人気ブログランキング |

『生きる歓び』①~アクシデントの効用~

 ジャン・コクトーは、詩人であるとともに、映画人、小説家、舞台演出家、評論活動家等々、芸術全般に渡って活躍した才人でした。彼は19世紀終わりからのフランスで、文化・芸術の最も繁栄していた「ベル・エポック」の時代以降を疾走し、センセーショナルなコクトー芸術を確立していきました。
世紀末とベル・エポックの文化
福井 憲彦 / 山川出版社






評伝ジャン・コクトー
ジャン=ジャック キム アンリ・C. ベアール エリザベス スプリッジ 秋山 和夫 / 筑摩書房





 映画人としての活躍も素晴らしいものばかりです。
 ルネ・クレマンを技術担当として迎え、ディズニーのリメイクで有名な映画史に残る名作『美女と野獣』を創作していますし、ロベルト・ロッセリーニ監督の『アモーレ』やジャン・ピエール・メルヴィル監督の『恐るべき子供たち』の原作も彼が書いたものです。また、ギリシャ神話のオルフェウス伝説をモチーフにして、自ら演出した『オルフェ』も素晴らしい作品であり、映画人としての彼の残した実績は賞賛に値するものばかりです。
アモーレ (トールケース)
/ アイ・ヴィー・シー





オルフェ【字幕版】
/ アミューズソフトエンタテインメント





ジャン・コクトー DVD-BOX (トールケース仕様)
/ アイ・ヴィー・シー





 そして、ジャン・コクトーはジャン・ピエール・メルビル監督らとともに「ヌーヴェル・ヴァーグ」の父、「新しい波」の第一波ともいわれています。
 その大きな業績として特筆すべきは、1949年、アレクサンドル・アストリュックとともにシネマクラブ「オブジェクティフ49」を結集したことです。そして、それは「カイエ・デュ・シネマ誌」のアンドレ・バザンのもと、「ヌーヴェル・ヴァーグ」カイエ派の主要メンバーたちとともに第1回「呪われた映画祭」のビアリッツでの開催に結びついていきました。
 これは、オーソン・ウェルズの演出した『マクベス』がヴェネチア映画祭で不評だったこと、ハリウッドでも、またヨーロッパにおいてさえ受け入れられることが不可能になってしまったことを比喩し、「呪われた映画作家」と命名して、彼と彼の作品を擁護することを主な目的として開催したものです。
 この映画祭が画期的だったことは、ジャン・コクトーの呼びかけに応じて、「ヌーヴェル・ヴァーグ」諸派とは毛色の異なるロベール・ブレッソン、後に彼らに批判されていったルネ・クレマン、ジャン・グレミヨン、文学者のクロード・モーリヤックなどがこれを支持したことです。

 ルネ・クレマン監督の『危険がいっぱい』などには、『恐るべき子供たち』で撮影を担当したアンリ・ドカエのカメラを通して、ジャン・コクトーの作品『美女と野獣』での「光と影」の光芒を効果とした映像技術の影響を強く受けていると感じます。
 衣装デザインをピエール・バルマンというトップデザイナーとしたことも、『恐るべき子供たち』で「パリ・オートクチュール・メゾン」のデザイナーであったクリスチャン・ディオールを使ったジャン・コクトーの影響だったようにも思います。
クリスチャン・ディオール
マリー=フランス ポシュナ 講談社インターナショナル 高橋 洋一 / 講談社





 彼は、『太陽がいっぱい』でアラン・ドロンの強い要望から、主役のフィリップとトムの配役を変更して大成功を収めました。その演出でのヨット上でのトム・リプリーがフィリップを刺殺するシークエンスでのサハラから地中海に吹く熱風による突風のアクシデントも有名な逸話です。それは作品のリアルな成果に結びつけることができたという「予定外の撮影」の逸話としての映画史的な評価を受けるべき撮影でした。
 また、映画史的傑作『禁じられた遊び』も、当初は短編オムニバスの予定であったものを資金オーナーの破産から長編に変えて成功した事例でした。

