『泥棒を消せ』②~アメリカ映画での「ギャング映画」を優先した「アラン・ドロン」②~

【<『泥棒を消せ』②~アメリカ映画での「ギャング映画」を優先した「アラン・ドロン」①~>から続く】

 アラン・ドロンは、この作品の大きなテーマである移民の生活苦、家族の崩壊などと同様のテーマで、後期「ネオ・レアリズモ」のイタリア映画界の巨匠ルキノ・ヴィスコンティの演出による『若者のすべて』(1960年)に主演した経験がありました。
 彼は、この作品で、故郷を奪われたイタリア南部の農民一家が、都市生活に疲弊しきってしまう無産階級の若い労働者、移民一家の三男ロッコ・パロンディを一世一代の名演技で演じ、映画史的な高い評価を残しています。

「この映画以後ドロンは一躍、国際的なスターとなって、劇場側が歓迎するぺてん師やギャング役を演じる映画に次々と出演した。したがってロッコを演ずる彼を見ていない人には、ヴィスコンティの厳しい指導に耐えて彼がこの役で演じ切った、ほとんど輝くばかりの愚直さと、悲哀と、しんの強さを想像するのはむずかしいかもしれない。」
【引用~『ルキーノ・ヴィスコンティある貴族の生涯』モニカ・スターリング著、上村達雄訳、平凡社、1982年】

ルキーノ・ヴィスコンティ―ある貴族の生涯 (1982年)

平凡社




 『泥棒を消せ』のエディやその兄ウォルターの設定は、「劇場側が歓迎するぺてん師やギャング」だったかもしれませんが、生活苦から犯罪に手を染めざるを得なくなり、その結果、家族関係が崩壊していく過程を描いた社会派の作品でもあったのです。

 また、彼は「フレンチ・フィルム・ノワール」作品である『Quand la Femme s'en Mele』(1957年)で銀幕デビューを果たし、既に敵の凶弾に倒れる若いボディガードを演じており、初めてのプロデュース作品『さすらいの狼』(1964年)は、旧時代の「詩(心理)的レアリスム」のノワール傾向の作品系譜を継ぎ、フランス映画史的テーマである「死の美学」を彼が初めて完成させた作品であったと私は考えています。【<『さすらいの狼』~「フレンチ・フィルム・ノワール」の「アラン・ドロン」の原型~>】
 『泥棒を消せ』のアラン・ドロンも、このクライマックスで、誤解した警察官が発砲した銃弾に倒れる、家族から離反した孤独な主人公の死を演じました。

 そして、なにより、「フレンチ・フィルム・ノワール」の大スター、ジャン・ギャバンと共演した『地下室のメロディー』(1962年)のカラーバージョンは、アメリカで公開された際のものだそうで、この作品はアメリカ映画界からは一定の評価を受けることに成功しました。なお、その作品テーマは、『泥棒を消せ』のプロットと同様の、カジノの現金強奪を扱った「押し込み強盗」のエンターテインメントだったのです。

 アラン・ドロンは、『Quand la Femme s'en Mele』や『さすらいの狼』での「死の美学」、『若者のすべて』での移民の生活苦や家族の崩壊のテーマ、アメリカでも評価された『地下室のメロディー』での現金強盗の設定など、その経験値から、『泥棒を消せ』のオファーには自信を持って出演を受けたことは間違いないでしょうし、ある意味では、現在までヨーロッパで出演した同傾向の作品の集大成になり得るとの判断からの出演だったかもしれません。

 そして、恐らく、アラン・ドロンのキャリアにとっても、それまでのルネ・クレマン、ルキノ・ヴィスコンティ、ミケランジェロ・アントニオーニ、ジュリアン・デュヴィヴィエ、クリスチャン・ジャックなど、ヨーロッパ映画作品での巨匠たちの演技指導、同世代のアイドル・スター女優たち(ロミー・シュナイダー、ミレーヌ・ドモンジョ、パスカル・プティ、ジャクリーヌ・ササール、フランソワーズ・アルヌール、ブリジット・バルドー、モニカ・ヴィッティ、クラウディア・カルディナーレ、ジェーン・フォンダ)や往年の大スター(ダニエル・ダリュー、ジャン・ギャバン)との共演・・・その次のステップアップに果たすべく非常に重要な企画だったと思います。

