人気ブログランキング |

『ル・ジタン』③~父親として・・・ロマ族であっても、銀行強盗であっても、サラリーマンであっても・・・

 『ル・ジタン』の原作、及び当初の執筆されていたジョゼ・ジョヴァンニ監督のオリジナル・シナリオでは、アラン・ドロンが演じたル・ジタンことユーゴ・セナールは、ラストで絶命する内容だったようです。

【幻影と現実が入り交じったような、うつろな目つきで、ふらふらと歩き出して、屑鉄の山にぶっつかると、そのまま膝をついた。
しばらく、首を垂れていた。血汐が、その膝へ、胸からしたたった。
血のにおいをかいだ鼠の群が近づいて来た。
ジタンは、ゆっくりと、あたりを見まわした。
ジタンは、ジプシー女の腹から生まれた青年であった。ジプシー出身というだけで、フランスはもとより各国から、生業に就くことを拒否されつづけ、反抗しつづけてきた。ジタンにとってこのゴミ棄て場は、いわば故郷であった。
ジタンは、血まみれの手で拳銃をとり出した。
その有様を、数十メートルはなれた地点から、じっと見まもっている男がいた。
ブロー警視だった。
ジタンは、銃口を顳かみに当てた。
三十一歳の短い生涯の終わるのを、ブロー警視は、冷たい目で見まもっていた。】
【引用 『ル・ジタン~犯罪者たち』ジョゼ・ジョバンニ 柴田錬三郎訳、勁文社、昭和51年3月20日】

ル・ジタン―犯罪者たち (1976年)

ジョゼ・ジョヴァンニ / 勁文社



【○ ゴミ捨て場
車の残骸の鉄屑の間をジタンがふらふらと歩いてくる。まわりに家族達の幻影が出る。
ジタン、鉄材にぶつかって、ゆがんだ梁にしがみつく。まるで十字架にかかったような姿だ。
血が鉄材を伝わって落ちる。
血の匂いをかぎつけるネズミ達。
ジタン、そのままの姿勢で、銃を出して、自分に向けて撃つ。
ひびく銃声。
この音とともに幻影は消え、現実だけが残る。
カメラはゆっくりとロングになる。
ゴミ捨て場と鉄材にひっかかるようにして死んでいるジタン。
薄煙の向うに、遠くまだ眠っている。
大都会の高層アパート群。
静かな夜明けである。】
【キネマ旬報1976年1月新年特別号No.674 ●分析採録 ル・ジタン 脚本・ジョゼ・ジョバンニ】

 しかし、1976年にアデル・プロダクションが完成させた映画作品としての『ル・ジタン』のラスト・シークエンスは、それらとは異なる内容に改変されています。
 また、原作での主人公ユーゴ・セナールの年齢も31歳であり、映画で彼を演じたアラン・ドロンは40歳を迎えた後に主演しています。そういった意味で、この作品は当時のアラン・ドロンの年齢に合致した作風になっているようにも感じました。

【(-略)「ル・ジタン」の原作は15年まえにわたし自信が書いた小説ですが、こんど映画化するにあたって、アラン・ドロンのイメージに合わせてすっかり書き直したものです。(略-)】
【参考 キネマ旬報1976年1月新年特別号No.674(「ジョゼ・ジョヴァンニ映画と自己を語る LE GITAN特集 パリでのインタビュー」(山田浩一/白井佳夫)】


 ところで、一概には決めつけることは出来ないことかもしれませんが、一般的に40歳代の男たちというものは、如何なる心情をもって生きているものでしょうか?