 ルネ・クレマン監督は、このような逸話には事欠いていないようです。そして、それが何故なのかを手繰っていったとき、彼の映画創作における知恵と工夫は、若い頃に出会ったジャン・コクトーから享受されたもののようなのです。

 ジャン・コクトーは『美女と野獣』で一緒に仕事をしたときから、ルネ・クレマンに対して「Sois toujours pret pour I′accident.(アクシデントには常に身構えておけ。)」
(参考~『巨匠たちの映画術』西村雄一郎著、キネマ旬報社、1999年)
と教えていたそうです。

 『生きる歓び』は、ストーリーそのものがアクシデントの連続であり、アクシデントそのものが主題となっていると言ってもいいような作品です。また、テロリズムを扱ったブラック・ユーモアと絡めているとはいえ、素晴らしくチャーミングな出来映えで完成されています。カンヌ映画祭ではパルム・ドールにノミネートされ、ベスト・セレクション作品として選定されました。

 育児施設で育ったアラン・ドロン演じるユリスはファシスト集団に雇われ、ローマの反ファシスト集団のアナーキスト一家にスパイのようなかたちで潜り込んでしまいます。ところが、そこの家族みんなが魅力的で、善良で親切な人の良い人たちばかりだったので、彼らに気に入られるために自らアナーキズムを支持して、そのテロリストを演じてしまうのです。
 特に、バーバラ・ラス演じる娘フランカがとても愛らしくて、本当に素敵なヒロインを演じています。そして、ルキノ・ヴィスコンティ一家のリナ・モレリ演じる優しいお母さんも、たいへん素敵で優しい役柄で、彼女としては『山猫』のサリーナ公爵夫人とは全く異なった演技でした。名女優とはこれほど変幻自在な演技の表現が出来るものなのかと驚いてしまいます。

 ユリスは屋根裏に引きこもっているカルロ・ピザカーネ演ずるお爺ちゃんを味方につけて、アドバイスを受けます。自分がアナーキストでテロの使命を持っている者だと一家に誤解させ、家族達の尊敬を集める計画です。計画はうまく進み、フランカも態度を変えてユリスを敬愛するようになりました。
 ところが、そんな状況に本物のテロリストが出現してしまいアクシデントの連続となるのです。
 ユリスは、いくらフランカに好かれて家族のみんなに尊敬されても、罪のない人達をテロリズムによる犠牲とすることはできず、そのテロ行為をくい止めるために奔走します。自分がテロリストであることを演じながら、関係のない多くの人々を救うために本物のテロリストの計画を無し崩しにしていくのです。
 最後にはユリスが偽りのテロリストであったこともフランカにわかってしまいますが、ユリスが多くの人々の危険を救ったことで、彼女は彼を愛するようになり二人の恋は成就したのでした。

 ところで、テロリズムの語源は、フランス革命期のロベスピエールの恐怖政治からだそうで、権力者が対立する者を抹殺した場合をテルールと定義したそうです。現在は、権力側が武装抵抗をテロと呼んぶようになっています。正確にはアナーキスト側によるテロを「赤色テロ」、権力側によるテロを「白色テロ」と区別されているようです。この作品で扱われているのは「赤色テロ」といえましょうか。

 この作品で特に印象的なのは、アラン・ドロンが最も得意とする二重人格(性格)というキャラクターが、ここでは元来の彼が持っている明るくて健康的なキャラクターとして演じられていることです。一見矛盾する「二重人格」と「健康的な性格」が、ここでは自然に統一されていきます。
 フランス人の大好きなドタバタ喜劇役者としてのアラン・ドロンもたいへん魅力的です。フランスではジェラール・ウーリー監督のルイ・ドゥ・フュネスやブールヴィルや後のジャン・マリー・ポワレ監督、パトリス・ルコント監督などによって魅力を引きだされたクリスチャン・クラヴィエなどが好まれているようですが、そのようなイメージに近かったのかなと思います。
おかしなおかしな訪問者(字幕)
/ ポニーキャニオン





