『Quand la Femme s'en Mele』~デビュー作品は「フレンチ・フィルム・ノワール」①~

 イヴ・アレグレ監督は、『世界の映画作家18 犯罪・暗黒映画の名手たち/ジョン・ヒューストン ドン・シーゲル ジャン・ピェール・メルヴィル』に、映画評論家の飯島正によって暗黒映画の映画作家として紹介されていました。
 飯島正氏は、シモーヌ・シニョレとベルナール・ブリエが出演した『デデという娼婦』(1947年)を初期の暗黒映画の代表作品として評価し、同じく、シモーヌ・シニョレとベルナール・ブリエ出演の『Maneges』(1950年)は、「ペシミズム・ノワル」と自分のノートに記していたそうです。イブ・アレグレは、その後、ノワール系の作風と異なる作品を撮った後、ジェラール・フィリップとミシェル・モルガンが出演し、実存主義哲学者ジャン・ポール・サルトル原作の『狂熱の孤独』(1953年)を制作し、再び「暗黒レアリスム」作品の制作に立ち返ったと総括し、この作品を頂点として、その後は不振におちいったと評しています。
【参考 『世界の映画作家18 犯罪・暗黒映画の名手たち/ジョン・ヒューストン ドン・シーゲル ジャン・ピェール・メルヴィル 「フランス暗黒映画の系譜 飯島正」』キネマ旬報社、1973年】

デデという娼婦 [DVD]

ジュネス企画



狂熱の孤独 《IVC BEST SELECTION》 ジェラール・フィリップ セレクション [DVD]

IVC,Ltd.(VC)(D)



 残念なことに、この批評によれば、まさにイブ・アレグレが不振に陥っていった4年後の作品であることになります。

 それはさておき、この『Quand la Femme s'en Mele』の原作は、ガリマール社のセリ・ノワール叢書で活躍していたジャン・アミラ著のセリ・ノワール小説『Sans attendre Godot』(1956年刊行)です。この作品の「フレンチ・フィルム・ノワール」としての要件は、まずここにあります。

 ところで、ヨーロッパの映画作品において、1950年代から1960年代にかけてのイタリアの「ネオ・レアリズモ」は、後年、ミケランジェロ・アントニオーニ監督の「内的ネオ・レアリズモ」への変遷やフェデリコ・フェリーニなどの台頭、フランスにおいては、「ヌーヴェル・ヴァーグ・」が席巻していく状況を迎えます。
 これらの映画作家、すなわち、この時代のヨーロッパでの映画作品が、物語・プロットを解体したアンチ・ドラマとしての構成を大きな特徴とするようになっていったことは映画史的な総括として現在に至っています。

 特に、フランス映画において、それは様々な試行錯誤がなされていた時代であったようにも思います。
 また、それは、「ヌーヴェル・ヴァーグ」より以前の旧時代の映画作家たちの作風にも大きく影響を与えていたように私は思っています。ルネ・クレマン監督においては、「ヌーヴォ・ロマン」の代表的作家マルグリット・デュラス原作の『海の壁』(1958年)の映画化、『太陽がいっぱい』(1959年)のスタッフ・キャストの選び方などにそれは表れていますし、更に戦前の「詩(心理)的レアリスム」の代表的演出家のマルセル・カルネ監督でさえ、『危険な曲り角』(1958年)の主題曲に、アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズのモダン・ジャズを使用しました。

殺られる/危険な曲り角 ― オリジナル・サウンドトラック

サントラ / マーキュリー・ミュージックエンタテインメント



 そして、この作品のイブ・アレグレ監督は、「フレンチ・フィルム・ノワール」作品を手掛けていたとは言え、「詩(心理)的レアリスム」の系譜を引き継つぐ演出家でした。
 代表作品である『狂熱の孤独』もジャン・ポール・サルトルが原作者であり、当然、アンチ・ドラマの特徴から、この時代の新しい映画においての作風に合致するものであったわけです。しかしながら、この作品では、従前から「ヌーヴェル・ヴァーグ」の諸作家たちに徹底的に批判されていたピエール・ボストとジャン・オーランシュがシナリオを担当しました。

 そもそも、「フレンチ・フィルム・ノワール」の映画体系において、『現金に手を出すな』(1954年)や『穴』(1960年)が代表作品であるジャック・ベッケルは、「ヌーヴェル・ヴァーグ」の映画作家たちに敬愛されていましたし、その作風を引き継いでいった経緯を持つジャン・ピエール・メルヴィルも、同様に「ヌーヴェル・ヴァーグ」の先行者として作家主義を全うしていった映画監督でした。これらのことは、既に、現在、フランス映画史における一般的な総括として定着しています。

現金に手を出すな Blu-ray

IVC,Ltd.(VC)(D)



穴 LE TROU Blu-ray

IVC,Ltd.(VC)(D)



 しかしながら、この「フレンチ・フィルム・ノワール」作品である『Quand la Femme s'en Mele』の脚本を担当したのが、「ヌーヴェル・ヴァーグ」の映画作家たちから批判の矢面に立たされていた「詩(心理)的レアリスム」の巨匠ジャック・フェデール監督の脚本を書き続けたシャルル・スパークだったのです。

 このように考えたとき、1950年代後半の混沌としたフランス映画界に私は大きな矛盾を感じてしまうのです。

 さて、この作品のキャストですが、当時のフランス映画においては、そうそうたるメンバーをキャスティングしています。

 主人公フェリックスの前妻メーヌは、大女優エドウィジュ・フィエールが演じています。彼女は、フランスでの目覚ましい活躍ぶりに比して、日本での知名度は大きくはありませんでしたが、その経歴から半端な女優でなかったことがわかります。
 彼女は、コンセルバトワールの文教部門、フランス国立高等演劇学校の出身で、卒業後1931年コメディ・フランセーズに入座し、エドウィジュ・フィエールと名乗るようになりました。アレクサンドル・デュマ・フィス(小デュマ)原作の『椿姫』は彼女の十八番であったそうですが、主人公のマルグリットは、19世紀「ベル・エポック」の時代には、サラ・ベルナールのような歴史的大女優が演じた役柄でした。その大役を、戦中・戦後にかけて、エドウィジュ・フィエール以外に手を出す女優はいなかったそうなのです。

椿姫 (新潮文庫)