 例えば、
 ようやく手に入れたマイ・ホーム・・・。
 すくすくと育っている最愛の我が息子、我が娘たち・・・。
 若き頃の恋女房とは縁遠くなったにしろ、自分のような男のかみさんの役割など、もう他の女にできるわけがない・・・女房に対するあきらめと感謝、これからもこの女に家のこと一切を任せ、定年まで頑張らなきゃ・・・。
 20代、30代の頃のように他の女も相手にしてくれない、相手にしてくれそうな女が現れても、今ではもうわきまえもできていて・・・はめもはずしにくい・・・。
 おふくろも親父も年食っちまって、自分に頼りっきり・・・。

 わたしの周辺の40歳代の男性たちを見ると、自営業者も含めて、多くのサラリーマンの気持ちは、概ねこのような状態のようです。
 どちらかというと、積極的なエネルギーは感じられません。

 しかし、だからといって、そう簡単にダメ親父にはなっているわけでもありません。
 このユーゴ・セナールのように密かにではあれ、誰にも理解してもらえない熱い想いを抱えて生きているのです。

 まだまだ、おれにだって出来ることはあるはずだと・・・。

 この作品でも、主人公のユーゴ・セナールが自らの心情を吐露するシークエンスがあります。
 刑務所で意味がなく憤っていた様子を不思議に思った仲間たちの疑問に

「俺たちの幸せは他人まかせだ 何ひとつ自由がない それを思うと腹が立つ みんなで騒いだらどうなるかな」(ユーゴ・セナール)
「それが革命だよ」
「革命は戦争みたいなもんだ 俺のはちがう」(ユーゴ・セナール)
「何だい」
「わかるまい」(ユーゴ・セナール)

 それが何なのか、どんなものなのかをユーゴ・セナールが語ることはありません。また、仲間のジョーやジャック(レナート・サルバトーリ、モーリス・バリエ)たちも、そこまで野暮なことは聞きません。
 もちろん、彼が言ったように、その内容は決して誰にも理解できるものでは無いのでしょうが、しかし、男としては本当に良く理解できる会話のやり取りでもあるのです。


 ところで、ジョゼ・ジョヴァンニ監督と製作者であったアラン・ドロンは、この作品にたいへん印象の強い3人の子どもたちを登場させています。
 シャンピニのマルヌ河の河岸で知り合う病気療養中の少年、
 農家の廃屋で資金を渡すときのロマ族の仲間たちの少年、
 そして、ユーゴ・セナール最愛の一人息子です。

 療養中の少年は原作には全く登場しませんので、映画化に当たって、わざわざ登場させたキャラクターだったようです。それだけ、この作品では重要な位置付けにあるように思います。

 もし、ふとしたきっかけでこのような少年と知り合うことがあって、彼との対話が成り立ったなら、男としては誰しもが、ユーゴ・セナールのように彼を励まし、生きる知恵を諭すような気がします。

 そして、友人・仲間たちの子どもに対しても彼と同じように一緒に遊び可愛がるでしょう。

 また、会社の人事異動で転勤することが決まり、一人単身で家族を置いて家を出るようなことになったなら・・・
 そして、そのとき、
「ぼくを連れてって」
と、息子から言われたなら・・・
 世の父親の誰しもが、きっとこのユーゴ・セナールと同じ面持ちで、息子との惜別の瞬間を持ち、新しい赴任地に旅立っていくのではないでしょうか?


 後に続く世代の子どもたちが存在すること。そのことを実感するのも、男としては、やはり、40歳を超えてからのような気がします。
 
 アラン・ドロンも若い頃から、尊敬していたジャン・ギャバンやバート・ランカスターを追い求め、自分を育ててくれたルネ・クレマンやルキノ・ヴィスコンティ、ジャン・ピエール・メルヴィル、ジョセフ・ロージー・・・たちに父性を求めながら、必死に生きる術を学んできたのでしょう。

【彼は父なるものを探し求めているのだが、同時にまた自分が強くなって他者を支配したい欲求もある。(ジョセフ・ロージー)】
【引用 『追放された魂の物語―映画監督ジョセフ・ロージー』ミシェル シマン著、中田秀夫・志水 賢訳、日本テレビ放送網、1996年】

