人気ブログランキング |

『テキサス』~優先したのはキャリアの選択ではなく、人生の選択~

 わたしの親の世代でのハリウッド作品の人気コメディ・コンビとして有名なのが、ディーン・マーティンとジェリー・ルイスとのコメディ・チーム「底抜けコンビ」です。わたしが小学生のころには、父や母がこのコンビのテレビ放映などがあると懐かしがって観ていました。

 ディーン・マーティンは、このコンビの解消後もサミー・デーヴィス・ジュニアらとともに、フランク・シナトラ一家の歌手として、また、ハリウッド映画第一線の主演級のスター俳優として活躍し、日本でも人気の高いスターでした。

 なお、一世を風靡した日本のコメディ・バンド、ザ・ドリフターズの志村けんも、このコンビの作品を観ていたそうです。恐らく、彼のコメディ・スタイルのどこかにジェリー・ルイスやディーン・マーティンのキャラクターが隠されているのでしょう。

 彼らは1946年から舞台レビューやテレビのバラエティなどで活躍し、1949年のパラマウント映画『My Friend Irma』から「底抜けコンビ」の名称で、いよいよ銀幕の世界でも親しまれるようになりました。このコンビの作品は、興行的にも大成功を修め、7年間の長期に渉って17本も製作された人気シリーズになっていきました。

 1956年『底抜けコンビのるかそるか』がコンビの最終作品ですが、わたしは小学生時代にテレビで放映されたものを観た記憶があります。それ以外にも『画家とモデル』や『底抜け西部へ行く』など、内容のほとんどは記憶に残っていないのですが、観たことだけは間違いなく記憶があります。

底抜けコンビ のるかそるか【字幕版】 [VHS]

CICビクター・ビデオ




 ユニバーサル映画『テキサス』は、マーティン&ルイスが、1956年に解散し、その10年後の1966年に製作された作品です。これは、パラマウント映画の作品ではないのですが、わたしはこの作品に「底抜けコンビ」の再生を見て取ってしまいました。

 また、ジェリー・ルイスはコンビ解消後も単独主演で「底抜け」シリーズを継承し、『テキサス』の製作年と同年の1966年に『底抜け替え玉戦術』を完成させています。

ジェリー・ルイス キング・オブ・コメディBOX [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



 ジェリー・ルイスは、かつての相棒だったディーン・マーティンと新コンビを組んだアラン・ドロンをどのように観ていたでしょう。わたしは『底抜け替え玉戦術』を観たことはないのですが、恐らくこの『テキサス』を意識しての撮影だったと察しています。

 アラン・ドロンは、この次に撮った『冒険者たち』でフランス映画界に復帰し、いよいよ映画スターとしての絶頂期を迎えていくことになりますが、ハリウッドでの最終作品がこの『テキサス』だったのです。
 もし、この『テキサス』が興行的な成功を納めていれば、もしかしたら『冒険者たち』も『サムライ』も『さらば友よ』も生み出されることはなかったかもしれません。
 その代わり、もしかしたら、ディーン・マーティンとのコンビ「マーティン&ドロン」が結成され、人気コメディ・コンビとして「新・底抜け」シリーズが生み出されていた可能性は否定できません。

 わたしは、この作品がアラン・ドロンとしても最後のハリウッドでの挑戦でありチャンスであったように思うのですが、興行的に不成功に終わってしまったことが、まず残念でなりません。

 しかし、アラン・ドロンは後年、自らのハリウッドでの生活を次のように語っています。

【>アメリカでキャリアを築こうとは思わなかったのですか?
>アラン・ドロン
それはキャリアの選択じゃなく、人生の選択だ。アメリカでは生活できない。死ぬほど退屈してしまったよ!パラマウントのお偉いさんのボブ・エヴァンスに住んでみろと言われたんだがね。
>契約を交わしてですか?
>アラン・ドロン
(-略)私はフランス語訛りが強い英語だし、ここは私の国じゃないし、自分はパリっ子で、あまりにラテン、イタリア的過ぎると・・・無理だよ。初めて渡米したのは64年で、息子が生まれたばかり、ラルフ・ネルソン監督の『泥棒を消せ』に出た。忘れっぽいMGMにラルフ・ネルソンとサム・ペキンパーの事を見つけさせてやったんだ・・・アメリカで仕事をした時は毎回、そこでもスターであることは沽券に関わることだと思っていた、ジャック・パランス、アン・マーグレット、ヴァン・ヘフリン共演の『泥棒を消せ』にせよ、シャリー・マクレーンと共演したアンソニー・アスキィス監督の『黄色いロールス・ロイス』にせよ、ディーン・マーチン、ジョー・ビショプ共演の『テキサス』にせよね。】
【引用(参考) takagiさんのブログ「Virginie Ledoyen et le cinema francais」の記事 2007/6/26 「回想するアラン・ドロン:その9(インタヴュー和訳)」