レ・ブロンゼ~日焼けした連中~【字幕ワイド版】
/ バンダイビジュアル





 ルネ・クレマン監督は、師であったジャン・コクトーの教えである「アクシデントのプラス面への転化」、そして、前作『太陽がいっぱい』と同じくアラン・ドロンを主演とすることで、マイナスの結末を、いかなる行為でプラスの結末に転嫁できるのかという回答を、この作品で主張したのでしょう。
 また、「テロリズム」という行為を題材にしたことで、この作品は、われわれ現代に生きる者たちへの「平和への願い」へのメッセージであるとも解釈できるのではないでしょうか?ここには現代に山積している多くの諸問題を解決するための問いと答えが盛り込まれているような気がします。

 わたしは、特に今を生きる多くの人たちが、この映画を観賞すること望んでしまいます。

by Tom5k | 2005-12-18 03:04 | 生きる歓び(2) | Trackback(9) | Comments(20)

トラックバックURL : https://zidai.exblog.jp/tb/2221871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Happyになれる映画を.. at 2005-12-23 23:07
タイトル : 生きる歓び【1960・フランス/イタリア】
ジェネオン エンタテインメント 生きる歓び ★★★☆☆ 1920年代のローマ。 軍隊を除隊になったユリス(アラン・ドロン)は、孤児で身寄りもなく、働こうにも職がなかった。 途方に暮れて、街を彷徨っていると「黒シャツ党」の党員募集のビラを見つける。 何も... more
Tracked from 渚行き at 2005-12-25 22:56
タイトル : 生きる歓び
★生きる歓び QUELLE JOIE DE VIVRE (1960) {amazon} 1920年代のローマ、除隊になり行く当てのない金欠青年ウリッセは、友人とともに金目... more
Tracked from Astay☆Astay☆.. at 2006-08-16 11:40
タイトル : 『生きる歓び』(1960 仏・伊)
     [[attached(1)]] === 生きる歓び QUELLE JOIE DE VIVRE/THE JOY OF LIVING === 【出演】Alain Delon,Barbara Lass, Gino Cervi 【役名】Ulysse Cecconato 【監督】Rene Clement 1920年代のローマ 兵役を終えた孤児のユリス(A・ドロン)は働こうにも職がなく 街で偶然見つけた「黒シャツ党」の党員募集のポスターに飛びつく そして「黒シャツ党」がファ...... more
Tracked from ぶーすかヘッドルーム・ブ.. at 2006-09-10 20:48
タイトル : 「生きる歓び」「リスボン特急」
●生きる歓び ★★★★ 【NHKBS】ルネ・クレマン監督、アラン・ドロン主演「太陽がいっぱい」のコンビ作品。兵役を終え失業中の男がお金欲しさにファシストに入団するが…。1920年代のローマを舞台にファシストとレジスタンスを風刺した人情喜劇。ドロンが住込みで働く印刷所のおじいちゃんがひょうきんでイイ味をだしている。 ●リスボン特急 ★★ 【NHKBS】「仁義」など、フランスフィルム・ノワールの巨匠ジャン・ピエール・メルヴィルの遺作。堅い友情で結ばれた戦友だった二人の男が、銀行強盗犯(リチャード・ク...... more
Tracked from Mizumizuのライフ.. at 2008-04-30 19:31
タイトル : アラン・ロブローの復讐――『アンドロマック』上演中止へ
<きのうから続く>『アンドロマック』の企画と演出意図について、マレーは次のように報道機関に発表している。「今回の企画は、しばしば映画に取り込まれていた俳優たちが、演劇への義務を果たそうと決心したことから始まった。私にとっての悲劇の演出は、あえて気取った...... more
Tracked from Mizumizuのライフ.. at 2008-05-28 18:51
タイトル : 『恐るべき親たち』の裏側
<きのうから続く>『美女と野獣』でコクトーの技術顧問を務めたルネ・クレマンは、コクトーからさまざまなものを学んだと言っているが、中でも「アクシデントには常に心の準備をしておくように」という言葉が印象に残っているとしていた。そして名作『太陽がいっぱい』で...... more
Tracked from 良い映画を褒める会。 at 2010-10-31 01:38
タイトル : 『マン・レイ展がやってきた。』前衛芸術家兼映画監督マン・..
 いまからおよそ30年前に亡くなった、ロシア系アメリカ人の写真家であるマン・レイの名前を大阪市営地下鉄の吊革広告でたまたま見かけたのは先週梅田に出かけた帰りでした。... more
Tracked from 良い映画を褒める会。 at 2010-10-31 01:39
タイトル : 『詩人の血』(1930)偉大なるジャン・コクトーが残した..
 二十世紀フランス芸術界の至宝であり、詩、映画、演劇、絵画など縦横無尽に活動の場を行き来した天才芸術家ジャン・コクトーが、1930年というサイレント映画とトーキー映画の分岐点とも言える時代の狭間にあって、100万フランの予算とともに自らの芸術性の赴くままに、好きなように制作したアヴァンギャルド映画がこの『詩人の血』でした。... more
Tracked from プロフェッサー・オカピー.. at 2016-11-23 21:59
タイトル : 映画評「生きる歓び」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 1961年フランス=イタリア合作映画 監督ルネ・クレマン ネタバレあり... more
Commented by Astay at 2006-08-16 12:03 x
トムさん、『生きる歓び』深夜にBSで放送されてましたので2時間TVの前で観ました
(DVDも持ってるのにぃ・・・)
元気ハツラツのドロンさん大変魅力的です
『太陽がいっぱい』と同監督で同年代ですが
私はこちらの方が好きかもしれません
特に、おじいちゃんとお父さんがツボです
あと、お母さん役の方どこかで観てるはず・・・と思っていたのですが
トムさんの記事を読んで思い出しました
『山猫』に出てらっしゃった女優さんですね
胸のつかえが取れたみたいで嬉しいです