追放された魂の物語―映画監督ジョセフ・ロージー

ミシェル シマン Michel Ciment 中田 秀夫 志水 賢日本テレビ放送網



 しかし、アラン・ドロンは自らがこの年齢にまでなったとき、後身の世代が存在していることに気づき、今度は自分が父性として、彼らに何を残せるのか、どのように叱咤し激励できるのかを意識するようになったとも思うのです。
 恐らく、彼は登場させた少年たちを通して、これからの未来のことを考えるようになり、従前から追求してきた「フレンチ・フィルム・ノワール」での「死の美学」、原作やシナリオでの死を全うする主人公に心酔できる役柄を拒否し、例え犯罪者ではあっても、哀しくて辛いことにも正面から闘いを挑む「男としての規範・・・父性としての生き方」を表現することを選択したのだと思います。
 また、ジョゼ・ジョバンニ監督もそれを理解したのだと思います。


 もう一人、印象深い人物が登場しています。
 ユーゴ・セナールと偶然に邂逅することになったポール・ムーリスが演ずるブルジョア強盗のヤン・キュックです。
 彼の高級マンションを訪れたユーゴ・セナールは、ブルジョアジーのその優雅な生活に目を見張ってしまいます。

 黄色いバスロープ、分厚いチキン、自家焙煎のコーヒー、写真入りの百科全書・・・。

「なんでももっているね」
 若干の羨望の思いから、ユーゴ・セナールはつい口走ってしまうのですが、

 しかし、老ギャング、ヤン・キュックは、静かにこう言います。
「ないものもある 残念ながら」

【(-略)“ル・ジタン”は銀行を襲って金を盗むが、彼自身のためではない。盗んだ金はすべて仲間のジプシーたちに渡してしまう。実生活でも、アラン・ドロンは“ル・ジタン”と同じように気前がよく、仲間意識が強い。友人と思う人間のためには骨身を惜しまずなんでもやる男です。】
【参考 キネマ旬報1976年1月新年特別号No.674(「ジョゼ・ジョヴァンニ映画と自己を語る LE GITAN特集 パリでのインタビュー」(山田浩一/白井佳夫)】

 ヤンは、恐らく、
 この少数民族のアウトローに、助けを必要としているギャング仲間、可愛い子どもや美しい妻、守るべき家族、ロマ族の良き仲間たち・・・が存在していること、つまりその背景に、掛け替えの無い素晴らしいものを持っていることを、無言のうちにすべて理解していたのだと思います。
 むしろ羨ましがっているのは自分の方であることを、最も良くわかっていたに違いありません。


 この作品が公開された時点、わたしがこの作品を観たのが、小学6年生のときでした。そして、現在、わたしは40歳台の半ばから後半に入ろうとしています。
 ですから、この作品に登場する少年たちの世代から、主人公のユーゴ・セナールやその仲間、ポール・ムーリスが演じたブルジョア強盗のヤン・キュックまでの世代の心情が、実に良く理解できるのです。今では、男としての心情が、ロマ族だろうが、銀行強盗だろうが・・・サラリーマンだろうが、もしかしたら、ブルジョアの強盗であっても、皆同じであることを実感してしまうのです。
 マルセル・ボズフィが演じたブロー警視やベルナール・ジロドーが演じたマルーユ刑事の心情も含めて・・・。

 この作品は、映画史的な意味では、ジョゼ・ジョバンニ監督とアラン・ドロンという「フレンチ・フィルム・ノワール」の典型的なコンビで制作され、アクションの素晴らしさもギャングの生態も実にリアルであり、高いクォリティで表現されている作品ですが、わたしとしては、家族のために、社会のために、もう一働きしようとしている男たちを励ましてくれる作品としても、多くの男性の心をつかむ作品、地味ではあっても十分な力を持った作品であるように思います。

 特に、家族を置いて新しい赴任地へ一人旅立つ中堅サラリーマンたちには、是非とも観てもらいたい作品として『ル・ジタン』を薦めたくなります。

 ロマ族のアウトローを演ずるため、アラン・ドロンは髭を生やし痩せこけていて、髪の毛は乱れたままの姿で出演しています。甘いマスクで多くの女性を魅了したダンディズムの極致としてのアラン・ドロンの面影はこの作品には存在していません。


