人気ブログランキング |

『危険がいっぱい』①~上質のサスペンス~

 ドキュメンタリー作品の演出家であった履歴を持つルネ・クレマン監督は、イタリアの「ネオ・リアリズモ」や自国フランスの「詩(心理)的レアリスム」とも異なる独特の作風で「リアリズム」作品を創作し続けた演出家といわれています。
 実際にレジスタンス運動に携わっていた鉄道労働者たちを出演させた『鉄路の闘い』。ナチス・ドイツ潜水艦の中に閉じこめられた様子を人間ドラマとして描いた『海の牙』。そして、自然主義作家のエミール・ゾラ原作の『居酒屋』、歴史的名作である『禁じられた遊び』等々。
鉄路の闘い
/ ビデオメーカー





禁じられた遊び/海の牙
/ アイ・ヴィー・シー





 特筆すべきは、『居酒屋』での主演に人気スターのマリア・シェルを使ったことです。超一流のリアリズム作家が、芸術作品で一般受けするスター女優を使ったことも、独特の発想からのキャスティングであったようです。その影響を受けたのでしょうか?同様にイタリアの「ネオ・リアリズモ」のルキノ・ヴィスコンティ監督も翌年には、ドストエフスキー原作の『白夜』で彼女を使っています。そして、『太陽がいっぱい』で主演したアラン・ドロンの起用にしても、『若者のすべて』よりも先、その前年なのです。
 このように、映画としての芸術作品で「リアリズム」を追求したことも、「スター・システム」の要素をそのリアリズムに取り入れたことも、「ネオ・リアリズモ」の巨匠であったあのルキノ・ヴィスコンティよりも早く、それだけ先見の明に猛けていたといえましょう。

居酒屋
/ アイ・ヴィー・シー





ルキーノ・ヴィスコンティ DVD-BOX 3 3枚組 ( 郵便配達は二度ベルを鳴らす 完全版 / ベリッシマ / 白夜 )
/ 紀伊國屋書店




 更に、『太陽がいっぱい』のカメラに、当時は全く毛色の異なる「ヌーヴェル・ヴァーグ」のカメラマンであったアンリ・ドカエを起用するなど、ルネ・クレマンは、キャストやスタッフの選び方が自由奔放でありながら天才的です。
 また、『Z』『戒厳令』『背信の日々』の監督コスタ・ガブラスもこの作品や他のクレマンの作品の多くで助監督を努めており、わたしなどは、彼こそがルネ・クレマンの後継者であると思っています。このように、彼は演出家でありながら、周囲の人間を育てる教育力も素晴らしく、後の映画界の多方面で活躍する後身の多くを輩出しています。あのフランシス・コッポラも『パリは燃えているか』のスタッフの一人として、名を連ねていました。
背信の日々(字幕版) 特典用
/ ワーナー・ホーム・ビデオ





 ルネ・クレマンは、この作品でも素晴らしいスタッフを作り上げています。
 まず、音楽のラロ・シフリンです。シフリンはルネ・クレマン監督の大ファンだったことからプロデューサーのジャック・バールの口利きでこの作品を担当することになったといいます。有名な作品には『スパイ大作戦(ミッション・インポッシブル)』や『燃えよドラゴン』など、作品イメージを音楽表現することに長けている素晴らしい音楽家です。
 この作品でも、都会的でクールな印象のモダン・ジャズが全編に流されていて、モダンでセクシーな雰囲気により、一層上質なサスペンス作品にすることに成功しています。
ミッション:インポッシブル
TVサントラ ラロ・シフリン / ユニバーサルインターナショナル





燃えよドラゴン
サントラ / ワーナーミュージック・ジャパン





 マイルス・デイビスやバド・パウエルに師事していたジャズ・オルガニストのジミー・スミスのアルバム『ザ・キャット』は、映画のサウンド・トラックとは異なりますが、挿入曲である『危険がいっぱいのテーマ』と『ザ・キャット』が、ラロ・シフリンによる再アレンジで編集されています。映画と同様にバックアンサンブルの規模は大きいのですが、スミスのハモンドオルガンのキーボードとペダルのアドリブは正に独壇場で、スミスの他の作品と比べても、傑出した素晴らしいアルバムです。
 なお、その後、ドロンとスミスは親交を深め、仕事を超えた友人となっていったそうです。このアルバムの7曲目は、アラン・ドロンに捧げたオリジナル曲『ドロンのブルース』。
ザ・キャット
ジミー・スミス / ユニバーサルクラシック