【>アラン・ドロン
(-略)『泥棒を消せ』では妊娠してた妻が出産するまで(撮影を)待っていてくれた、連中が言うように私が”クール”であるためにね。素晴らしい家も用意してくれていたんだ、でも3週間もすると、私はパリへ電話して、半べそかいて、鬱状態だった・・・その後すぐさまフランスへ戻って来てしまった。だからアメリカは私にとってキャリアの選択じゃなく人生の選択なんだ。行きつけのビストロや自分のパンが必要なんだ、世界一のスターにならないかと言われるよりも重要なことだよ。それでもスターとしてアメリカで6,7本の映画に出演した。成功したとは思わないよ。アメリカで成功を収めた欧州の人間は少ないよね。シュワルツェネッガー?彼は別だな・・・アメリカで成功したのは監督たちだ:ビリー・ワイルダー、ヒッチコック、ウィリアム・ワイラーやデイビット・リーン・・・】
【引用(参考) takagiさんのブログ「Virginie Ledoyen et le cinema francais」の記事 2007/6/27 「回想するアラン・ドロン:最終回(インタヴュー和訳)」


 彼は本国フランスは基より、イタリア映画への出演やアメリカ市場からの世界配給、日本、後に中国などアジア圏での人気が沸騰した国際的な人気スターであったのかもしれませんが、実は生粋のフランス人であり、キャリアにこだわることよりも、郷土にこだわって成功していったナショナリストであったのです。

 想えば、彼が若いころに主演した『若者のすべて』は、イタリア南部の農村地方ルカニアから大都会ミラノに移住してきた主人公の青年ロッコ・パロンディとその家族たちの悲しい物語でした。 
 そこでは、ルキノ・ヴィスコンティ監督が主人公の青年ロッコをアラン・ドロンに演じさせ、

「いつかは、今すぐにでないにしても、俺は故郷(くに)へ帰りたいんだ・・・でも帰れるかどうかはわからないが・・・。とても無理だろう。俺には・・・でも俺たちのうちのひとりは、故郷(くに)へ帰らなくちゃいけない・・・ルーカ、おまえかもしれない。
忘れるなよルーカ、あれが俺たちの故郷(くに)だ・・・オリーブの樹が繁り、月が明るすぎて気が変になるくらいの土地だ・・・虹の故郷(くに)だ。」

と話させています。
 実際のアラン・ドロンもハリウッドでの生活よりも自分の生まれ育った「故郷(くに)」フランスで多くの大傑作を量産していくキャリアと人生を選択しました。ですから、このセリフにわたしが感じ入ってしまうことは、アラン・ドロンの師でもあった名匠ルキノ・ヴィスコンティが彼の特性を、すでに見抜いていたこと、その先見性の見事さなのです。

 このことから考えれば、残念なことかもしれませんが、作品の成功・不成功という結果より以前に「マーティン&ドロン」シリーズが世に生まれ出る必然は、すでに無かったというのが正確なところなのかもしれません。

by Tom5k | 2010-09-19 02:09 | テキサス | Trackback(3) | Comments(6)

トラックバックURL : https://zidai.exblog.jp/tb/13251334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ジュリアン サントラがい.. at 2010-09-19 15:05
タイトル : #13 『パリは燃えているか』『テキサス』
『パリは燃えているか』(1965) 音楽…モーリス・ジャール 公開時あちこちの国でサントラLPリリースされてたよう なんせオールスター出演の超大作やし 1977年 <CBSソニー不滅のサントラ名盤シリーズ>の中の一枚として 突如サントラLPリリース! 収録曲 1.序曲 2.レジスタンス  a)レジスタンスの指揮者たち  b)寺院でのレジスタンス  c)パリ警察本部を奪回  d)射殺された学生たち  e)沈黙のパリ 3.パリは燃えているか(パリ・ワルツ) 4.パリの解放...... more
Tracked from プロフェッサー・オカピー.. at 2010-09-20 21:51
タイトル : 映画評「テキサス」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 1966年アメリカ映画 監督マイケル・ゴードン ネタバレあり... more
Tracked from 良い映画を褒める会。 at 2010-09-21 21:10
タイトル : 『オーシャンと11人の仲間』(1960)豪華なキャスト陣..
 ジョージ・クルーニー主演、その他にもブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、マット・デイモン、 アンディ・ガルシアら現在のハリウッド・スターたちがウジャウジャ出演し、結構話題になり、その後に続編『オーシャンズ12』まで作ってしまった『オーシャンズ11』のオリジナル版がこの『オーシャンと11人の仲間たち』です。 ... more
Commented by ジュリアン at 2010-09-19 15:05 x
失敗に終わったと言われてるドロンのアメリカ進出
あらためて作品を観直してみると結構いいんですよね
『テキサス』も普通に娯楽作品という観点で観れば結構愉快な
作品だし 『泥棒を消せ』なんて超Coolな作品でお気に入りの
一作になっております
『若者のすべて』からのセリフの引用 思わず唸ってしまいますね
Commented by Tom5k at 2010-09-19 22:08
>ジュリアンさん、早速の返信ありがとう。
愛する妻、息子、懐かしい故郷・・・。
ドロンがハリウッドで成功するには、才能やチャンスの前に 自分の環境やモチベーションなど、成功する要件が、あまりにも少なかったように思います。
やっぱりハングリーで、一度来た道はもう引き返せないという覚悟がないと・・・
自立心の旺盛な勝気なドロンにしては、彼のハリウッド時代は少し頼りない雰囲気です。
故郷が忘れられず、淋しがりや、でも最も欲しかった家族を得ていて、という環境・・・これでは、野心の持ちようがないですものね。
でも、ハリウッド時代の作品、素敵なものが多いです。ジュリアンさんと同じく、わたしも『泥棒を消せ』なんて、もう少し前か後に創られていたら、もっと当たっていた作品だと思っています。
いろんな意味でドロンのスター時代としてはスランプの時代ですね。
では、また。
Commented by オカピー at 2010-09-21 01:25 x
ディーン・マーティンとコンビを組むドロンが観たかったとは思いませんが、ジュリアンさんの仰るように愉快だし、この作品自体はなかなか観られる作品でした。