 何故なら、『泥棒を消せ』を演出する監督は、アメリカ社会の映画への反映が顕著であったことも手伝っていたとはいえ、黒人俳優のシドニー・ポワチエがアカデミー主演男優賞を受賞した『野のユリ』(1963年)、そして、『泥棒を消せ』より後の作品ですが、アメリカの西部劇の転換点を作った『ソルジャー・ブルー』(1970年)を生み出していく、当時、気鋭のラルフ・ネルソンだったからです。

野のユリ [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



DVD名画劇場 ソルジャー・ブルー

ジェネオン エンタテインメント




 また、共演者のアン・マーグレットは、『バイ・バイ・バーディー』(1963年)や当時の恋人だったエルヴィス・プレスリーと共演したミュージカル『ラスベガス万才』(1964年)などで、当時のティーンエイジャーから支持され、歌手としても人気を博していました。
 1962年にマリリン・モンローが謎の死を遂げたばかりのハリウッドにおいて、次の世代のセックス・シンボルとして期待することができる女優としてラクウェル・ウェルチが注目されることになるのは、1966年の『ミクロの決死圏』からです。この当時はアン・マーグレットくらいしかその大役を期待できる女優はいなかったでしょうから、彼女は、今までヨーロッパでアラン・ドロンと共演したどの女優にも引けを取ることはなかったと思います。

Bye Bye Birdie: An Original Soundtrack Recording (1963 Film)

RCA



エルヴィス ラスベガス万才 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ



AND HERE SHE IS AGAIN (1961 - 62)

ANN-MARGRET / JASMINE RECORDS



ミクロの決死圏 [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン




 そして、ジャン・ピエール・メルヴィル監督が、『サムライ』のモデルのひとつとしたグレアム・グリーン原作の『This gun for hire』(1941年)で非情な殺し屋を演じた「B級フィルム・ノワール」のスター、アラン・ラッドと『シェーン』(1953年)で共演したヴァン・へフリン、ジャック・パランスも『泥棒を消せ』の共演者でした。

拳銃貸します [DVD]

ジュネス企画



シェーン [Blu-ray]




 アラン・ドロンが、自らの次の本舞台とするための「・・・アメリカ合衆国で一連のもっと重要な企画・・・」、つまり、今後のスタートアップのための作品の一本とした『泥棒を消せ』への出演は、当時の自分の状況や国際市場としてのアメリカ映画の現状などから考えて十分過ぎるほど魅力的なものだったのでしょう。

 更に、この企画は、大女優の大器を備えたロミー・シュナイダーとの婚約解消、ヴィスコンティ一家としてのスター俳優としての業績からの遁走までも代償し、自国で席巻している「ヌーヴェル・ヴァーグ」作品を凌駕することをも可能であると、彼は考えたのではないでしょうか!?

 アラン・ドロンがナタリーとの電撃的な結婚を果たし、妊娠中の彼女ーを同行させ、映画の国際市場アメリカ合衆国という大海原に出帆していった状況やその背景をこのように考えれば、ジャン・ピエール・メルヴィル監督からのオファーのあったピエール・ルスー原作の『フルハウス(ラッキー・ジョー)』に興味を示すことができなかったことは無理の無いことだったかもしれません。

 そして、アメリカ映画界でのアラン・ドロンのこの行動については、成功、失敗の結果よりも、この生き方そのものこそが重要だったのだと私は考えます。

 また、彼は世界中の映画ファンから、どのようなスターになることを期待されていたのか?・・・敗戦国家から朝鮮特需景気を経た神武景気、岩戸景気による所得倍増計画から、東京オリンピック景気を経験し、戦後復興を成功させていた極東の国、日本での爆発的なアラン・ドロンの人気・・・その高度成長の後半期、1970年代初頭のいざなぎ景気を経て、ニクソン・ショックから、第四次中東戦争をきっかけにした第一次オイルショックを経験し、高度経済成長時代の終焉を迎え、日本列島改造論の景気拡張も、現役首相の金脈問題による辞任で大揺れとなっていた頃、北海道に在る人口30万人あまりの地方都市での一家庭で、次のような会話があったことを忘れてはなりません。

 実はこれ、今回初めて公開するものを含むのですが、アラン・ドロンの国際スターとしての枯渇に関わる在り方についての貴重な会話ですから、恥を偲んで公開することにしましょう!

