『愛人関係』②~北海道が誇る釧路出身の直木賞作家「桜木紫乃を作った映画」の1本~

 北海道釧路出身の桜木紫乃は、自らの出身地である釧路を舞台にして男女の悲哀をテーマにした作風で活躍している売れっ子の作家であり、2014年直木賞作家でもあります。
 2014年(平成26年)2月発刊の月刊誌「ダ・ヴィンチ」2月号に彼女の特集が組まれていました。それは、「50万部突破のベストセラー『ホテルローヤル』著書の劇的半生 桜木紫乃という女」の標題による特集記事で、特に私の眼が引きつけられたのが、その記事での「桜木紫乃を作った映画」という項目でした。

ホテルローヤル (集英社文芸単行本)

桜木紫乃 / 集英社


 彼女は、洋画や邦画を問わず、暗黒街を舞台にした「ギャングスター映画」や「フィルム・ノワール」が好きなようです。特集記事での彼女の挙げている映画作品は、『さらば愛しのやくざ』、『ゴッドファーザー』、『狼たちの挽歌』、『極道の妻たち』、『その男、凶暴につき』と続いていました。

さらば愛しのやくざ [DVD]

東映ビデオ


ゴッドファーザー

マーロン・ブランド / パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン


狼/男たちの挽歌・最終章 デジタル・リマスター版 [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


極道の妻たち [DVD]

東映ビデオ


その男、凶暴につき [DVD]

バンダイビジュアル



 そして、その「桜木紫乃を作った映画」の最後に挙げられていた映画作品に私の眼は釘付けになってしまったのです。

 何と!そこには、アラン・ドロンとミレーユ・ダルクが共演したジョルジュ・ロートネル監督の『愛人関係』が挙げられていたのです。これは、驚くべきことでした。そして、そこに掲載されている彼女自身の一文は、次のようなものでした。

【この映画を初めて観たのは、14歳のとき。ラストシーン、展望台の向こうから聴こえてくる一発の銃声、そのとき、これこそが物語の結末なんだ!と、たいへん影響を受けました。それは今も変わりません。また、中年になったアラン・ドロンも、やはりいい。いい男とは、年をとるほどセクシーになるのだな。】

 彼女は1965年4月生まれ、わたしは1964年3月生まれですから、2学年下になるわけです。この作品が公開されたのは、1976年ですから、わたしが小学校6年生、彼女は小学校4年生か5年生です。ですから、彼女がこの作品を観たのはその4年後なわけです。リバイバルされていた事も無いでしょうし、現在のようにDVDはもちろん、レンタル・ビデオなども無い時代ですから、恐らく、TV放映されたときに鑑賞したものだったのでしょう。
 私が初めてこの作品をTV放映で観たときのことは、もうあまり記憶には無いのですが、多分、彼女は同じ放映を観ていたのだと思います。私が観たテレビ放映は、高校1年生か2年生の頃ですから、間違いありません。

 14歳と言えば、中学2年生か3年生です。随分とませた中学生だったのかとも思いますが、文学少女というのは、このような感性を思春期の自己形成期に磨くものなのかもしれません。フランス映画としても、アラン・ドロン主演の映画としてもあまり評価の高くないこの作品が、我々の住む北海道、まして私も過去に仕事で6年間も赴任していたことのある釧路出身の桜木紫乃氏によって、このような素晴らしい評価を得ていることは、本当に嬉しいことだったのです。

 ラスト・シークエンスを「これこそが物語の結末なんだ!」とセンセーションな受け止め方を、こんなに素直に感性に取り込んでいる・・・驚くべきは、そのときの感動を「今も変わりません」と言い切っていることです。つまり、彼女の作品には間違いなくこの作品の影響が見て取れるはずであり、その彼女の小説が今、これほど世間で話題となっていることを考えれば、『愛人関係』も、また、今の時代に受け入れられる余地、つまり再評価される可能性の一端がここから読みとれるような気もしてくるのです。


【「愛人関係」ではミレーユ・ダルクを本気で愛しちゃう役をやっているんですけど、そういう意味でつまらなかったですね。(南俊子)】
【(『デラックスカラーシネアルバム5 アラン・ドロン 凄艶のかげり、男の魅力 斎藤耕一+南俊子《ドロンを語る》現代的な感性を表現できる不思議な人』南俊子責任編集 芳賀書店)】

 この作品の公開時のアラン・ドロンのファンの多くは『愛人関係』をアラン・ドロンのその時代のカリスマ的なスター性、すなわち女性から観て、ヨーロッパを体現できる憧れの二枚目フランス男優として鑑賞したのでしょうし、純粋に映画作品として鑑賞する前に、アラン・ドロンの私生活におけるミレーユ・ダルクとの関係がその在り方を歪めてしまっていたことも無理の無いことだったのかもしれません。
 ですから、南俊子氏のこの映画作品の評価も当時は一般的であり、時代の象徴的なものであったと察することはできるわけです。