デュマ・フィス / 新潮社



サラ・ベルナールを見た: パリの世紀末、 ベル・エポックの 伝説的女優の目撃録

菊池 幽芳 /



 映画では、ジュリアン・デュヴィヴィ監督『ゴルゴダの丘』(1935年)、ジョルジュ・ランバン監督、ジェラール・フィリップ出演『白痴』(1945年)、ジャン・ドラノワ監督、ジャン・ルイ・バロー出演『しのび泣き』(1945年)、ジャン・コクトー監督、ジャン・マレエ出演『双頭の鷲』(1947年)、クロード・オータン・ララ監督『青い麦』(1953年)、同監督、ジャン・ギャバン、ブリジット・バルドー出演『可愛い悪魔』(1958年)などの作品に出演し活躍しましたが、この時代の映画界において大女優だったことは監督、共演者から容易に理解できます。

ゴルゴダの丘 CCP-206 [DVD]

株式会社コスミック出版



白痴 [DVD]

ジュネス企画



しのび泣き [DVD]

アイ・ヴィ・シー



双頭の鷲

ビデオメーカー



青い麦 (トールケース) [DVD]

アイ・ヴィー・シー



 マフィアのボス、ゴドーを演じているジャン・セルヴェは、ルネ・クレマン監督『ガラスの城』(1950年)でミシェル・モルガン、ジャン・マレーと共演、同年、アラン・レネ監督の短編ドキュメンタリー『ゴーギャン』(1950年)では、ナレーションを務めました。ジャック・ベッケル監督『エストラパード街』(1952年)、そして、「フレンチ・フィルム・ノワール」史においても重要な位置を占めているオーギュスト・ル・ブルトン原作、ジュールス・ダッシン監督『男の争い』(1955年)で主演したギャングのボス役が最も有名です。
 また、フィリップ・ド・ブロカ監督『リオの男』(1964年)で、ジャン・ポール・ベルモンドと共演し、『名誉と栄光のためでなく』(1965年)で、再びアラン・ドロンと共演します。

ガラスの城 [DVD]

ジュネス企画



男の争い

紀伊國屋書店



リオの男 [Blu-ray]

ポニーキャニオン



 郵便局員フェリックスを演じているベルナール・ブリエは、マルセル・カルネ監督の戦前の代表作品『北ホテル』(1938年)やクリスチャン・ジャック監督の『幻想交響曲』(1942年)など、典型的な「詩(心理)的レアリスム」の作品に出演していた俳優です。
 イブ・アレグレ監督の作品では、前述した『デデという娼婦』(1947年)、『Maneges』(1950年) があります。
 ジャン・ギャバンとの共演も多く、ジョルジュ・ランパン監督『罪と罰』(1956年)、ジャン・ポール・ル・シャノワ監督『レ・ミゼラブル』(1957年)、ジル・グランジェ監督『Archimede,le clochard』(1958年)や、セリ・ノワール叢書でも有名なアルベール・シモナン原作、ジル・グランジェ監督『Le cave se rebiffe』(1961年) など、「文芸作品」から「フレンチ・フィルム・ノワール」までジャンルを問わず共演しました。

 前述のイブ・アレグレ監督作品やジャン・ギャバンとの共演作品以外での「フレンチ・フィルム・ノワール」への出演作品には、アンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督『犯罪河岸』(1947年)、アンリ・ドコアン監督、フランソワーズ・アルヌール主演『女猫』(1958年)、アンリ・ヴェルヌイユ監督、ジャン=ポール・ベルモンド、リノ・ヴァンチュラ出演『太陽の下の10万ドル』(1964年)、ジョルジュ・ロートネル監督、ミレーユ・ダルク、ミシェル・コンスタンタン出演『狼どもの報酬』(1972年)などがあります。

 永きに渉って「フレンチ・フィルム・ノワール」の俳優として、フランス映画に貢献した俳優でした。また、彼の長男のベルトラン・ブリエは、シネマ=ヴェリテ(映画=真実)の映画作家として鮮烈にデビューし、フランス映画界を牽引している映画作家です。なお、ベルトラン・ブリエ監督の『Notre histoire』(1984年)に出演したアラン・ドロンは、この作品でセザール賞男優賞を授賞しています。

北ホテル

アイ・ヴィー・シー



レ・ミゼラブルニューマスター版DVD ジャン・ギャバン主演

IVC,Ltd.(VC)(D)



archimede - le clochard



Le Cave Se Rebiffe [DVD] [Import]

Jean Gabin / Imports



犯罪河岸

ビデオメーカー



女猫 [DVD]

ハピネット・ピーエム



太陽の下の10万ドル [DVD]

ハピネット・ピクチャーズ



TAKE IT EASY ITS A WALTZ  / 狼どもの報酬 輸入版DVD[ PAL, Reg.2 Import ] [DVD]



 フェリックスとメーヌの娘コレットを演じたソフィー・ドーミエは、ジャン・ポール・ベルモンド、ジェラルディン・チャップリンと共演したジャック・ドレー監督『ある晴れた朝突然に』(1964年)、ジュリアーノ・ジェンマと共演した『さいはての用心棒』(1967年)などが有名です。ジャン・クロード・ブリアリが出演している『Carambolages』(1969年)にも出演していますが、この作品にはアラン・ドロンも出演していたそうです。

さいはての用心棒 [DVD]

ARC



Carambolages



 また、彼女は歌手としても活躍していたそうです。
 【60年代フレンチ・ポップスのサイト「April Dancer」ソフィー・ドーミエ PROFILE】

 全編を通じて登場する刑事には、ピエール・モンディが扮しています。
 彼は、『ヘッドライト』(1956年)で、ジャン・ギャバンと共演した若いトラックの運転手が印象深い役柄でした。アラン・ドロンとは、『お嬢さんお手やわらかに!』(1958年)や『学生たちの道』(1959年)で共演しています。私が強く印象に残っている作品は、アラン・ドロン製作・監督・主演の『Le Battant』(1983年)での刑事役です。彼はこの作品で、主演のアラン・ドロンに付きまとって、口汚く嘲罵を浴びせるサディスティックな刑事を演じています。ここでのピエール・モンディは、まるで、『太陽がいっぱい』(1959年)でのフィリップや『太陽が知っている』(1968年)でハリーを演じたモーリス・ロネのようでした。

ヘッドライト HDリマスター版 ジャン・ギャバン/フランソワーズ・アルヌール [DVD]

株式会社アネック



 そして、アラン・ドロンと同世代のブリューノ・クレメールも、この作品がデビューとなりました。
 日本では、ジョゼ・ジョヴァンニ監督の『父よ』(2001年)や1991年~2005年にテレビシリーズとなった『メグレ警視』が有名です。アラン・ドロンも出演しているルネ・クレマン監督の『パリは燃えているか』(1966年)には、ド・ゴール派ではなく、フランス共産党が主導するFFI(フランス国内軍)のレンジスタンスの闘士アンリ・ロル=タンギー大佐として出演していました。