【男は40歳になれば、自分の顔を持つものだと言われている。私は、そうありたいと努めている。】
【「ジタンの香り/アラン・ドロン」(訳 園山千晶)ライナー・ノーツより】

by Tom5k | 2011-01-10 00:15 | ル・ジタン(3) | Trackback(7) | Comments(14)

トラックバックURL : https://zidai.exblog.jp/tb/13956718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from プロフェッサー・オカピー.. at 2011-01-13 00:12
タイトル : 映画評「父よ」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2001年フランス映画 監督ジョゼ・ジョヴァンニ ネタバレあり... more
Tracked from 映画と暮らす、日々に暮らす。 at 2011-01-13 13:54
タイトル : 穴 ジャック・ベッケル
そのお国柄によってこんなにも作風が 違うのか!と思うほどの脱獄映画を 2本、観た。 1本目はあまりにも有名な「大脱走」! そしてもう1本が、きょうご紹介したい 1960年製 ...... more
Tracked from 映画と暮らす、日々に暮らす。 at 2011-01-13 14:24
タイトル : 父のこと・・・そして私
   30歳を越えたころの私の父と    横でブンブクレて座っているのは2・3歳くらいの私です。    父の枕元、すぐ手が届くところにいつも置いてありました。 ...... more
Tracked from 良い映画を褒める会。 at 2011-01-13 23:33
タイトル : 『狼男』(1941) 三大モンスター俳優のうちの一人、ロ..
 ドラキュラのベラ・ルゴシ、フランケンシュタインの怪物のボリス・カーロフと並ぶロン・チェイニーJrがスターとなるきっかけとなったこの作品。父親のロン・チェイニーに始まる親子二代に渡っての俳優一家です。... more
Tracked from ジュリアン サントラがい.. at 2011-01-16 21:49
タイトル : ディ〜ディディ、ラーラ〜… 『ル・ジタン』
 アラン・ドロンがジプシー、犯罪者、父親… またまたそれまでにはなかったタイプの役を演じた映画 この頃のドロンは、ビックリするような変化の連続 転換期やったんやろな こちとら中学生 ついていくの必死 新作『ル・ジタン』 雑誌で写真は見てた またドロン凄い格好やな ヒゲ生やしてるやん で、ラジオのCMで公開を知った ”ディ〜ディディ、ラーラ〜…” なんかインパクトあったな、この映画のテーマ 耳に残る、残る 映画観に行く前にサントラ盤買った 初めてサントラ盤という意味を知って買ったレコード第1号や...... more
Tracked from 寄り道カフェ at 2011-03-03 15:07
タイトル : 「穴」
LE TROU 1960年/フランス/124分 23日付けでジョゼ・ジョヴァンニ監督の「父よ」の感想をあげたら、やはりこの作品も観たくなり、マイシネマ・コーナーから、いそいそと取り出した。 ジョゼ・ジョヴァンニ原作・ジャック・ベッケル監督「穴(LE TROU)」 パリの14区にあるサンテ刑務所において、1947年に実際に起きた脱獄事件を描いた作品。そして、この脱獄事件の実行犯の一人が、小説家、脚本家であり監督としても活躍していたジョゼ・ジョヴァンニその人。彼は死刑の判決をうける...... more
Tracked from 寄り道カフェ at 2011-03-03 15:07
タイトル : 「父よ」
MON PERE IL MA SAUVE LA VIE MY FATHER SAVED MY LIFE 2001年/フランス/115分 22歳の若さで11年間の獄中生活を味わったジョゼ・ジョヴァンニ監督の、自伝的原作を、監督自らがメガホンをとった作品。 作品の最後に「父の孫たち、曾孫たちへ」という献辞があった。 父に対するジョゼ・ジョヴァンニの万感の思いが込められた作品だといえるだろう。けれど、決して思い入れの強い感傷的な作品ではなく、突き放した渋ささえ感じられる。父親役を演じた...... more
Commented by vivajiji at 2011-01-13 14:48 x
拙宅までTB・コメントありがとうございました。
ドロンに関連するトムさんの深い考察記事にはいつも感服です。
いつも感じていることですが、美男子の代名詞のようなドロンの
場合、確かに姿カタチが抜きん出て美しいから回りを押しのけて
目立った面と彼を用いてくれる当時の映画界の実力者たちの期待
を裏切らないドロンの演技への努力の積み重ねにはコウベを深く
垂れないわけにはいきません。ただ、私思うに美しい人の宿命
定めとしてのあざけりや嫉妬による中傷も
当然存在したでしょうに。
しかしドロンは結論的に「強かった」と私は痛感します。
だから「ほんもの」なのですね~。
つづきます。
Commented by vivajiji at 2011-01-13 14:49 x
すべてをさらしてナンボの芸能界、
すべてをさらすということはどこにも目があること・・・
考えられないほど多くの人々の中にいてもスターは孤独。
トムさんの記事拝読してますとうなづかざるを得ないのは
ドロンもやはり勉強家・努力の人、なんですよね~。
トムさんのような方がいらっしゃるおかげで
ドロン出演作を見るときの鑑賞眼に思わず力が入ります。