 そして、衣装デザインはピエール・バルマン。彼は、パリのオートクチュールコレクションの全盛期の1950年代、クリスチャン・ディオールやバレンシアガにも引けををとらないトップクラスのデザイナーでした。日本でも皇后陛下の海外訪問の際の衣裳を担当した実績を持ちます。
 この作品でも、アラン・ドロンが肩パットを嫌って選び直した公用車運転用の制服、帽子、サングラスや偽電報を打つ場面でのジェーン・フォンダのスカーフ、そして、ウェストが引き締まっているフルスカートやなだらかな肩ごしなどの特徴からローラ・アルブライトやジェーン・フォンダが身につけている衣装や装飾品、ジェーン・フォンダがアラン・ドロンを誘惑しようとするときのドレスアップなど、すばらしい衣装等のデザインは全てバルマンだと思われます。

 カメラは、『太陽がいっぱい』以降、お気に入りのアンリ・ドカエです。わたしは、アラン・ドロンの代表作『太陽がいっぱい』や『サムライ』等の作品が高い評価を得られている要素の一つとして、彼の素晴らしい撮影テクニックに依っていることを忘れてはならないと思っています。
 この作品でも、

 ・バーバラのイヤリング
 ・マークの拭いているグラス
 ・メリンダの涙
 ・メリンダのドレスが冷蔵庫の光で透ける身体の線のシルエット
 ・メリンダやバーバラのアップのソフトフォーカス
 ・秘密の部屋の扉を開けたときの鏡の反射光
 ・バーバラを問いつめるときのマークの帽子の反射光
 ・マークが屋敷を探るときの懐中電灯
 ・ラストシーンのマークの苦悶の表情のアップと光のフラッシュバック

 など、光の反射等の光芒を実に効果的に映し出しています。当時のカメラ技術を考えると、採光の輝きを強調する露出効果は、クロス・フィルターを使用してのものでしょうか?いずれにしても、各場面のその瞬間瞬間の効果をストーリーの展開の中で捉えるセンス・技術は余程の才能が無ければ不可能であり、素晴らしいカメラ・テクニックとともに、クレマン監督作品としての完成度の一要素としては、彼の手腕に依ったところが大きかったと思います。

 デイ・キーンの原作(原題:「Joy House」)については、こちらに素敵な記事があります。
 武田さんのブログ『終日暖気』の記事「Joy House 1954」

 そして、キャスティングは、クレマン作品=アラン・ドロンです。
 それから、ハリウッドから父親ヘンリー・フォンダに反発して家出同然でヨーロッパに渡ってきたジェーン・フォンダ。クレマン監督は彼女を気に入っていて、この作品への出演を強く希望していたそうです。
 また、ローラ・オルブライトも大人の魅力満開です。

 それにしても素晴らしいスタッフとキャストです。そして、当然のことながら作品も第一級のサスペンス映画となっています。『太陽がいっぱい』とは、また異なり、シャープで切れ味の鋭い洗練された作風であり、アラン・ドロン、ジェーン・フォンダも、ローラ・アルブライトも最大限生かされていて、たいへん魅力的です。
 わたしは、ルネ・クレマンがサスペンス映画の演出家として、アメリカのヒッチコック、ヨーロッパのアンリ・ジョルジュ・クルーゾーと並ぶ高いレベルでの評価に値する力量は、十分に備えていたと思います。ただ、残念なのは作品が生み出された背景です。当時のフランス映画界は「ヌーヴェル・ヴァーグ」の勢いが強く、その中でクレマン&ドロンの作品をフランスの映画ファン達に注目させることは、難しかったようです。
定本 映画術―ヒッチコック・トリュフォー
フランソワ トリュフォー 山田 宏一 蓮實 重彦 / 晶文社





 わたしは、時代による不運が原因で、クレマン&ドロンの作品が、ゴダール&ベルモンド作品に劣る評価しか得られなかったことを思うと悔しくてなりません。しかし、彼らの作品の質の高さから推測すれば、今後、クレマンの演出、ドロンの演技が、更に再評価されてくることは間違いないと思われます。