父よ

ブリュノ・クレメール / ジーダス



メグレ警視 DVD-BOX 1

アイ・ヴィ・シー




 アラン・ドロンが、後に「フレンチ・フィルム・ノワール」で自己のキャラクターを確立することになるのは、10年後の『サムライ』(1967年)でしたが、旧時代のイブ・アレグレ監督の作品で、多くの「フレンチ・フィルム・ノワール」作品で活躍していたジャン・セルヴェ、ベルナール・ブリエと共演したこの典型的な作品がデビュー作品であることは、彼の将来を既に暗示していたと言えましょう。

 それにしても、この『Quand la Femme s'en Mele』が、日本で劇場公開されなかったことはとても残念です。旧時代的な作風であったことや日本で人気の高いスター俳優が出演していなかったとは思いますが、ストーリーも面白く、映像もノワールのムードが満載ですし、出演者は地味ではあっても若手・ベテランともに素敵な俳優ばかりですから、製作年より遅れてでも日本公開してほしかった作品です。

 アラン・ドロンは、この作品で、主人公のゴドーのボディガードのジョーを演じました。主演ではないものの随分と出番も多く、ストーリー・プロットの上でも重要な役柄を演じています。

 映画は、4人でカードをしているシーンでのタイトルバックと軽快でジャジーなテーマ曲から始まり、ジャン・セルヴェが演ずるゴドーがカード仲間と口論になるシークエンスから展開していきます。
 ゴドーはナイトクラブのオーナーですが、夜の世界では顔役のようで、エドウィジュ・フィエール演ずるメーヌと愛人関係にあります。そんなおり、メーヌの元に、フランス南東部グルノーブルに居るベルナール・ブリエが演ずる前夫の郵便局員フェリックスから電話が入ります。彼は、ソフィー・ドーミエが演ずる娘コレットとともに、パリを訪れる予定であるとのことでした。

 アラン・ドロンの初登場は、ゴドーとジャン・ルフェーブル演ずるフレッドの3人が打ち合わせをしているシーンでした。
 彼は、このとき22歳です。映画ではマフィアのボディガードを演じているわりには、育ちの良さそうな無垢で純情な青年に見えます。それにしても、この時点では、彼がその後フランスやイタリアの巨匠たちに寵愛され、時代の寵児として、あれほど大きく飛躍することになるとは誰にも想像できなかったことだと思います。

 駅に出迎えに言ったメーヌは、冒頭のカードのシークエンスでゴドーと揉めていた2人にからまれますが、ゴドーとジョーが駆けつけ助けに入ります。

 この乱闘シーンは、私にはたいへん印象的でした。ゴドーとジョーが相手を一撃で殴り倒すのですが、こういった静かなアクション・シーンは、現在の映画では、もっと派手なパフォーマンスとして表現されることが多いでしょうから、今ではもう見られなくなってしまった古典的で貴重なショットだと思います。

【<『Quand la Femme s'en Mele』~デビュー作品は「フレンチ・フィルム・ノワール」②~>に続く】
[PR]

# by Tom5k | 2016-12-23 01:58 | Quand la Femme s'en | Trackback | Comments(0)

『さすらいの狼』~「フレンチ・フィルム・ノワール」の「アラン・ドロン」の原型~

 「フレンチ・フィルム・ノワール」の大スターとして名を馳せたアラン・ドロンは、ジャン・ピエール・メルヴィル監督で撮った『サムライ』が、その原点であり代表作品ですが、この作品に至るまでの間に、何本のいわゆる「フィルム・ノワール」の系統に属する作品に出演していたでしょうか?

 実はデビュー作品である『QUAND LA FEMME S'EN MELE』が、「フレンチ・フィルム・ノワール」の系譜における第一人者のイブ・アレグレ監督の作品でした。これは、日本未公開の作品ですが、アラン・ドロンは、主人公に殺害を命じられる若い犯罪組織のボディガードを演じています。主演とはいえない登場人物だったようですが、既にデビュー作品で未来の「アラン・ドロン」の原型に巡り会っていたことは因縁めいていて不思議ですし、強く好奇心が喚起されます。

 そして、デビューしてから、5年後、既に彼はこの時期、ルネ・クレマン、ルキノ・ヴィスコンティ、ミケランジェロ・アントニオーニ、ジュリアン・デュヴィヴィエの作品に連続して出演し、スター街道を疾走していたわけですが、いよいよアンリ・ヴェルヌイユ監督の『地下室のメロディー』で、ジャン・ギャバンと共演することになります。
 彼が、いわゆる「フレンチ・フィルム・ノワール」作品に「主演」したのは、この作品が初めてでした。
 そして、その2年後の1964年、アメリカ資本のメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)による『さすらいの狼』と『泥棒を消せ』の2本のノワール系の作品に出演します。『泥棒を消せ』は、ラルフ・ネルソン監督が演出した純粋なアメリカ映画でしたが、『さすらいの狼』は、ジャック・パールがプロデュースしたアメリカ資本と、アラン・ドロンが自ら設立したデルボー・プロダクションの提携作品であり、スタッフ、キャスト、脚本、舞台設定など、基本的にフランス映画として認識できる作品です。

 アラン・ドロンのファンとしては常識ですが、この『さすらいの狼』以降、『テキサス』(1966年)までのアメリカ映画に出演し続けた期間に、彼はスター俳優として大きなスランプの期間を迎えます。
 この『さすらいの狼』も、決して成功した作品ではありませんが、その失敗にもそれ相応の理由があったようです。
【結婚の年、六四年に、ドロンは自分のマネージャー、ジュルジュ・ボームと組んでデルボー・プロダクションを設立する。俳優業だけに飽き足らず、映画製作に乗り出したわけだ。これは二年前の『地下室のメロディー』の頃から考えていた夢だった。ところが若い監督アラン・カバリエを起用しての第一作『さすらいの狼』が、アルジェリア戦争を扱っていることから検閲で禁止処分となってしまう。プロダクションとしては出鼻をくじかれるだけでなく、作品ができ上がっても封切ることができないで財政的にも大きな痛手をこうむるのだった。当時のフランスはアルジェリア戦争についてはまだ神経をとがらせていたのでこういう処分になったのだ。この作品は後に検閲解除となって公開されるけれども、結局さんたんたる成績に終わってしまう。】
【引用 『孤独がぼくの友だち アラン・ドロン』 ユミ・ゴヴァース著 新書館(1975年)】

