかったのですけど・・。 今回あらためて見直...... more
Tracked from プロフェッサー・オカピー.. at 2007-07-31 02:22
タイトル : 映画評「冒険者たち」
☆☆☆☆☆(10点/10点満点中) 1967年フランス映画 監督ロベール・アンリコ ネタバレあり... more
Tracked from *モナミ* at 2008-08-21 08:32
タイトル : 『冒険者たち』 Les Aventuriers
曲芸飛行機乗りに、スピード狂のレーサー。 命をものともしない2人の男たちの前に現れた、1人の女。 この、男2人に美女1人という定番のモチーフ。 大抵この女は、自由気ままで2人の男たちを弄ぶタイプ。 それは、意識したものなのか、美女だけの特権なのかは、 美女でもなく、2人の男に取り合われたこともない私には、 分からないけれど(笑)。 この3人も例に漏れず、無邪気に過ごしているうちはよかったもの... more
Tracked from 寄り道カフェ at 2008-09-17 16:39
タイトル : 「穴」
LE TROU 1960年/フランス/124分 23日付けでジョゼ・ジョヴァンニ監督の「父よ」の感想をあげたら、やはりこの作品も観たくなり、マイシネマ・コーナーから、いそいそと取り出した。 ジョゼ・ジョヴァンニ原作・ジャック・ベッケル監督「穴(LE TROU)」 パリの14区にあるサンテ刑務所において、1947年に実際に起きた脱獄事件を描いた作品。そして、この脱獄事件の実行犯の一人が、小説家、脚本家であり監督としても活躍していたジョゼ・ジョヴァンニその人。彼は死刑の判決をうける...... more
Tracked from 寄り道カフェ at 2008-09-17 16:40
タイトル : 「父よ」
MON PERE IL MA SAUVE LA VIE MY FATHER SAVED MY LIFE 2001年/フランス/115分 22歳の若さで11年間の獄中生活を味わったジョゼ・ジョヴァンニ監督の、自伝的原作を、監督自らがメガホンをとった作品。 作品の最後に「父の孫たち、曾孫たちへ」という献辞があった。 父に対するジョゼ・ジョヴァンニの万感の思いが込められた作品だといえるだろう。けれど、決して思い入れの強い感傷的な作品ではなく、突き放した渋ささえ感じられる。父親役を演じた...... more
Tracked from 寄り道カフェ at 2008-09-17 16:40
タイトル : 「冒険者たち
LES AVENTURIERS 1967年/フランス/110分 監督: ロベール・アンリコ 原作: ジョゼ・ジョヴァンニ 脚本: ロベール・アンリコ /ジョゼ・ジョヴァンニ/ピエール・ペルグリ 撮影: ジャン・ボフェティ 音楽: フランソワ・ド・ルーベ 出演: アラン・ドロン/ リノ・ヴァンチュラ/ ジョアンナ・シムカス/セルジュ・レジアニ 先日、NHK・BSで放映されていて録画したままだったのを、やっとこの日曜日に観れた。 いつごろ観たのか記憶が定か...... more
Commented by 若無者 at 2005-12-31 10:03 x
Tom5kさん,こんにちは!!( ´_ゝ`)ノボンジュール♪ TBとコメントをありがとうございます.
早速,Tom5kさんのBlogを拝見させていただきました. とても,濃密な内容の素晴らしいBlogだと思います.
この世界には,まだまだ沢山の読むべき本,見るべき映画,聴くべき音楽があるのだと痛感させられました.
お互いBlogを頑張りましょう!!ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!
Commented by Tom5k at 2006-01-01 22:45
コメントありがとうございます。
とんでもありません。全然、勉強不足です。
Commented by yaccohime at 2006-01-16 13:06 x
コメントありがとうございます。

>生涯の中で、好きな映画ベスト10に入る作品
>今の今でも、外国人の女性の名前で好きな名前は、“レティシア”です。

とのことですが、なんだかわたしは、とてもうれしい気持ちになりました。

私も嬉しいです。
アラン・ドロンがお好きなようですが、
私も大好きです。甘いマスクに妖艶さ。
仰るとおり、アランはこの「冒険者たち」で、ちょっと芸風を変えたというか、男前の青年から男になった気がします。

※余談ですが、以前買っていたネコちゃんの名前は「アラン」でした!