「父性」ということだけに目がとまりまして
一介の田舎育ち頑固男を全うしたわが父にまつわる思い出話記事
僭越かと思いましたがふと思い立ちまして持参しました。
寒過ぎる日が続きます。
お体に充分お気をつけになってお仕事頑張って下さい。
Commented by 用心棒 at 2011-01-13 23:31 x
 こんばんは!

 自分は40歳過ぎると諦めが7割と3割の希望がない交ぜになってきていますね。

 20代の頃は40代以上の人を見て、何故奥歯に物が挟まったような言い方しかしないのだろうかとか、動きをセーブしてばかりなのだろうかと思っていましたが、

 いざ自分がその年齢になってきたら、理由が分かる(笑)。
動けないし、目立ちたくもないし、平穏無事が一番となっています。ボギーのようなノワールの主人公たちは夜の闇の中でも、自分の運命を切り開いていくのが魅力的です。

 20代の頃に見た『マルタの鷹』と去年に見た『マルタの鷹』は違いました。気だるさや疲労感は昔は良く分かりませんでしたが、今は日々実感しています(笑)

 ではまた!
Commented by Tom5k at 2011-01-14 00:04
>姐さま、いらっしゃいませ。ようこそ。

>・・ドロンの場合・・・嫉妬による中傷も当然存在したでしょうに。
そうでしょうね。ドロン憎きの批評はよく眼にします。だからなのか?フランス映画の主流に乗れず、映画界でも疎外感を持ってたようですし、単なる二枚目になっちゃうとスター俳優としては、持てあます個性でしかなくなってしまうことに悩んでもいたようですね。だから、役作りには苦労していたようです。
ブロンソンのようなスターにはコンプレックスも強かったんじゃないかな?

>すべてをさらしてナンボの芸能界・・・スターは孤独。
たいへんな精神力が必要な世界だと思います。ファンとしては、その乗り切り方が、また凄いなあ、と思っちゃうんですがね。
>「父性」
おおっ、姐様のノンフィクションですね。これは下手な映画よりすごみがあります。そちらにお邪魔いたしますね。
では、また。
Commented by Tom5k at 2011-01-14 00:37
用心棒さん、こんばんは。
>40歳過ぎると・・・
いいえ、用心棒さん、まだあきらめてはいけない(笑)。
可能な限り、希望を持ちましょう。
とはいえ、
>動けないし、目立ちたくもないし、平穏無事が一番・・・
ほんとにそうですよね。
わたしも、きつい経験はもうしないにこしたことはない、何もそこまでして・・・なんて考えがちですよ。
わたしには目指している感覚、そして好きな言葉が、いくつかあるのですが、
「ピンチはチャンス」
「根性」
「人間の可能性は無限」
「ヒューマニズム」
「知性」
などなど・・・。
しかし、これらを全うしていくと、ボギーのようにノワールにならざるを得ないのでしょうかね?言葉としては、明朗なものばかりだと思っているのですが。
では、また。
Commented by オカピー at 2011-01-14 15:45 x
父親のリハビリが来月で5カ月を経過、現在の阿呆らしい法律により、半強制的に病院から出されることがほぼ決まっているので、介護老人保健施設を探しているところですが、ご案内のようにどこも満杯状態。昨日も出かけて参りましたが、既に待機中の方が数多くいらして父親の番がいつ回って来るか解りません。
そんなこんなで多忙で、現在一日一本一稿というのがぎりぎり、コメントを残すのが後回しになっております。すみません。