 そして、アメリカでの失敗の後に、彼はフランス映画に復帰し、立ち直っていくのですが、帰仏後の3作品目に、「フレンチ・フィルム・ノワール」独自のキャラクターを美学にまで高めて創出した代表作品『サムライ』に巡り合います。
 銀幕デビュー以降、この『サムライ』まで、彼が出演した作品は24本ありますが、意外なことに、いわゆる「フィルム・ノワール」の系統に属する作品は、前述したように、たったの4本しかありません。逆に考えれば、この4本の作品に人気全盛期を迎えるための基本的な「アラン・ドロン」の原型が型取られていったとも考えられますし、そのエッセンスの全てが詰まっていると捉えることも可能なようにも思います。

 それにしても、アラン・ドロンが製作・主演した作品を丁寧に観賞していくと、そもそも、現在、一般化している「フレンチ・フィルム・ノワール」の映画史的定義が、本当に正確な史観なのかと懐疑する必要があると私は考えざるを得なくなります。

 「フィルム・ノワール」の一般的な定義は、1945年にパリのガリマール社から発刊された犯罪推理小説叢書「セリ・ノワール」に基づいたハリウッドのハードボイルド小説を原作としたアメリカ映画に対して、フランスの映画評論家ニーノ・フランクが映画雑誌『レクラン・フランセ』(1946年8月号)で用いた用語でした。
 そして、現在では、フランス製の「フィルム・ノワール」の創始者は、ジャン・ギャバンが主演した『現金に手を出すな』(1954年)を演出したジャック・ベッケルであるというのが定説になっていますし、アンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督のアンドレ・ステーマン原作の作品がその先駆けだったと考えられているようです。【「2006-07-09 16:56付け『シシリアン』①~「フレンチ・フィルム・ノワール」の変遷~」の記事】
【参考 『フランス映画史の誘惑』(中条省平著、集英社(集英社新書)、2003年)】

現金に手を出すな Blu-ray

IVC,Ltd.(VC)(D)



犯人は21番に住む -デジタルリマスター版- [Blu-ray]

ポニーキャニオン



密告≪初DVD化≫【ユニバーサル・セレクション1500円キャンペーン/2009年第5弾:初回生産限定】

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン



犯罪河岸

ビデオメーカー



フランス映画史の誘惑

中条 省平集英社



 しかしながら、戦前の映画批評を紐解いていくと、既に「暗黒映画」という名称を使って評論を行っていた事実も少なからずあるようなのです。
 フランスの作家・脚本家・劇作家のジャン・マリ・リュシアン・ピエール・アヌイは、自分の戯曲をテーマによって、「バラ色戯曲(Pièces roses)」と「黒色戯曲(Pièces noires)」に分類していましたし、パリで週刊行されていた『ル・カナール・アンシェネ』の映画コラムに、脚本家ミシェル・デュランが、ジャン・ギャバンが主演した2作品、ジャン・ルノワール監督の『獣人』(1938年)と、マルセル・カルネ監督の『Le Jour se lève』(1939年)をジャンルとしての「Film noir(暗黒映画)」とした批評を行っていたそうなのです。
【参考 『世界の映画作家18 犯罪・暗黒映画の名手たち/ジョン・ヒューストン ドン・シーゲル ジャン・ピェール・メルヴィル 「フランス暗黒映画の系譜 飯島正」』キネマ旬報社、1973年】

 このようなことから、「フレンチ・フィルム・ノワール」の系譜が、突然、1954年に『現金に手を出すな』によって出現したわけでもないですし、その前史として位置づけられているアンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督のアンドレ・ステーマン原作の作品のみが先駆けだったとだけ考えることが、私には、どうしても納得に至らないのです。
 つまり、1945年にパリのガリマール社から発刊された犯罪推理小説叢書「セリ・ノワール」の在り方のみを基軸にした定説に、私は異を唱えたいわけです。

 さて、ミシェル・デュランの言説にもあるように、「フレンチ・フィルム・ノワール」の立役者であったジャン・ギャバンは、戦前のフランス映画でヒーロー像を演じ続け、世界的なスターであったことは言わずもがなですし、1930年代から1940年代にかけての彼はそのキャラクターで、追い詰められて死に至る脱走兵や脱獄犯などの逃亡者を最も得意として人気を博していたヒーローでした。

 そのような意味では、戦前から永きに渉って多くの彼の作品の演出を手掛けたジュリアン・デュヴィヴィエ監督が、ジャン・ギャバンを決定的な「ノワール」系のキャラクターとして位置づけていった演出家だったわけですが、特に、スペイン外人部隊の脱走兵を演じた『地の果てを行く』(1935年)、官憲の捜査からアルジェリアのカスバに身を隠し潜伏している犯罪集団のボス、ぺぺ・ル・モコを演じた『望郷』(1936年)などが、その典型となった作品です。このコンビは、第二次世界大戦中に亡命先のハリウッドにおいてさえ、ナチスの刑務所から脱走する兵士を主役とする『逃亡者』(1943年)を撮ったほど、追われる男の死の美学をテーマにした作品を定番としていました。

 マルセル・カルネ監督の『霧の波止場』(1938年)でも、ジャン・ギャバンは脱走兵として追い詰められた男を演じましたし、第二次世界大戦後も、デビュー作品『鉄路の闘い』(1946年)で、いきなりカンヌ映画祭でパルムドールを授賞した新進気鋭のルネ・クレマン監督の第3作目の『鉄格子の彼方』(1948年)に出演したときも、情婦を殺害して警察から逃げ回っている犯罪者を演じました。この作品は、1949年にカンヌ国際映画祭でルネ・クレマンが監督賞、イザ・ミランダが女優賞を受賞、1951年にはアメリカでもアカデミー外国語映画賞名誉賞にエントリーされるほどのアカデミックな名作品です。

 わたしは、前述した『獣人』や『Le Jour se lève』と同様に、これらの作品も「Film noir」と位置付けることに全く抵抗がないのです。『さらば友よ』~「詩(心理)的レアリスム」から新しい「フレンチ・フィルム・ノワール」へ~

フランス映画 ジャン・ギャバン の世界 フィルムノワール映像 の頂点 DVD10枚組 ACC-086

株式会社コスミック出版



鉄格子の彼方 [DVD]