>トム(Tom5k)
「アラン・ドロンが出ている『外人部隊』なんて映画ないぞ!」
>父親
「ん~?まあ・・・だけど、そんな感じの映画、アラン・ドロンらしいべ。あっはっはっはっ!」
【<『名誉と栄光のためでなく』~幻想映画館『外人部隊』~>】より

 そして、この会話は、その後も引き続き、次のとおり、粘り強く行われていたのです。
>トム(Tom5k)
何だよ、それっ、何か観た映画無いのかあ?
>父親
いや!ある。ホントだ。

 この記事を読まれている方に言っておきますけれど、もうこの時点で、この後のブログ記事、あんまり真剣に読まないほうがいいと思います。手の平を返すのが早くて申し訳ありません。

 当時、愚かな私はこのような質問を、このような父親に何故、何度もしてしまったのでしょうか?
 当然のことながら、昭和50年(1970年代半ば)頃には、インターネットなどはありませんし、雑誌やレコードの解説、各種の映画に関連した著作本、テレビでの映画紹介などが情報源でした。
 アラン・ドロンと同世代の父親が何か彼の作品をリアル・タイムで観ているのではないかと思っていましたし、雑誌や本などの情報とは異なるその映画公開のときのリアルな感覚を少しでも父親から引き出したかったのだと思います。

>父親
確か・・・ジャン・ギャバンとのコンビものだ。『ギャ~ァ~ング!』・・・。
>トム(Tom5k)
はっ、なに?「ギャング」???
>父親
なんか、そんなやつだ。あいつの映画、似たようなヤクザものばっかりだから。確か母さんと一緒に行ったな。
母さん、途中で寝ちゃってよ。あれ?『スリ』だっけなあ?
いやっ!あれは観に行った!『やまねこ』・・・フランソワーズ・アルヌールがきれいだったなあ。

 『ギャング』(1966年)は、ジャン・ピエール・メルヴィル監督、『スリ』(1959年)は、ロベール・ブレッソン監督の作品で、どちらにもアラン・ドロンは出演していません。『友よ静かに死ね』の原題も『Le Gang』ですが、この時点では、ロジェ・ボルニッシュの原作本はフランスでもまだ出版されていません。
 そして、フランソワーズ・アルヌールが出演しているのは、ルキノ・ヴィスコンティ監督の『山猫』(1960年)ではなく、アンリ・ドコアン監督の『女猫』(1958年)です。もちろん、アラン・ドロンは出演していません。

ギャング [VHS]

東映



スリ [DVD]

紀伊國屋書店



女猫 [DVD]

ハピネット・ピーエム




 自分で記事を掲載して無責任かもしれませんが、既に説明することがもう面倒くさくなってきています。

 私は1964年3月生まれです。この時代は、母親が子供をどこかに預けてまで旦那と映画を観に行くような呑気な時代でもなかったと思いますから、1967年日本公開の『ギャング』は行ってはいないと思いますし、この地方都市では公開されていたかどうかも疑わしい・・・たぶん、ジャン・ギャバンの名前が出ているので、1963年8月日本公開の『地下室のメロディー』を観に行ったのだと思います。それも本当かどうかはわかりませんが・・・。

 後日、母親に聞いたところ、『道』(1957年日本公開)、『刑事』(1960年日本公開)は、父親と行ったそうですが、『地下室のメロディー』は観ているが、テレビで観たのか、映画館で観たのかは、憶えていないとのことでした。

道 Blu-ray

紀伊國屋書店



刑事 ピエトロ・ジェルミ [DVD]