 アラン・ドロンはいつもの彼らしく、エネルギッシュで頭の回転の早い青年役ですが、いかさまカード師の役柄でジゴロのような生活をしているドンファン役です。ジェーン・フォンダは一見、世間知らずの小娘の役柄ですが、最後には自分のことしか考えない小悪魔的な娘として、手段を選ばずに惚れた男を手に入れる女性の最も恐ろしい側面を上手く演じていました。
 このストーリーの最大の見せ場は、ジェーン・フォンダ演じるメリンダが、ドロン演じるマークの自由を奪って自分の手元に囲い込んでしまうラスト・シークエンスですが、冴え渡るクレマンの演出とジェーン・フォンダやアラン・ドロンの名演により、それまでの軽快で明るく、テンポのいい展開から、打って変わって、恐ろしい女の執念が果たされるエンディングとなっています。

 ルネ・クレマン監督にとって、アラン・ドロンは『太陽がいっぱい』や『生きる歓び』で使ってきた最愛の愛弟子であったし、ジェーン・フォンダは、父親ヘンリー・フォンダに反抗して、ひとりヨーロッパに渡ってきた淋しい気持ちも手伝っていたのでしょう。この作品の撮影中、ドロンにロミー・シュナイダーという婚約者が存在していたにも関わらず、彼に恋してしまっていた噂もあったそうです。
 当時のこの二人にとって、アラン・ドロンは特別の存在だったはずです。ルネ・クレマン監督もジェーン・フォンダも、当時、ハリウッドに渡って新天地を求めようと準備していたドロンに対して、作品中のメリンダという小悪魔的な主人公と同じような気持ちや想いを持っていたとしても不思議ではなかったような気がします。
 わたしにはどうしても、彼らがドロンを自分たちの手元に閉じこめておきたかったように見えてしまいます。そう考えると、この作品の素晴らしい出来映えが妙にリアルで、恐ろしい説得力を持ってくるのです。

by Tom5k | 2005-10-08 23:30 | 危険がいっぱい(2) | Trackback(7) | Comments(20)