ジュネス企画



 『さすらいの狼』の舞台は、フランス占領下で戦争中のアルジェリアです。アラン・ドロンは、この戦線で外人部隊の兵士として登場します(フランス外人部隊の3割は自国民の志願兵だそうです。なお、アラン・ドロンはこの作品でルクセンブルグ公国の農村出身者として登場しています。)。
 そして、ジャン・ギャバンの代表作品『望郷』で、主人公ペペ・ル・モコが潜伏していたカスバは、アルジェリアの首都アルジェの旧市街の一画でしたし、『地の果てを行く』では、彼はスペイン外人部隊の脱走兵を演じていました。

 『さすらいの狼』で、レア・マッサリが演じる女性の弁護士ドミニクはアルジェリア独立運動の指導者の顧問弁護士であったため、誘拐、監禁されることになるのですが、アラン・ドロン演ずるトーマは、フランス共和国側の治安のための政治結社に高額で雇われ、所属していた外人部隊を脱走し、彼女の誘拐、監禁に一役買うことになります。
 監禁されたドミニクに魅かれたトーマは彼女を脱走させます。結局、トーマは、フランス軍から脱走して逃亡兵となったばかりでなく、裏切り者として政治結社からも追われていくことになってしまいます。また、彼はドミニクを監禁場所から脱走させるときに撃たれた傷が逃走中に悪化し死を迎えることになるのです。

 ジャン・ギャバンが戦前から演じてきた脱走兵は、追い詰められた悲劇のヒーローとして、行きずりの美しいロマンスをテーマとし最期に悲劇的な死を迎えていきました。『さすらいの狼』で設定された舞台も、そのテーマも、戦前にジャン・ギャバンが演じ続けた主人公が登場する作品そのものだと感じるのは私だけではないと思います。

 「詩(心理)的レアリスム」の体系に位置づけられるジャック・フェデール監督の『外人部隊』(1933年)のシナリオを担当したシャルル・スパークは、ジャン・ギャバンについて、次のように述懐しています。

【異様なまでにかたくなな考えを持った男、喧騒の中に奇妙な安らぎをもった男、まるでチャンスを持てない男の中に生きるチャンピオン、そして、たくさんの敵にかこまれながら、ほんの単純な理由-ちょっとした自由、行きずりの愛、理解しがたい友情-などのために必死に闘う男・・・ギャバンが演じるこれらの男たちは、多くの人々を感動させた。(略-)】
【引用 「ジャン・ギャバンと呼ばれた男』(鈴木明著、小学館、1991年)】

外人部隊

アイ・ヴィー・シー



ジャン・ギャバンと呼ばれた男

鈴木 明小学館



 私には、この書評が、まるで『さすらいの狼』の主人公トーマを演じたアラン・ドロンに対するもののように感じました。

 さて、この『さすらいの狼』を演出したアラン・カヴァリエ監督は、カイエ派ではなかったものの「ヌーヴェル・ヴァーグ」のルイ・マルの助監督として育成された演出家でした。新しい映画の体系でありながら、助監督という古いシステムで育った彼の経緯は注目に値します。脚本を担当したジャン・コーは、フランスの実存主義哲学者ジャン・ポール・サルトルの秘書をしていた文学者ですし、撮影を担当したクロード・ルノワールは、フランスの印象派の画家ピエール=オーギュスト・ルノワールの孫であり、戦前のフランス映画の名匠ジャン・ルノワールの甥でした。
 それにしても、斬新なスタッフで映画を制作したものです。

 更に、この作品で私が大きく関心を喚起されてしまうところは、音楽を担当したのがアラン・レネやフランソワ・トリュフォー、ジャン・リュック・ゴダール、ルイ・マルの監督作品で音楽を担当し、「ヌーヴェル・ヴァーグ」の音楽家と言われていたジュルジュ・ドルリューだったことなのです。
【注 : 公開当時のポスターやパンフレット、一般に出回っていた書籍などでは、『素晴らしい風船旅行』(1961年)や『わんぱく戦争』(1962年)のジャン・プロドロミデスが音楽を担当していたと記載されていることも多いのですが、実際には、ジュルジュ・ドルリューが音楽を担当していたようです。もしかしたら、英語版やフランス語版などが存在し、それぞれの版で音楽の差し替えなどが行われていたのかもしれません。日本で公開された「さすらいの狼」は、ジャン・プロドロミデスが音楽を担当していた版だったのでしょうか?真偽の程は現在のところ不明です。】

素晴らしい風船旅行

ジャン・プロドロミデス / ユニバーサル インターナショナル



わんぱく戦争 [DVD]

アイ・ヴィ・シー



【>ドロンの作品で、他にドゥルリューさんがなされたものはありますか?
>ドゥルリュー
「さすらいの狼」がありますね。アラン・カヴァリエの。これはこれで、いい作品だったんですが、アルジェリア戦争をあつかって検閲にあい、それだけに評価されなかった作品でしたね。(略-)】
【キネマ旬報1976年12月下旬号No.697(「「ジョルジュ・ドゥルリュー「ブーメランのように」と映画の秘密を語る」<インタビュアー>ユミ・ゴヴァース、西村雄一郎】

 恐らく、ルネ・クレマンが演出し、やはり、アンリ・ドカエのカメラやポール・ジェコブの脚本、モーリス・ロネの出演など、「ヌーヴェル・ヴァーグ」のスタッフ・キャストで、『太陽がいっぱい』を制作したように、プロデューサーとなったアラン・ドロンも、この作品の音楽で、ジュルジュ・ドルリューを使ったのかもしれません。
 また、このことが、後年、『私刑警察』(1988年)で、ラウール・クタールを撮影監督として迎え入れたことにも繋がっていくのでしょう。

 ドミニクと逃亡するシークエンスでの自動車のヘッドライトに照射する激しい雨、彼女が夫に助け求めるためにカフェで電話をするときの街路を濡らす雨と闇の陰影の中でのBGMのジャジーな挿入曲が、私には特に印象的でした。

 暗闇でのライティング効果を利用した色彩のないモノクロームの画面・・・やはり、この作品は「フィルム・ノワール」です。

 後年、アラン・ドロンは、「フレンチ・フィルム・ノワール」の大スターとなり、ジャン・ギャバンの後継者として映画ファンから認知され、人気スターの全盛期を迎えることになっていくわけですが、ジャック・ベッケル監督の『現金に手を出すな』以降の「ギャングスター」としてのジャン・ギャバンをモデルにできたことは、『地下室のメロディー』での彼との共演によるものであったでしょうし、「フレンチ・フィルム・ノワール」を徹底的に純化させた『サムライ』で、ジャン・ピエール・メルヴィルの演出を受けたことの影響が大きかったことは、誰しも納得済みのことでしょう。