偶然にも父親の責任という話題ですので、この場を借りますと、父親は10年ほど前までは現役で頑張っておりました。
余り親孝行をしてこなかった僕は、10年ほど前に実家に戻り、結果として現在最低限の親孝行ができているのかなとは思っております。

続きます。
Commented by オカピー at 2011-01-14 15:46 x
翻って僕自身はと言えば、一番下の子が大学を卒業するまでに最低でも後7年、先年人間関係のもつれで会社を辞め最近は不労所得で誤魔化していますが、それも四半世紀働いてきて溜めたお金があるから出来る事なので、少しは胸を張っても良いのでしょう^^

映画の話ですが、当方のコメントでも申したように、ひげドロンは苦手で評価が辛口になる傾向があるようです(笑)。
その中では、世間の評価とは逆に、「仁義」よりこちらの「ル・ジタン」のほうを買っています。30年前に観たきりですので理由はよく思い出せませんが・・・。
Commented by Tom5k at 2011-01-15 19:32
>オカピーさん、こんばんは。
お父さまの件、心配ですね。介護施設も法律に追いついてないよなあ。それにしても、民主党の改造内閣には期待できるのでしょうかね?

>一日一本一稿・・
それってぎりぎりっていうか、凄くたくさんという印象なんですが。

よく言いますけれど、親孝行ってしておかないと後悔するって。わたしも極力心がけています。なんだか、小津の「東京物語」が観たくなってきます。
オカピーさんは、思春期のお子さんがいらっしゃるのですね。
シュエットさんもお孫さんの記事をアップされていらっしゃいましたが、日本の未来を少しでも明るいものするためには、彼らがすくすく育ってくれることを願うばかりです。