トラックバックURL : https://zidai.exblog.jp/tb/1340418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2005-12-29 14:41
タイトル : <危険がいっぱい> 
1964年 フランス  監督 ルネ・クレマン 原作 デイ・キーン 脚本 ルネ・クレマン  パスカル・ジャルダン    チャールズ・ウィリアムズ 撮影 アンリ・ドカエ 音楽 ラロ・シフリン 出演 マルク:アラン・ドロン    メリンダ(ヒル夫人の姪):ジェーン・フォンダ    バーバラ・ヒル(アメリカ人富豪の未亡人):ローラ・アルブライト    ヴァンサン(秘密の部屋の住人):オリヴィエ・デスパ... more
Tracked from プロフェッサー・オカピー.. at 2005-12-29 15:28
タイトル : 映画評「危険がいっぱい」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 1964年フランス映画 監督ルネ・クレマン ネタバレあり... more
Tracked from 徳丸式映画放談 at 2005-12-31 01:21
タイトル : 危険がいっぱい
これはなかなかイイ作品ですねェ。なんと言ってもジェーン・フォンダがスバラシイ。最初は“ナゾの女性”として小悪魔的魅力を醸し出しておきながら、アランくん(あ、いたの?)と出会うことで徐々に歯車が狂っていき、最後にはゾッとするほどコワ~い悪女になってしまうとい..... more
Tracked from WAKOの日常 at 2006-01-09 21:28
タイトル : 危険がいっぱい(1964仏)
危険がいっぱい 「太陽がいっぱい」「生きる歓び」の4年後に再びルネ・クレマン/アラン・ドロンがコンビを組んで製作している。原題は「LE CRIME ET SES PLAISIRS(犯罪と快楽?)」であり、こちらは原作がなくルネ・クレマン他が脚本を手がけているため、日本語訳の段階でタイトルを工夫したと思われます。 この「危険がいっぱい」は時間的に後なのに、白黒フィルムです。人妻に手を出したために命を狙われNYからフランスへ逃げてきたマルク(アラン・ドロン)。未亡人の奥様と姪が暮らすお屋敷へ運...... more
Tracked from Cartouche at 2006-06-27 20:38
タイトル : *危険がいっぱい*
  ***STORY***             1964年  フランス マーク(アラン・ドロン)はいかさまカード師。あるホテルで休暇を過していたが、ある日、マークが ボスの妻に親切すぎたためとのことで、四人のアメリカのギャングに連れ去られた。。 だがマークはクルマごと岸から転落して上手く逃げのび、救世軍施設に逃げ込んだ。 それでも追ってくるギャングの追求を逃れるため、週2回ここを訪れ、食物を施すアメリカ未亡人 バーバラ(ローラ・アルブライト)の運転手として雇われ、別荘に住むようにな...... more
Tracked from 終日暖気 at 2007-03-11 23:24
タイトル : 危険がいっぱい
『LES FELINS』 1964年 フランス 久々に再見しました。ルネ・クレマン監督とドロンのコンビ作といえば、初めて見たのはTVで見た『太陽がいっぱい』でしたが、あれは小学生にはちょっと刺激が強すぎましたわ。 どこがって、あの鏡の向こうの虚像の自分にキスしたあとの眼が。 ギターを弾けよ、とマリー・ラフォレに迫る青い冷酷な眼が。 地中海の印象もこれで決まった感じです。(実際に見たら、え、色が違うよ〜なんて思ってしまいました。脳内BGMはもちろんニーノ・ロータで^^;) で、最初に...... more
Tracked from 終日暖気 at 2007-04-17 00:16
タイトル : THE CAT縲€1964
お世話になっている時代の情景のトムさまに教えていただいた、このCD。 まだか〜まだか〜と、首を伸ばしまくって待っていたのですけど、やっと届きました! うーん、長かっただけに嬉しさもひとしおです。 ジャケットがまたこーんな(↑)なのでニンマリ。 思わずうちの黒猫(D)に「どうどう?好き?」とか見せたりして。 お恥ずかしや、Jimmy Smithというオルガン・ジャズの第一人者のことを全く知らなかった私なのですけど・・。 ひじょうにパワフルかつ大人ですねえ。 押すだけじゃなくて、Fr...... more
Commented by オカピー at 2005-12-29 15:40 x
 TB&コメント、有難うございました。
 ルネ・クレマンは素晴らしいですね。基本的にタイトな作風で無駄がない。それは初期のドキュメンタリー・タッチの作風が晩年まで続いたということなのでしょう。彼のベスト5は、「太陽がいっぱい」「禁じられた遊び」「居酒屋」「海の牙」「しのび逢い」辺りと思います。
 アラン・ドロンもお好きなようですね。実は私も大好きで、演技者としてもっと評価されるべきと思っています。かつてアルセーヌ・ルパンに夢中になった私としては若い頃「黒いチューリップ」で颯爽としたところを披露した彼にルパンを演じてもらいたかったところです。「太陽がいっぱい」「冒険者たち」「若者のすべて」「サムライ」「山猫」あたりが贔屓作品です。
Commented by みのり at 2005-12-29 18:41 x
トムさん、TBありがとうございます。
トムさんの作品や背景についての専門的な鑑賞の仕方は、大変勉強になり、参考にさせていただきたいと思います。