 しかし、私は、「外人部隊」あがりの帰還兵をモデルにした『地の果を行く』などで、ジャン・ギャバンのキャラクターを育てたジュリアン・デュヴィヴィエ監督の作品に出演したことによって与えられた影響も、想像以上に大きかったような気がしてならないのです。忘れてならないことは、『さすらいの狼』を製作する2年前、『地下室のメロディー』で、ジャン・ギャバンと共演した1962年に、既にアラン・ドロンは、ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の『フランス式十戒』に出演していたことなのです。

 そして、ジュリアン・デュヴィヴィエやマルセル・カルネなどが演出したジャン・ギャバンの主演作品、その戦前のフランス映画からの歴史的変遷の経緯から考えて、『さすらいの狼』をアラン・ドロンが製作・出演したことは非常に重要なことだったと考えています。

 また、後に「フレンチ・フィルム・ノワール」の大スターとなったアラン・ドロンのキーワードとして、この作品の影響を考えれば、『サムライ』や『スコルピオ』(1973年)、『ビッグ・ガン』(1973年)で、組織に雇われる犯罪者、殺し屋、一匹狼として・・・『帰らざる夜明け』(1971年)、『ル・ジタン』(1975年)、『ブーメランのように』(1976年)では、追われる者、逃亡者として・・・これらの作品で悲劇のヒーローを演じ、死の美学を貫いていったことに帰結するのです。
 このように考えると、アラン・ドロンは、「ギャングスター」作品の大スター、ジャン・ギャバンの後継者のみならず、追われる者としてのヒロイズムを体現していた戦前のジャン・ギャバンの後継者でもあるわけです。
【注 : 『ル・ジタン』は、当初、死ぬ予定だったラスト・シークエンスを改変し、逃亡を続けていく内容によって完成させました。】

 また、フランス映画伝統の「詩(心理)的レアリスム」のキャラクターであった「外人部隊」や「脱走兵」から・・・時代の情景は遷り変り・・・インドシナ戦争やアルジェリア戦争も終結していった1960年代後半期から70年にかけてのアラン・ドロンは、戦時のトラウマを抱えたアンチ・ヒーロー的ヒーローが活躍するドラマトゥルギーを現代劇として新しく生み出していったようにも思います。

 それが、インドシナ戦争やアルジェリア戦争を舞台にした『名誉と栄光のためでなく』(1965年)であり、戦地から帰還した主人公を演じた『悪魔のようなあなた』(1967年)や『さらば友よ』(1968年)であり、ともに戦地に赴いた時代の戦友のために巨悪組織と闘う主人公を演じた『チェイサー』(1978年)だったのではないでしょうか?
 特に、『悪魔のようなあなた』は、ジュリアン・デュヴィヴィエの監督作品であり、私が前述した系譜による最も象徴的な印象を残します。戦前からジャン・ギャバンを主演にして脱走兵、逃亡者を描き続け、戦後に彼の後継者となったアラン・ドロンによって、帰還兵のサスペンスとして表現したのです。アラン・ドロンのキャリアにおいても実に不思議な邂逅であり、私としては彼のファンとしての自負にまで結びついている作品です。

 これらの作品でのアラン・ドロンは、兵士、帰還兵としてトーマが生きていれば、そのまま主人公になったように感じます。
親父が言っていたアラン・ドロン主演の『外人部隊』・・・
2006-10-28 00:17付け「『名誉と栄光のためでなく』~幻想映画館『外人部隊』~」の記事

やっぱ、なんか説得力あるわ・・・!
[PR]

# by Tom5k | 2016-12-11 03:19 | さすらいの狼 | Trackback(3) | Comments(2)

『名誉と栄光のためでなく』~幻想映画館『外人部隊』~

 私の父親や母親は、1930年代中盤以降(昭和二桁)になってからの生まれで、1950年代後半から60年代初めに掛けて青春時代を過ごした世代です。アラン・ドロンともほぼ同世代で、世代的には映画や音楽が好きで映画を観てから、その足でダンスホールに通い、ツイストやジルバなどを踊ってナンパをする・されるという、本当にいい加減で尊敬できない世代です。
 なお、父親は母親ともダンスホールで知り合っています。

 また、父親は映画ファンであったものの、少なくてもアラン・ドロンには、ほとんど興味が無く、その話題になると、人を小馬鹿にしたような適当でデタラメな言動が多かったことは、これまでも当ブログ記事で、時折、取り上げてきました。不愉快極まりない腹の立つ言動が多いのですが、記憶に強く残っているものを列挙してみます。

◯『黄色いロールスロイス』
 私がテレビ放映で観たことを話題にしたときのこと。
>う~ん、『黄色いロールスロイス』なあ。有名だな。でも、アラン・ドロンは出ていない。おまえ、何か別の映画と勘違いしてるわ。
(たぶん、父親はこの作品を実際に観ていたと思われるのですが、アラン・ドロンに全く無関心だったことが、この言葉からも伺えます。そして、確かに、この作品のアラン・ドロンの存在感は薄かったかもしれません。)

◯『サムライ』
 テレビ放映のときの話題として。
>殺し屋の生き方を武士道に当てはめたんだとよ。ん~、まっ、失敗作だべ。
(映画芸術を全くわかっていない映画ファンです。映画における文化的価値などに全く関心を寄せない、全く理解しようともしない、ほとんど知性の感じられない、あまりにハッピーな映画ファンです・・・ただ、確かにこの作品でジャン・ピエール・メルヴィルが創作したテーマは、あまりに独創的であったとは思います。)

◯『仁義』
 テレビ放映のときの話題として。
>アラン・ドロンの映画で有名なのは、『太陽がいっぱい』くらいだな。まっ、この『仁義』は少し有名かあ?それにしたって、知っているのは、よっぽどフランス映画を好きな奴くらいだろうけどな・・・。こいつ人気あるくせに、映画は売れないんだよなあ・・・。
(えっ?・・ぅうれなっ?!・・・しかし、確かに、1970年代以降のアラン・ドロンの全盛期でさえ、彼自身の人気と彼の出演作品の人気との間には大きなギャップがあったかもしれません。それにしても、現在ならいざ知らず、公開当時の『仁義』は地味なギャング映画として話題性に欠けていていたと聞きますが、何故、父親の記憶に
「『仁義』は少し有名」
という印象があったのでしょう?
恐らく、父親の同世代の友人たちのシャンソン・ファンと
「よっぽどフランス映画を好きな奴」
を勘違いしていたものと思われます。
父親の世代に人気の高かった歌手としてのイブ・モンタンが、この作品でギャングを演じていたことが、シャンソン・ファンの間で話題になっていたのでしょう。)