株式会社アネック




>母親
『刑事』だけどね。いつの間にかね。後ろ側からカバン盗ってね、あんた!それから新聞紙、脇にはさめてさ、その人ね、全然、盗まれたことに気がつかないの。いやあ、すごかったわあ・・・だけど、アラン・ドロン出てたかい?
(おふくろ、それね『スリ』だよ。ドロン?出てねぇし・・・。)
(※『スリ』は1960年日本公開)
>母親
歌も流行ったんだよ。「アモーレ、アモーレ、アモ~レミ~オ~」
(いやあ、歌わなくていいから・・・まあ、その歌、確かに『スリ』でなくて、『刑事』の『死ぬほど愛して』だわ・・・。)

死ぬほど愛して[EPレコード 7inch]

アリダ・ケッリ / 日本ビクター




 なんか、だんだん、どうでもよくなってきたんですが・・・
 ようするに、父親の言っていた『ギャング』というアラン・ドロンの作品は、

ジャン・ギャバンと共演した 『地下室のメロディー』 や 『シシリアン』
失敗作であったかもしれませんが、彼のその後のキャリアにおいて重要な作品となったアメリカ映画 『泥棒を消せ』
フランス映画の復帰後の人気を「フレンチ・フィルム・ノワール」作品によって確実にできた 『さらば友よ』
アデル・プロダクション設立初めての作品 『ジェフ』
ライバル、ジャン・ポール・ベルモンドとの互角の共演作品 『ボルサリーノ』
ジャン・ピエール・メルヴィル監督の「フレンチ・フィルム・ノワール」代表作品 『仁義』

 これらの作品を一本にまとめた「アラン・ドロン」主演作品だったのだと思います。あながち間違ってもいないアラン・ドロンの幻の作品 『ギャング』・・・

 このギャングのイメージで、アラン・ドロンが映画大国アメリカに渡って果敢にチャレンジして撮った『泥棒を消せ』が、ジャン・ギャバンと共演した『地下室のメロディー』とともに、彼のその後の「フレンチ・フィルム・ノワール」作品の原型のひとつとなったことは間違いの無いことだと思います。


>ギャング役は好き?
>アラン・ドロン
ぼくが一ばん好きなのがギャング役ではない 観客が一ばん好きなのがギャング役なのだと思う(略-)」
【アラン・ドロン 孤独と背徳のバラード 芳賀書店(1972年)】
[PR]

# by Tom5k | 2016-12-31 00:05 | 泥棒を消せ(2) | Trackback | Comments(0)

『泥棒を消せ』②~アメリカ映画での「ギャング映画」を優先した「アラン・ドロン」①~

>『ギャング』の成功のあと、なぜ『サムライ』という新規の、しかもリスクのある企画に乗りだされたのですか?
>メルヴィル
 ドロンに連絡をとって、ルスー原作の『フルハウス』にでてくれないかと提案したんだ。ドヴィルがそれを撮る前にね。するとドロンは「IBMプレジデント」タイプライターで打ったまったく愚劣な手紙をよこしたのさ。それには、近々、アメリカ合衆国で一連のもっと重要な企画が控えているので、私の提案には興味が持てないと書かれていた。
 ところが、『ギャング』が当たると、今度は彼のほうから、私と一緒に映画が撮れたらうれしいと言ってきたので、私はルスーのその本を彼に送ったんだ。『ラッキー・ジョー』のタイトルで既に映画化されたことを知らせずに、「三年前、君が断ったものを撮ろう」と彼に言ってね。
 原作を読んだあと、彼は承諾したよ。だが、映画化権を取り直すことができなかったので、私はドロンに『影の軍隊』のジェルビエ役を提案した。しかし彼はその役を断り、他のシナリオで私の関心を引くものはないかどうか尋ねたんだ。
 一九六三年に、国際舞台での活動に打ち込むつもりだと知らされる前、私は彼に当ててオリジナル脚本を一本書いていたので、そのことを彼に告げた。すると直ちに、彼は私にそれを読んで聞かせるよう要望したよ。(略-)
【引用:『サムライ ジャン・ピエール・メルヴィルの映画人生』ルイ・ノゲイラ著、井上真希訳、晶文社、2003年】