かなり前になりますが私もUPしてましたのでTBさせていただきます
Commented by Tom5k at 2006-08-16 23:52
>Astayさん
>(DVDも持ってるのにぃ・・・)
その気持ち、よく分かります。わたしなどもレンタル屋さんに行くと、すでに持っているDVDやビデオをレンタルしたくなります。それだけ「お気に入り」ということですよね。
ところで、この作品は『太陽がいっぱい』と密接な関係にあるように思います。ドロンの正と負、同じものの裏と表を描いたのだと思っているのです。
またクレマン監督はドロンの師匠として、ヴィスコンティ監督を意識しローマを舞台にしたんじゃなかなとも思っています。
Commented by booska1234 at 2006-09-10 20:54
こんにちはー「リスボン…」とダブリますがこちらにもTBさせて下さい。
ルネ・クレマンはコクトーの弟子だったんですねー。コクトーの作品も大好きです。『太陽がいっぱい』とはがらりと変わったコメディだったので驚きでしたが、この作品と「裏と表」という「密接な関係」にあったんですね…。うーむ勉強になりました。
Commented by Tom5k at 2006-09-10 21:17
>ぶーすかさん、どうも
コクトーは最近『オルフェ』を観ましたよ。素晴らしいですね。ヌーヴェル・ヴァーグの遠い源泉の一人と言われているそうですが、それよりもっと凄いと思っています。
『太陽がいっぱい』のトムとフィリップ、『生きる歓び』のユリスとカンポサント、この相関関係から同一人物の表裏を連想したわけです。考えすぎでしょうかね?
いづれにしても、両作品もっと評価されるべきだと思っています。
では、また。
Commented by booska1234 at 2006-09-11 11:07
コクトーの映画は「オルフェ」「美女と野獣」「双頭の鷲」ぐらいしか見た事がないです。「詩人の血」「恐るべき親達」とか見たいのですがなかなか機会がないです(>.<)。私は詩のはさっぱりわからないですがコクトーは絵もイイですよねー。
Commented by Mizumizu at 2008-04-30 19:31 x
古い記事へコメント失礼いたします。今、コクトーとジャン・マレーについて拙ブログで連載形式で書いています。
美女と野獣までもう少しです。よければ遊びにきてください。
Commented by Tom5k at 2008-05-10 22:09
>mizumizu4329さん
コメント&TBありがとうございます。
コクトーとジャン・マレーに関しては、あまりにも勉強不足なのですが、たいへん好奇心をそそられています。
特にコクトーは、アラン・ドロンの師の一人であるルネ・クレマンへの影響から興味深いものを感じています。『太陽がいっぱい』のアラン・ドロンに『オルフェ』のジャン・マレーを重ねてしまうのはわたしだけでしょうか?
このへんは実に興味深いところなのです。
また、どうぞ。お気軽に寄ってくださいね。
では。
Commented by Mizumizu at 2008-05-10 22:55 x
ルネ・クレマンはコクトーからいろいろなものを学んだと言っています。アラン・ドロンが鏡にキスするシーンはオルフェでマレーが鏡の前で気を失うシーンによくにてますよね。
オルフェについても「え?」というような裏話があります。そのうち書きますので、ひまひまに寄ってください。
ブログのほうはすごく連載が長くなりました。マレーとコクトーの出会いを書いたエントリーをURLに入れたので、またぜひヒマなときに遊びに来てください。
Commented by Tom5k at 2008-05-11 17:51
>mizumizu4329さん
いらっしゃいませ。