 だた、桜木紫乃氏も、「中年になったアラン・ドロンも、やはりいい。いい男とは、年をとるほどセクシーになるのだな。」とアラン・ドロンの良い男ぶりを素直に評価してはいても、決してミレーユ・ダルクとアラン・ドロンの私生活によって映画作品まで悪印象になってしまうような歪んだ鑑賞はしていません。
 このことからも、この南俊子氏の所感こそが、プロの映画評論家としては最悪のものだと、私には感じられてしまうのです。

 若い頃のアラン・ドロンと婚約者ロミー・シュナイダーとの確執は、彼女が良き妻の立場より映画スターの立場を優先したことに起因していたとも考えられますし、前妻のナタリー・ドロンの映画出演にもアラン・ドロンは大きく反対していたそうですし、それが破局の大きな原因であったことは今更言わずもがなでしょう。

 しかし、ミレーユ・ダルクは、1969年に『ジェフ』で初めて共演してからは、この『愛人関係』(1974年)の外にも、『栗色のマッドレー』(1970年)、『プレステージ』(1976年)、『チェイサー』(1978年)など、何度もアラン・ドロンと共演しています。
 ミレーユ・ダルクは、ミラボーやモリエールなどの正当派のクラシカルな演劇を学んだ舞台出身の女優だったそうですし、1960年のデビュー作品も、オノレ・ド・バルザック原作のテレビ映画だったそうです。
 そして、アラン・ドロンは若いころからジュリアン・デュヴィヴィエやクリスチャン・ジャック、ルネ・クレマンなどの演出の下で古典的な作風の映画に出演し続けた映画スターでした。そういった意味でも彼女はアラン・ドロンの共演者として素晴らしいパートナーだったのではないでしょうか?


【>アラン・ドロン
(略~)・・・私はヌーベルバーグの監督たちとは撮らなかった唯一の役者だよ、私は所謂「パパの映画 cinéma de papa※」の役者だからね。ヴィスコンティとクレマンなら断れないからねえ!ゴダールと撮るのには1990年まで待たなくてはならなかったんだ。(~略)】 
※cinéma de papaとは、「ヌーヴェル・ヴァーグ」カイエ派のフランソワ・トリュフォーが付けた古いフランス映画への侮蔑的な呼称のこと。
【引用(参考) takagiさんのブログ「Virginie Ledoyen et le cinema francais」の記事 2007/6/21 「回想するアラン・ドロン:その7(インタヴュー和訳)」



【>しかし、『ウィークエンド』は衝撃的な、すばらしい作品でした。もうゴダールの映画に出る気はありませんか?
>ミレーユ・ダルク
ありません。二度といっしょに仕事はしたくないですね】
【「映画とは何か 山田宏一映画インタビュー集」(草思社・1988年)】

ウィークエンド [DVD]

紀伊國屋書店


映画とは何か―山田宏一映画インタビュー集

山田 宏一 / 草思社


 美しい北フランス連峰の景観の中で、最も愛している女性の絶望的な状況を鑑みたとき、自らの手のよって殺害、無理心中するほどのイノセンスな愛情・・・このような純粋で美しい大人のロマンスなど、現代の社会ではファンタジーとまで云えるかもしれません。
 しかし、このような悲劇がテーマになっているからこそ、桜木紫乃氏が「これこそが物語の結末なんだ!」といまだに絶賛しているようにも思うのです。つまり『愛人関係』は、「人間の滅びゆく運命」をテーマにして暗鬱な文学的情緒を美学として描いており、フランス映画の演劇的伝統、すなわち、1930年代のシナリオ重視の「詩(心理)的レアリスム」の作品群が待っていた特徴を兼ね備えているのです。

 ですから、『愛人関係』は、ペシミスティックな作風を詩的情緒にまで高めてメロドラマ化していた1930年代のフランス映画体系「詩(心理)的レアリスム」へのオマージュとして制作された映画史的にも意義のある作品だと私は考えてしまうのです。
 そして、アラン・ドロンのファンである私にとっては、現在、大活躍している有名作家の感性が、「ヌーヴェル・ヴァーグ」に否定されていったフランス映画の伝統を、現代においてようやく肯定してくれたような気がして、本当に嬉しかったのです。

【桜木紫乃「創作への芽生え・分岐点」
14歳(1979年)
この1年間で、決定的な出会いが立て続けに起こる。
① 両親が営む理髪店の2階に下宿していた大学生が残していった、段ボールいっぱいの本を読みふける。そこで原田泰子の『挽歌』に出会い、小説を志す。

挽歌 (新潮文庫)

原田 康子 / 新潮社


②  同じ頃、アラン・ドロンとミレーユ・ダルクの映画『愛人関係』を観て、「物語の最後はこれしかない」と衝撃を受ける。(略-)】
【2014年(平成26年)「ダ・ヴィンチ」2月号 -50万部のベストセラー『ホテルローヤル』著者の劇的半生 桜木紫乃という女-】 

ダ・ヴィンチ 2014年 02月号 [雑誌]

KADOKAWA


[PR]

by Tom5k | 2014-04-10 21:13 | 愛人関係(2)