Commented by オカピー at 2006-09-28 01:50 x
ジョゼ・ジョヴァンニ監督の自伝映画「父よ」をUPしましたので、TB致します。どこが良いか迷いましたが、やはり彼が原作者である「冒険者たち」がふさわしいでしょう。
「冒険者たち」は大好きなので、いつかはUPしないといけないのですが、好きな映画ほど躊躇してしまいます。
Commented by Tom5k at 2006-09-28 22:08
>オカピーさん、こんばんは。
ジョヴァンニといえば、ドロンとは切っても切れない時期があったようで、そのうち『ル・ジタン』と『ブーメランのように』は、リアル・タイムで映画館にて観ています。特に『ブーメランのように』は、題名からテーマに共通性がありそうな気もしますが・・・。
オカピーさんの『冒険者たち』のUP、楽しみだな。
>好きな映画ほど躊躇してしまいます
何となく、お気持ち察することが出来ます。

実は『父よ』は、未見でございまして、早速、オカピーさんのレビューで勉強させていただきます。
Commented by 武田 at 2007-03-27 01:00 x
トムさま、こんばんは。
コメントをいただき、ありがとうございました。嬉しかったです。
(ちょっと恥ずかしかったのですがTBさせていただきました。。)

それにしましても、マヌとローランはあの『穴』のあの二人だったのですか!!もう、ひとりで(そうだったのね~~!)と目からうろこというか、とっても勉強になってしまいました。ジョゼ・ジョバンニ原作というのをすっかり忘れておりました。(いつもこんな感じです・・)
冒頭のルノワール監督とベッケル監督のお話から②に至るまで、本当に勉強になり、何度も読み返してしまいました。
『生き残った者の掟』も探してみなくてはいけないし、『穴』もまた再見したくなってしまったし、CDが届くのも首が伸びきってきたし、『ル・ジタン』も『ブーメランのように』も未見だった・・・とこれからの楽しみがますます増えて嬉しいです。
Commented by Tom5k at 2007-03-28 00:32
>武田さん、こんばんは。
TB・コメント、こちらこそありがとう。