今日、古本屋でコクトーとマレーの本を見かけました。
是非ともクレマンとコクトーの関係についての記事を掲載してください。切なるリクエストです。
では、また。
Commented by Mizumizu at 2008-05-28 23:16 x
トラバありがとうございました!
ぴったりの記事で嬉しい限りです。
Commented by Tom5k at 2008-05-29 23:43
>Mizumizuさん、こんばんは。
TB・コメントありがとう。ジャン・コクトーが、ルネ・クレマンにアクシデントの効用を教示したことが、クレマン演出の基礎となったことは、凄いことだと思います。
また、それを演出に常に生かしていける力量を、もっと評価すべきじゃないかと、いつも思っています。
では、また。
Commented by mchouette at 2009-06-15 09:27
トムさん 「天使と悪魔」に本記事のTBありがとうございました。
いつも、こうやって、次の段階へとまたまた問題意識を引きずり出してくださる。感謝です。
>アナーキスト側によるテロを「赤色テロ」、権力側によるテロを「白色テロ」と区別されているようです。
数十年前までは「白色テロ」という言葉も使って国家権力を告発していた。今は報道関係は企業に買収され報道規制がしかれている現実。
国家暴力、権力を持つものの暴力は封印されてしまっている。
ダン・ブラウン原作の「天使と悪魔」や「ダ・ヴィンチ・コード」などは聖職の仮面の下のダークな部分をテーマに描いているところに、ある種の小気味良さを感じます。
本作は未見。まだまだ素晴らしい作品で、知らない作品や選り好みして見ていない作品がいっぱい。
タイトルだけは知ってます。これもドロンなんですね(笑)
しかし、ドロン一筋でもって人間の歴史から映画史まで串刺しにして究めているなんて! それでいて映画評論にならなくってドロンを熱く語っている。トムさんみたいなこんなブログって他にはありませんよ!
Commented by Tom5k at 2009-06-15 23:27
>シュエットさん、こんばんは。
芸術作品・娯楽作品に関わらず、優れた作品にはどこか骨太の強さが感じられるもので、やはり「天使と悪魔」にも、どこかそのような反骨のスピリッツを感じていたところです。
>「生きる歓び」
サスペンス及びアクションとまではいえず、小品のコメディーではありますが、なかなか、素敵な作品です。シュエットさんには、お薦めです。
>国家暴力、権力を持つものの暴力は封印・・・
「天使と悪魔」を観て、真っ先に思い浮かんだのが、この「生きる歓び」でした。わたしは、特にルネ・クレマンの人間心理のサスペンスには、その良心そしての破壊できない、もしくは破壊してはならないものへのタブーを描いていることが強く感じられ、もしかしたら映画そのものテーマの根幹なのかな?とまで思ってしまうこともあります。
Commented by Tom5k at 2009-06-15 23:27
>続き
>ドロン一筋でもって人間の歴史から映画史まで串刺しに・・・
シュエットさんに、そんなお褒めの言葉をいただけるなんて、とてもうれしいです。アラン・ドロンという俳優への探求の面白さはもちろん、彼を使った演出家、スタッフや共演者、そして映画の題材・・・。これって、ロバート・レッドフォードやポール・ニューマン、マーロン・ブランド、トム・クルーズ、リチャード・ギア、ブラッド・ピット・・・世界の大スターたちを
同様に突き詰めていくと、こうなるのかなあ?わたしは、アラン・ドロンだから、こんな風になるように思っているんですが・・・ファンの欲目でしょうかね?
では、また。
Commented by 用心棒 at 2009-07-06 18:13 x
 こんばんは。