まあ、世間は重大なテーマを抱えた作品の方が、(出来栄えではなく)テーマ故に高く評価されるので、この手のお笑いはどうしても過小評価されますね。
尤も、同じ程度の出来栄えの二本なら、重大なテーマを扱った作品を推しますけど。

いずれにせよ、母国での出演作品の方がドロンの魅力的に捉えているのは確かなので、帰国して正解でしたね。
グレタ・ガルボやイングリッド・バーグマンの例はありますが、ドロンのシュワルツェネッガー云々の指摘は大体その通りでしょうね。
一応成功していると思われているジャッキー・チェンにしても、僕はバリウッドがチェンの魅力を真に理解しているとは思わないんですよ。CGやワイヤーを使うなどして、彼自身のアクションがこちらの期待ほど生かされていません。
Commented by 用心棒 at 2010-09-21 21:06 x
 こんばんは。
 アメリカでの成功というのは名声だったり、大邸宅を代表するような金銭だったりするのでしょうが、ドロンのベースは欧州でしょうし、ヨーロッパの映画に出演しているときの彼は周りの風景に溶け込んでいますし、活き活きしているように見えます。

 アメリカでの出演作品の興行成績が芳しくなかったのが残念ではありますが、彼の作品って、なんだかんだ言いながらもしょっちゅうBSやCSで放送されているわけで、それはニーズが根強いことの証明でしょうね。

 夏に録ったドロン作品なのですが、なかなか時間が取れず、見ることができていません。残念ですが、のんびり書いていければ幸いです。

 ではまた!
Commented by Tom5k at 2010-09-22 01:24
>オカピーさん、こんばんは。
>ディーン・マーティンとコンビを組むドロン・・・
悪くはなかったと思いますが、息がぴったりとは・・・。そういう意味でも、やはりベルモンドでしょうね。
この作品は良かったので、もう一本くらい連作で見たかった気がします。「エアポート80」でディーン・マーチンのシリーズ復帰なんておしゃれなキャストだと・・・。

>この手のお笑いはどうしても過小評価・・・。
みんながみんなチャップリンでは息が詰まりますよね。わたしはドリフターズなど高木ブーさんも含めて尊敬してますよ。

ドロンはフランスを機軸にしたことが成功だったんですね。しかも国際マーケットのスターとして位置づくことができたことを考えると上手に生きた人だと思います。
成功作とは言えずとも「スコルピオ」で自分なりにハリウッドで理解され、ブロンソンやランカスター、三船敏郎などと交友関係を築き、最大限に国際級の器で勝負していったことなど、「泥棒を消せ」から「テキサス」の頃の失敗に、ころんでもただで起きない・・・この「しぶとさ」も魅力です。
では、また
Commented by Tom5k at 2010-09-22 01:36
>用心棒さん、こんばんは。
>ドロンのベースは欧州・・・
ジャン・ギャバンやベルモンドがいたことは、いくら国際俳優でも頭から離れなかったでしょうね。帰仏語はヴァンチュラ、ルイ・マル、そしてメルヴィル、わざわざ全盛期を過ぎたデュヴィヴィエの作品に出演し・・・そしてギャバンやベルモンドと最共演・・・。
こりゃあ、フランス以外の何者でもない。
一部のジャーナリズムは、ドロンのフランスでの居場所を認めないような発言をして彼を挑発していたようですが、あのゴダールでさえ、後年ドロンはフランスが似合うと総括していたようです。

>夏に録ったドロン作品・・・
ゆっくり、マイペースで・・・気が向いたらで結構です。
では、また。
名前
URL
削除用パスワード