◯『アラン・ドロンのゾロ』
 公開された当時の話題として。
>なんだあ、それえ?アラン・ドロンがゾロだってえ??それは似合わんわ、ゾロは、タイロン・パワーだろ。
(『黒いチューリップ』を撮っていた若い頃のアラン・ドロンならば、もっと自然な印象になっていたのだと思いますが、ヨーロピアン的ダンディズムによって女性を虜にし、ギャング組織の策謀・暴力によって死を遂げる暗黒街のアウトサイダーを売り物としていた「アラン・ドロン」キャラクターと、恋や名誉に惑わされず、強気をくじき、弱きを助ける正義漢のイメージが、あまりにもかけ離れていたため、思わず口に出た言葉だったと思います。これも確かに、世評通りだったかもしれません。それにしても、タイロン・パワーはないだろ。)

◯『フリック・ストーリー』
 父親と映画館に行った帰り、アラン・ドロンが刑事役だったことについて。
>なんで、アラン・ドロンが刑事なんだよ?普通、犯人だろ。
(これも確かに、当時のアラン・ドロンが刑事を演じたことの一般的な印象だったと思います。)

◯『友よ静かに死ね』
 父親と映画館に行った帰り、その感想として。
>あ~あ、たいした映画じゃなかったなあ、お前につき合ったけど・・・それに何だあ?あのアラン・ドロンの髪の毛・・・変なの?わっはっはっはっ!・・・。
(確かに、一般的な感想だったかもしれません、が、しかし・・・私には殺意にも似た感情が湧き上がってきます。)

◯『チェイサー』
 公開された当時の話題として。
>アラン・ドロンの今度の映画、トヨタがスポンサーかあ?
(アラン・ドロンが俳優業の外に、映画のプロデュースや事業のプロモートを兼ねていたことは当時の彼のイメージだったかもしれません。そして、その後1980年代の中盤にはく㈱博報堂と提携して事業に取り組もうとしていたことや、マツダ・カペラのCMに彼が出演していたことも周知の事実です。)

(    )内の私の記載は、時代からのアラン・ドロン考証を目的にして、敢えて列記したものですが、この記事を書いている今現在、いまだにフツフツと湧き上がってくる憤りのような感情を私は抑えるきることができません。そして、このような腹立たしい会話は、まだ、まだ、数え切れないほど多くあるのですが、今となって、ようやく何とか冷静に父親とのやり取りを振り返ることができています。

 もっとも、これらの父親の彼への言動は、当時の日本でのアラン・ドロンの存在を知る上で、確かに乱暴ではありますが、世評として特別な感想・意見だったわけでもなく、案外、一般的なアラン・ドロン評だったようにも思うわけです。

 そして、上記に列記してきたように、私を小馬鹿にしたような、アラン・ドロンなんかどうでもいいと思っているような、実に腹立たしいけれども、しかし「アラン・ドロン」のイメージを正確に把握していたと思われる会話が、私の記憶には、もうひとつ存在しています。
 それは、アラン・ドロンの狂信的なファンであった中学生の従姉の影響によって、私がようやく彼に少し興味を持ち始めた小学4、5年生の頃のことでした。

>トム(Tom5k)
「アラン・ドロンの映画で実際に見に行った映画あるかい?」
>父親
「おお、もちろん、あるさ。」
このときの父親は、新聞を読みながらか、テレビを観ながらか、とにかく私の聞いていることに上の空で答えていたことを、今でもはっきりと記憶しています。
とは言え、実際にアラン・ドロンの映画をリアル・タイムで観に行った父親に、私は少し感心して質問を続けました。

>トム(Tom5k)
「何て映画?」
>父親
「あ~ん?うん・・・おう! 『外人部隊』 よ!」

 不幸にも、この記事を読まれている方々には、もうおわかりだと思いますが・・・。

 アラン・ドロンの出演している作品で、そんな作品はありません!

 『外人部隊』という標題の映画作品は、1933年にジャック・フェデールが監督し、シャルル・スパークと協力して創作したストーリーによって、マリー・ベル、ピエール・リシャール・ウィルム、フランソワーズ・ロゼー、シャルル・ヴァネルなどが出演した「詩(心理)的レアリスム」の体系に位置づけられる戦前の代表的なフランス映画作品です。

外人部隊

アイ・ヴィー・シー



 1955年には、ロバート・シオドマク監督により、ジーナ・ロロブリジダ、ジャン・クロード・パスカル、アルレッティなどが出演したリメイク作品があります。

 1957年に銀幕デビューしたアラン・ドロンが出演しているはずがないのです。

 そして、当時、母親にねだって購入してもらったばかりの芳賀書店発刊「シネアルバム6 アラン・ドロン 孤独と背徳のバラード」、「シネアルバム14 血とバラの美学/アラン・ドロン」、「デラックスカラーシネアルバム5 アラン・ドロン 凄艶のかげり、男の魅惑」などで、アラン・ドロンの出演作品を調べ、再度、父親に聞いてみました。

>トム(Tom5k)
「アラン・ドロンが出ている『外人部隊』なんて映画ないぞ!」
と疑問をぶつけたのです。

そして・・・、

>父親
「ん~?まあ・・・だけど、そんな感じの映画、アラン・ドロンらしいべ。あっはっはっはっ!」

>トム(Tom5k)
(こっ、殺す!・・・)

 やはり私は一瞬、殺意にも似た感情が湧き上がってきたものです。しかしながら、今となって冷静になって考えてみると、
 アラン・ドロンの出演作品にさほどの関心の無かった父親が、アラン・ドロンという人気スターを意識する、意識しないに関わらず、彼に対してのイメージを、このように持っていたことは、もしかしたら注目に値することではないでしょうか。
 「外人部隊」を作品の舞台として設定し、アラン・ドロンが出演している作品・・・確かに、それは私の父親だけでなく、当時の多くのアラン・ドロンに無関心な人たちの間での彼らしいキャラクターでもあり、誰もが納得できる映画スターとしての彼のイメージのひとつとして、案外、広く世間に浸透していたものだったかもしれません。
 確かに、アラン・ドロンは、第二次世界戦後のスターでありながら、自身が戦争体験を持っており、それが彼のスター俳優としての大きな特徴のひとつとなっていました。