 ただいまお見舞いのコメントを入れて参りましたが、まさかオカピーさんが入院することになるとは夢にも思いませんでした。一日も早く、回復して欲しいですね。

 暑くなってきておりますので、トムさんもお身体をいたわってください。

それでは失礼いたします。
Commented by Tom5k at 2009-07-12 10:41
>用心棒さん、ただいまオカピーさんのところにコメントしてきました。
確かに、5月 6日(水)付けの本館の掲示板にお具合の良くない旨のレスをいただいていました。
心配ですねえ。
無理されずにゆっくり養生してほしいです。
実は、わたしも身内に不幸があってPCから遠ざかっていました。ようやく初七日を終えたところでして、レスも遅くなってしまい申し訳なく思っています。

お知らせありがとうございました。
では、また。
Commented by 用心棒 at 2009-07-13 01:35 x
 こんばんは。

まずはおくやみ申し上げます。

 暑さがかなり厳しくなっておりますので、お力を落とされることのないよう、お祈り申し上げます。

 それでは失礼いたします。
Commented by Tom5k at 2009-07-13 23:24
>用心棒さん
わざわざのお悔やみのコメント恐れ入ります。
たいへん、勇気づけられます。ありがとうございます。

また、オカピーさんが復帰されたら、みんなで活発な映画談義に華を咲かせたいですね。
では、また。
Commented by 用心棒 at 2010-10-31 01:37 x
 こんばんは!
マン・レイ展に行ったとき、ゼラチン・シルバー・プリントで撮られた一枚の写真が目に入りました。

それは暗い部屋でひとりで座っているジャン・コクトーの写真でした。彼がそのとき何を考えていたのかなあと思いつつ、しばらくその写真を見つめていました。

周りの人は特に留まることのない写真だったようですが、ぼくはコクトーの前で止まってしまいました(笑)二人がどんな話をしたのかに興味があります。

記事にも書いたのですが、マン・レイ監督作品の映画を上映してくれていたのが嬉しかったですよ。

何でも興味があれば、どんどん出かけていくべきですね!

ではまた!
Commented by Tom5k at 2010-10-31 10:22
>用心棒さん、おはようございます。
素晴らしい体験でしたね。札幌にも近代美術館はじめ、いくつかの大規模な美術館があるので、そういう意味で札幌での生活も楽しみです。
わたしは写真展としては、敬愛しているロバート・キャパ展以外は鑑賞したことがないのですが、写真のアートとしての機能から用心棒さんの体験を考えると、そのクリエイティブなパワーを体感されたことがうらやましい限りです。
>ジャン・コクトー・・・どのような思索をしていたのでしょうね?ルネ・クレマンの映画技術の基本に彼の存在があることは彼の作品を見れば、そのリアリティのみならず、映像としてのアート感覚に圧倒されます。その美しい映像自体が、その証明であると思っています。
最近、また「鉄路の闘い」「海の牙」「禁じられた遊び」「居酒屋」「危険がいっぱい」などを鑑賞しました。彼のリアリズムと美はまさに映像詩そのものですよ。
今日は「生きる歓び」を観て札幌に帰ります(笑)。
では、また。
名前
URL
削除用パスワード