私は子供の頃アラン・ドロン大好きでした。
それと、ラロ・シフリンが音楽を担当している映画は、それだけでも魅力的だと思ってしまいます。
ドロンとスミスが親交があったこと、「ドロンのブルース」がアラン・ドロンに捧げた曲とは知りませんでした。
レコードを持っているので(山小屋の方にあるのですが…)聞き直してみようと思います。
「ザ・キャット」については、友達の結婚式のお祝いに、ジミー・スミスの演奏のコピーを演奏した思い出がありますが、今考えると<危険がいっぱい>の挿入曲ということを考えると、あまり相応しくなかったかもしれません。
若い頃は、ジミー・スミスが好きで、よくコピーしていました。
Commented by Tom5k at 2005-12-29 21:11
オカピーさん
こちらこそTBとコメントありがとうございます。
オカピーさんの嗜好は、クレマンにしても、ドロンにしても王道ですね。
わたくしもドロンがアルセーヌ・ルパンを演じたらピッタリだと以前から思っていました。
彼は、娯楽作品でも文芸作品でもクラッシックキャラクターの非常によく似合う俳優だと思います。
例えば勧善懲悪の「怪傑ゾロ」「黒いチューリップ」、暗黒街を舞台にしたギャングや殺し屋などがよく似合います。
戦前のクラッシック映画を70年代に復活させた俳優なのではないでしょうか?
わたしが他に彼に演じさせたかったキャラクターは「吸血鬼ドラキュラ」です。
Commented by 徳丸虎龍 at 2005-12-31 01:44 x
初めまして〜。トムさんから徳丸のブログへコメント&TBを頂戴し、ウキウキしてこちらへ来ましたら…なんとまぁ、徳丸の駄ブログなんかとはまるで毛色の違う、高尚な内容に恐縮しまくりッス(汗)。とにかく、ものすごい情報量ですね。いろんな事が勉強できて感激です。ありがとうございました。
Commented by Tom5k at 2005-12-31 01:56
徳丸さん
とっても面白いブログ、わたしは、とってもお気に入りですよ。
おなかを抱えて笑いながら読ませていただいています。
これからも楽しい話題提供をお願いしますね。
Commented by wako at 2006-01-02 15:46 x
TB&コメントありがとうございました。
すごく詳細な解説をされていて、びっくりしました。特に撮影技法など
これを読んでもう一度観てみたくなりました。
Commented by Tom5k at 2006-01-04 00:25
wako さん
こちらこそありがとうございます。もし、再見しましたら感想を聞かせてください。
Commented by Cartouche at 2006-06-27 20:42 x
ほんとおっしゃるようにこれは、”太陽がいっぱい”やゴダールやヒッチコックの作品に比べると、有名ではなくとっても残念です。本当にこれはサスペンスとしても女性の心理を描いた作品としても、最高の出来だと思ってます。それにしても素晴らしい記事で、こちらは恥ずかしくなってしまいます。
Commented by Tom5k at 2006-06-27 21:37
>Cartouche さん
わたしはゴダール、トリュフォーやアラン・レネなどヌーヴェル・ヴァーグも好きなんですが、彼らは古い時代の素晴らしいものまで壊してしまったような気がしてなりません。特に『ルネ・クレマン&アラン・ドロン』は壊すべき映画史では絶対に無かったのだと思います。
そういう意味では、ゴダール&ドロンで制作した『ヌーヴェルヴァーグ』など映画史の前向きな再編だったと思い、わたしにとっては感動的な作品です。
Commented by 武田 at 2007-03-12 02:26 x
トムさま、こんばんは。またまたお邪魔させていただきます。
うわぁ、とっても勉強になります!!そうか、(ルネ・クレマンとアラン・ドロンのコンビの映画はどれもすごく面白いなあ♪)なんて呑気にしていたのですけど・・とても貴重なコンビだったのですね。
ジミー・スミスのアルバム、ぜひぜひ聞いてみたいので探してみます。
ほんと撮影も衣裳も素晴らしかったですね。すごく面白い作品なのに、映画批評の本などでもほとんど見かけないような気がします。
>彼らがドロンを自分たちの手元に閉じこめておきたかったように見えてしまいます。そう考えると、この作品の素晴らしい出来映えが妙にリアルで、恐ろしい説得力を持ってくるのです。
う・・、それは怖いですね!!そう思ってあのラストをもう一度思い浮かべるとなんともいえません。でも、いいラストですね。「生きる歓び」も見直したくなってしまいました。
ところでトムさま、拙宅から勝手にリンクさせていただいたのですが構いませんでしょうか。
Commented by Tom5k at 2007-03-12 21:08
武田さん、いらっしゃい。
アラン・ドロンと言えば、ルネ・クレマン、ルネ・クレマンと言えば、アラン・ドロン、黒澤・三船に匹敵するくらいのコンビと言っても良いと思います。でも、あんまり注目されてないんですよね。不思議なことに・・・。
きっと、『太陽がいっぱい』がどう再評価されてくるかで、今後まだ変わってくるものとは考えていますが・・・。
わたしは、『パリは燃えているか』が、とっても好きです。レジスタンス映画の集大成。これがハリウッド作品であることも、現在の仏・米の政治的関係を紐解くものとしても、貴重な一品だと思いますよ。
そして、フランス映画界のドキュメンタリストのルネ・クレマンが、同様のヌーヴェル・ヴァーグ左岸派に無視し続けられていることも、クレマン&ドロンの不遇に繋がっているように思います。とても残念なことです。