 アラン・ドロンが出演しているにしては地味な作品ですが、『さすらいの狼』(1964年)、『悪魔のようなあなた』(1967年)、それに大ヒット作品の『さらば友よ』(1968年)などは、まさに、私の父親の「アラン・ドロン」像を体現した彼のはまり役だったと思います。(『さらば友よ』については若干ですが、既に以前の記事で、その内容に触れています。【2006-10-28 00:17付け「『さらば友よ』~「詩(心理)的レアリスム」から新しい「フレンチ・フィルム・ノワール」へ~」の記事】)

 もちろん、彼の作品の何本を父親が観ていたのかは、甚だ疑問ではあるのですが、逆にだからこそ、一般的なアラン・ドロンの潜在的イメージに根を張ったものだったような気がするのです。

 なお、後年、『チェイサー』(1977年)のアラン・ドロン演ずる主人公のグザヴィエ・マーシャルが、共演していたモーリス・ロネが演じたフィリップとの想い出をフラッシュ・バックするシークエンスでも、グザヴィエが過去の従軍時代の二人の写真に見入るショットが挿入されていました。

 ところで、「第一次インドシナ戦線」は、1945年当時にフランス領から独立宣言したホー・チ・ミンが率いる現在のベトナム、ラオス、カンボジア、すなわち「インドシナ」とフランス共和国との間で行われた戦争でした。アラン・ドロンが従軍したのは、1946年から1954年にかけてのこの戦争の後半期です。

 なお、「外人部隊」は、現在でもフランス陸軍に属しており、自国の兵士を使わず、他国からの傭兵を使って自国民の犠牲を最小限に抑える目的で継続されているフランス国籍の者以外の者を基本に傭兵を実施したフランス従軍制度です。
 「第一次インドシナ戦線」は、その後のアメリカ合衆国及び南ベトナム政府軍と、北ベトナム及び南ベトナム反政府勢力、との間で起こった「ベトナム戦争」と同様に、フランス国内に厭戦ムードが拡大していったために「外人部隊」を登用していった戦線だったそうなのです。
 また、その後、1954年から始まった「アルジェリア戦争」でも、その戦地に「外人部隊」の本部があったことから、それは重要な役割を果たしていたそうです。

 そして、「インドシナ戦線」での「ディエン・ビエン・フーの陥落」から休戦協定までを冒頭で取り上げ、その後の「アルジェリア戦争」の激戦地で独立のための地元パルチザンとのゲリラ戦線を主軸に展開させたコロンビア映画、マーク・ロブソン監督の『名誉と栄光のためでなく』(1965年)に、渡米中のアラン・ドロンは出演しています。

 しかも、この『名誉と栄光のためでなく』では、アンソニー・クインが演ずるラスペギー中佐の率いていたパラシュート部隊の隊員として、アラン・ドロンが演じたエクスラヴィエ大尉が、これらの戦地に赴く設定の物語です。彼が実際に「インドシナ戦線」に従軍していた時代、(初めに志願兵として従軍できたのは海軍だったようですが)戦地で配属されていたのがパラシュート部隊だったと聞きます。
 また、アラン・ドロンはフランス人ですから、自国の「外人部隊」に所属していたわけではないのでしょうが、ともに戦線に赴いていた「外人部隊」との共同戦線はあったと思います(フランス外人部隊の3割程度は、自国の志願兵が従軍しているそうです。)。

 これらの体験からも、この作品は自らの経験を体現できた適役であったと思いますし、まさに私の父親の「アラン・ドロン」像が、ここに描写されていると言っても言い過ぎではないでしょう。

【>インドシナ戦争を経験したことは、あなたに何か残しましたか?
>アラン・ドロン
全てさ、全てを学んだと言ってもいい・・・

>トラウマはないのでしょうか?
>アラン・ドロン
>自分の選んだことだったからね:家族的な雰囲気、肉屋、郊外の生活・・・そうしたことから逃げたかったんだろう。戦争へ行った友人たちの後を追ってインドシナへ行ったんだ。彼らと離れ離れにならないように、進んでに兵役を延ばした。正式には5年の兵役だが、私は自発的に3年志願だった。すぐにでも発ちたかった、特に17歳半の時には、兵役はいつも面白いことではなかったけどね。でも自分に多くのことをもたらしてくれた、義務感、厳しさ、規律。私は本質的に軍隊気質なんだろうね、今では眉をひそめられることだろうが。1953年には、パリ中にポスターが貼ってあったよ:君も一年半で戦闘機の操縦士になれる。兵役では奨励金も貰えたんだ。私は空軍に志願した。空軍省へ行くと、最後の召集兵が出発したばかりで、次まで三ヶ月待ちだと言われた。急いで今度は海軍へ志願した。今度はすぐさま出発させてくれた。当時の奨励金が1,200フランだった。行ってみたら、友人らには会えたが、規律もあり、怖かったよ・・・でも自分のためにはなったと思う。こんな風にしか語れないが、本当だ:私には軍人の気質があったんだろうね、いい軍人になれたかも知れないな。】
【引用(参考) takagiさんのブログ「Virginie Ledoyen et le cinema francais」の記事 2007/6/18 「回想するアラン・ドロン:その6」  インタヴュー和訳)」カイエ・ドュ・シネマ501号掲載


 『名誉と栄光のためでなく』は、もちろんアラン・ドロンが若い時代に渡米中に撮った失敗作として位置づけられており、現在でも世評の芳しくない目立たない作品であるかもしれませんが、このような彼の言葉からも、私のような熱狂的なアラン・ドロンのファンとしては、どうしても思い入れの強い作品にならざるを得ないのです。作品それ自体も決して駄作だと思いませんし、非常に丁寧に制作された素敵な作品だと思います。

 そして、そこから湧き上がる私のアラン・ドロンが出演している作品へのイリュージョン・・・私の父親がいいかげんに即興的に創り上げたでたらめな幻の作品・・・

『外人部隊』・・・?

 アラン・ドロンに無関心な映画ファンの間で、彼が出演している錯覚を自然に与えることのできるフランス映画・・・

『外人部隊』・・・?

 彼の主演している幻想映画として、この珠玉の名作品を観たいと願うのは、恐らく私だけでないでしょう。特に私のブログの盟友であるオカピーさんも同様ではないかと思う今日このごろ・・・。

 何だか、ほんとに観てみたくなってきました!

 アラン・ドロン主演 『外人部隊』・・・!
[PR]

# by Tom5k | 2016-11-27 22:07 | 名誉と栄光のためでなく | Trackback(3) | Comments(4)