たくさん、観たくなってくれたんですね。ほんとうにブログ冥利につきます。
武田さんのレビュー、早く読みたいです。楽しみにしてますね。
では、では。
Commented by mchouette at 2008-09-17 17:10
トムさん、連日お邪魔します。
ジョゼ・ジョヴァンニ原作、ジャック・ベッケル監督の「穴」とジョヴァンニ監督の「父よ」TBしますね。そして「冒険者たち」も!
そして「穴」のマニュとロランが「冒険者たち」につながっていたとは!私は映画「冒険者たち」を観ての感想をあげてますが、へぇ~のトリビアの泉ですわ。最後に書いたけど、やはり映画「冒険者たち」は強烈に男の映画だわ!
それにしてもジョヴァンニ監督による「生き残った者の掟」の方は未見ですが「残酷で悲しく、やりきれないものが残りました。」と言わずにはおれない内容のようですね。
Commented by mchouette at 2008-09-17 17:10
トムさん続き
ジョゼ・ジョヴァンニは映画には一人のスターがいる、それがドロンだといっていたとか。私はジョヴァンニ監督のノワール作品ってあまりみてなくて、したがってこのジャンルのドロンってあまり知らないんですよね。観ていてもスルーしてしまっている。
彼が死刑から救った父の愛を描いた「父よ」は泣きました。こういのをみると、邦画でこれ見よがしに愛をみせつけ、抱き合ってなく図
ってどうも虫唾がわいてくる。
私ドロンは「太陽がいっぱい」でいいかと思っていたんだけれど、なんだかトムさんと接近してから結構ドロン作品を記事に挙げだしてますね’(笑) ドロンのタグも作らねば…。
それから先日「あの胸にもう一度」見たよ! あのサイケな映像といい、あの時代を象徴するような、そして火がついて突っ走る若者の姿をストレートに描いてる。突っ走るのに理由なんかないんだよね。
いまはあれこれ理由づけしすぎる!
Commented by Tom5k at 2008-09-17 22:44
>シュエットさん、毎日でも、1日に何回でも、いらしてください。それからたくさんのTBありがとう。
>マニュとローラン
単に名前だけかもしれませんが、そういう見方も面白いかなと・・・。「生き残った者の掟」は、ジョヴァンニ自身が「冒険者たち」の不満足感から撮ったそうですから、間違いなくマニュとローランは「冒険者たち」と同じ人物ですよ。ラストはほんとうにショッキングでした。
>ジョヴァンニ監督のノワール作品
ジャック・ドレーやピエール・グラニエ・ドフェールが旧フランス作品の後継者なら、ジョヴァンニは(誰しもがメルヴィル、ベッケルの後継者と言ってますが)ネオ・リアリズモの後継者だと思います。デ・シ-カやピエトロ・ジェルミの作風に近いように思います。
ドロンの全盛期は、若い頃の、ふたつの潮流に渡米した経験が加えられて完成されたんだと思っています。
ここはドロン研究家としては非常に重要です。何しろ誰もそんなこと言ってませんから(本人も含めて)。でもほんとにそうなんですよ。
Commented by Tom5k at 2008-09-17 22:46
>続き
当時のドロン・ファンの代弁評論の南俊子さんはジョヴァンニ3作品をすべてドロン・ワーストにしちゃってます。彼女はジャック・ドレー派で、気持ちはわかるんですけれど、わたしは不満だったなあ。
ヌーヴェル・ヴァーグ派の山田宏一さんはジョヴァンニ作品にドロンが出演すること自体にご不満があったようで・・・。
ジョヴァンニ&ドロンを正確に理解していたのは、当時の一般の映画ファンだけだったのではないかな?
あっそうそう、オカピーさんの敬愛する双葉十三郎さんは、ドロン&ジョヴァンニにわりと高い点数を付けていた記憶があります。
>「あの胸にもういちど」
姐さんとはバッティングしちゃったけれど、わたしはとても素敵な作品だと思うんです。カルト的なファンも多いようです。残念なのは音楽かな。もっと思い切ってブリティッシュロックなど取入れて音楽サウンド・ムービーのような作品にしたほうが、信奉者が生まれて伝説的な作品になったような気がするんですよね。ミック・ジャガーに音楽を担当させて、マリアンヌが歌ったりとか・・・。
ドロン作品としての作風にこだわりすぎたところが、逆に残念でした。
Commented by mchouette at 2008-09-18 11:46
トムさん、「あの胸にもういちど」に関して
私の青春と痛いくらいに重なるものがありましたね。
この映画をみていて思い出すのが茨木のり子の詩の一節
「身体の行く方に心も行く」
詩集のタイトルは「自分の感受性ぐらい」だったかな、ちょっと思い出せないけれど、当時、この一節が妙に生々しく胸にぐさっときました。最後ダニエルの愛撫を全身に感じながらエクスタシーの頂点でトラックに激突してしまう。
若さって、突っ走った先に破滅の匂いを嗅ぎ取って、そこに快感を見出す。だから太陽を求め、太陽の熱に蝋の羽根をとかされ、太陽に灼かれて堕ちていくイカロスの神話に惹かれるのも、そういう破滅にの美学にロマンを感じるからでしょうね。そういうことをいい年こいて、まだそんな部分に痛みを感じる私も、ずっとどっか大人になりきれない青固い人間なんだなって思いますけどね…。
>音楽サウンド・ムービーのような作品にしたほうが、信奉者が生まれて伝説的な作品になったような気がするんですよね。
かも知れませんね。当時のセンスだと作れたと思いますね。今よりも内面世界のイマージュに関してはセンシティブだったから。
Commented by Tom5k at 2008-09-18 23:38
>シュエットさん、こんばんは。
>「身体の行く方に心も行く」
これは逆だと思っていましたが・・・。
女性心理なのでしょうかねえ?でも、これは潜在意識としての破滅願望であり、その願望とおり破滅する結果になるのでしょうね。
このレベッカもそうなのかどうかわからなくなってきたけれど、ちゃんと自分で選択した道に対して自分の行動をしっかりとさせて、責任を果たしていく強さがなければ、本当の幸せ、というか生き方の本望を果たすことはできないと思います。
人任せでは、いつまで経っても弱肉・強食の世界で、どこかで食われるのみの結果になるのでしょう。
だから、シュエットさんは痛みを感じるのでは?大人になりきれないのではなく、大人として心が痛くなるんではないでしょうか?
では、また。
名前
URL
削除用パスワード