映画音楽といえば、サウンドトラック盤でしょうが、この作品だけは、ジミー・スミスの『ザ・キャット』のほうがいいです。ホントに素敵ですよ。

わあ、リンク貼っていただけるんですか、どうもありがとう。わたしもリンクさせていただきます。
では、また。
Commented by 徳丸虎龍 at 2007-03-12 23:20 x
トムさん、こんばんは。コチラへお邪魔するのはひさかたぶりですが、武田さんにウチの記事をご紹介していただいたそうで、ありがとうございました。
最近またアランくんの映画から遠ざかっていて寂しいので、そのうち何とか拝見しようと思います。
Commented by Tom5k at 2007-03-13 02:56
>徳丸さん、こんばんは。
『危険がいっぱい』で徳丸さんを思い出しちゃったので、武田さんにご紹介させていただきました。。
わたしはアランくんの作品も、相変わらずいつも観ているけれど、最近は溝口健二という監督の作品に凝っています。面白いよ。
では、また。
Commented at 2007-03-16 23:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 武田 at 2007-04-17 00:40 x
トムさま、こんばんは。
教えていただきました、『ザ・キャット』聴いています。いいですねえ。
今までジャズはピアノしか聴いたことがなかったのですけど、オルガンもすごいですね。ジミー・スミスの弾き方、何度も聴いているうちに細胞に気持ちよくはまり込んだ感じです。R&B、ロックの香り・・いろんな音楽が融合しているような自由さに惹かれました。素敵なアルバムを教えてくださって、ありがとうございます♪
Commented by Tom5k at 2007-04-17 21:33
>武田さん、いらっしゃい。
わあ、とうとう届いたんですね。わたしも今、メディア・プレーヤーで聴きながら、コメントを書いてます(笑)。
TBもありがとう。
有名なアルバムなので、わたしが推薦しなくても、どこかで情報を得られていたかもしれませんが、わたしが好きなアルバムだったので、気に入っていただいたことがうれしいです。
>R&B
ローリング・ストーンズ好きでした。ニューソウル時代のスティーヴィー・ワンダーの『迷信』や『悪夢』も大好きでした。
映画もそうなんですが、むかしの音楽のほうがセンスがよかったんじゃないでしょうか?それとも、わたしが時代について行けなくなってるのかなあ?(笑)
ではでは。
Commented by びあんこ at 2007-07-30 14:33 x
Tom5kさん、はじめまして。
豆酢さん宅から飛んできました、昨日「危険がいっぱい」を拝見し、フランス映画の醍醐味を味わいました。いままでこの映画を知らなかったなんて…。

音楽や撮影の御話もとても興味深かったです。勝手に拙宅でこちらの記事を紹介しました、URLを張っておきますのでご確認ください。
すてきな記事ばかりですねー、これからじっくり拝読いたします。
Commented by Tom5k at 2007-07-31 22:49
>びあんこさん
はじめまして、豆酢さんのブログの常連さんなのですね。よろしくお願いします。
『危険がいっぱい』は、アラン・ドロンを4作品も撮ったルネ・クレマン監督での主演作品ですので、わたしも思い入れが強いです。他の3作品も素晴らしいものばかりです。

記事をご紹介いただいて、たいへん光栄です。ありがとうございます。わたしのブログは、読みにくいかもしれませんが、ご興味を持っていただけたら、そんなにうれしいことはありません。コメントなど(ご批判も含めて)ご自由に残してください。
では、また。
Commented by びあんこ at 2007-08-05 08:46 x
トムさん、こんにちは。
拙宅にもコメントありがとうございます!
「危険がいっぱい」のおかげでアラン・ドロンに惚れ直しました、ちょいワルが似合いますよね。彼の主演作って実はあまり見ていないのです、これから色々と拝見するのが楽しみです。
では、今後ともよろしくお願いします。
Commented by tom5k at 2007-08-06 09:39
>びあんこさん、こんにちは。
他の作品をご覧になられましたら、教えてくださいね。
まだまだ、面白い作品がたくさんあるんですよ。
また、いつでも遊びにきてください。
では、また。
名前
URL
削除用パスワード