>四半世紀働いてきて溜めたお金・・・
ふ~む、相当稼ぎましたね(笑)。オカピーさんは、現役時代、相当のエリートだったと、にらんでいますが。

>ひげドロン・・「仁義」より「ル・ジタン」
わたしにはよくわかります。映画としては、明らかに「ル・ジタン」の作風はクラシックです。戦前のフランス映画といってもいい。メルヴィルとジョヴァンニの大きな違いはここでしょうね。
では、また。
Commented by mchouette at 2011-03-03 15:35
トムさん ご無沙汰です。
お邪魔するのが大変遅くなってごめんなさいね。ようやくアップする記事もアップし、観たい映画もとりあえずは見たところで、ようやく一段落。
TBくださった「穴」そしてジョヴァンニの監督としての遺作となった「父よ」を持ってきました。自分を死刑台から救ってくれたその時の父の年齢を通り越したジョヴァンニが万感の思いで撮った作品。
トムさんの記事読んでいると、またまた「ル・ジタン」を観たくなったわ。オカピーさんも評価されていることだし。私、それまでさほどドロンって意識してなかったのだけど、トムさん流ドロン評で、ドロン観る眼も変わってきたような…(笑)
Commented by mchouette at 2011-03-03 15:36
続きます。
息子が小さいとき、別段キャッチボールとかしてあげない夫に「遊んであげたら?」って言ったら、彼は「父親は息子に乗越えられる存在であったらいいんだ」って嘯いてたっけ。乗り越えたいと思うほどの存在でありたい。乗越えようとするほどの息子であって欲しい。父親が息子に託す男としての思いでもあるんだなって思った。
息子が小学2年生になったときからずっと単身赴任の我が夫。高校生ぐらいの時に、一時期、父親のことを話すとき「あの人」って呼んでいた時期があったの。知らん顔してたけどね。で、社会人になってまもなくの息子がある日ぽつりと言ったの「僕には父さんは大きすぎる」って。父と息子の関係ってどっかジレンマを道連れにしているんですねぇ。息子なりにもがいている部分があるんですね。
私はというと、この二人はどういう父と息子の関係になっていくんだろうなって、横目でワクワクしながら眺めております(笑)。ちょっと面白い素材でございます。あっ、それよりも老後は私とどんな風な関係になっていくんでしょうね。
Commented by mchouette at 2011-03-03 15:37
あともう少し。
トムさんの記事拝読していて、じっと観続けている互いに不器用な我が家の父と子の関係にふと思いを馳せました。
「ル・ジタン」観なければ!
これからもよろしくお願いしますね。
奈良のお水取りが始まったけどまだまだ寒いみたい。
ご自愛くださいね。
Commented by Tom5k at 2011-03-03 22:38
>シュエットさん、お元気そうでなによりです。
お孫さん育て一段落のブログ復帰、おめでとうございます。また、精力的なご活躍を期待しておりますよ。

ジョヴァンニ&ドロンは、全盛期を若干過ぎたあたりのアデル・プロダクション作品群のコンビといえましょう。これは、ジャック・ドレーやピエール・グラニエ・ドフェールなど、旧時代のカルネやデュヴィヴィエの助監督などの下積みから、ようやく第一線に出てきたクラシック映画技術者たちと、ほぼ同体系としてドロンと関わっていたように思いますが、彼らに比べて、ジョヴァンニは、もう少し作家的な演出家だったように思います。
>「ル・ジタン」
ドロンと父性のテーマは、後期ドロンの研究としては実に興味深いものです。これはギャバン、ランカスター、クレマン、ヴィスコンティ、メルヴィル、ロージー等々との彼の周辺の父性との関係においても顕著ですし、愛息アンソニーとの関係はもとより、マルコヴィッチ事件にまで及ぶ大研究になりそうです。
Commented by Tom5k at 2011-03-03 22:39
>続き
それはさておき、
>さほどドロンって意識してなかった・・・
そうでしょうね。
スター性にかくされたソーシャルなドロンは、世界中探しても、誰にも注目されていません(笑)。
ドロン世界で、もっともつまらなく、しかし、もっとも重要なところなのですが・・・。
今後の俳優史の再編に期待しているところです。

父親にとって、息子とは、娘とは、明らかに異なります。不憫で情けなく、男として醜く、しかし、純情に、また強く生きようとする我が息子への想いは、母親とはまた異なる視点で、実にせつないものです。
息子が、少しづつ強くなっていくときの歓びも本当にほっとするものかもしれません。
Commented by Tom5k at 2011-03-03 22:41
>続き
キャッチボールも、うまくできるようになることしか考えず、成績も少しでも上位に、ばくちなど遊び事もやれないと、酒づきあいも、女の扱いも・・・と常にレベルアップを望んでしまうのではないでしょうか?

>互いに不器用な我が家の父と子の関係・・・
てれますからね。そして、息子は父親を決して尊敬はしないものです。一人前になるための指標であるから尊敬なんてしてる暇ないのですよ。
また、父親は息子に簡単に乗り越えさせてもいけないんですよ。
社会は、そうやって進歩してきたんでしょうね。
ともあれ、ぜひぜひ「ル・ジタン」ご覧になってくださいませ。
死の美学から、ついに脱皮したドロン作品、いいですよお。
シュエットさんもお風邪など召さないよう、ご留意されてくださいね。
では、また。
名前
URL
削除用パスワード