 なお、ルイ・ノゲイラ著『サムライ-ジャン=ピエール・メルヴィルの映画人生』での注釈では、「IBMプレジデント」ではなく、「エグゼクティヴ」のタイプライターだそうです。
 それから、『ラッキー・ジョー』(1964年)は、『いぬ』の原作者ピエール・ルスーによる著作であり、ミシェル・ドヴィル監督、ピーター・チェイニー原作のノワール小説のシリーズや『アルファヴィル』で、私立探偵レミー・コーションを演じたエディ・コンスタンティーヌ、『愛人関係』に出演していたピエール・ブラッスール主演で映画化されました。

いぬ [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル



アルファヴィル Blu-ray

紀伊國屋書店



レミー・コーション/毒の影 [DVD]

ブロードウェイ


 「一九六三年に、国際舞台での活動に打ち込むつもりだと知らされる前、私は彼に当ててオリジナル脚本」とは、もちろん、アラン・ドロンの代表作となる「フレンチ・フィルム・ノワール」の映画史的傑作である『サムライ』(1967年)のことです。

 『影の軍隊』(1969年)は、ジャン・ピエール・メルヴィル監督にとっては、自らのライフ・ワークとしていたほど想い入れの強い作品でした。
 驚かされたことは、アラン・ドロンが、その『影の軍隊』の主人公ジェルビエを演じる可能性があったこと、それをアラン・ドロンに断られたために、1967年に『サムライ』をそれより優先して制作している、つまり『サムライ』の制作は1969年に『影の軍隊』を制作する2年前ですから、ジャン・ピエール・メルヴィル監督が自分の大切なライフ・ワークに取り組むことよりも、アラン・ドロンを自分の作品に出演させることを優先していたことです。

>メルヴィル
 一九四三年にロンドンで『影の軍隊』を見つけたんだ。そしてそれ以来、ずっと映画化したいと思っていた。一九六八年、その昔からの夢をついに実現させるつもりだとケッセルに言った時、彼は二十五年間もそれほど粘り強くひとつのアイディアを追求するなどということがあり得るとは思っていなかったね。
【引用:『サムライ ジャン・ピエール・メルヴィルの映画人生』ルイ・ノゲイラ著、井上真希訳、晶文社、2003年】

サムライ―ジャン=ピエール・メルヴィルの映画人生

ルイ ノゲイラ Rui Nogueira 井上 真希晶文社



 いずれにしても、ジャン・ピエール・メルヴィル監督の『フルハウス』の企画を1963年に断っているアラン・ドロンにとっての「・・・アメリカ合衆国で一連のもっと重要な企画・・・」とはどのような企画だったのかを考えるには、アメリカ映画において、1940年代に隆盛を極めた「フィルム・ノワール」の体系が、その後どのような変遷を辿っていったかをある程度知っておくことが必要です。

 まず、1950年代の「フィルム・ノワール」のひとつの傾向に、「悪徳警官」を扱う作品が増えたことが挙げられます。ロイ・ローランド監督、ロバート・テイラー、ジョージ・ラフト、ジャネット・リー、ヴィンセント・エドワーズ出演『悪徳警官』、リチャード・クワイン監督、フレッド・マクマレイ、キム・ノヴァク出演『殺人者はバッヂをつけていた』(いずれも1954年)、オーソン・ウェルズ監督、オーソン・ウェルズ、チャールトン・ヘストン出演『黒い罠』(1958年)などがその代表作品です。

殺人者はバッヂをつけていた [DVD]

復刻シネマライブラリー



黒い罠 完全修復版 [Blu-ray]

NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン



 1950年代のアメリカ社会は、テレビの普及・定着によって、テレビ・ドラマが番組として量産されていく時代を迎えます。逆に、ハリウッドでの映画製作はテレビが提供できないアダルト・テーマを主軸にする作品を増やしていきます。
 それは、映画の都ハリウッドの内幕を露わにしながら、サイレント映画時代のスター女優の狂気を描写したビリー・ワイルダー監督、グロリア・スワンソン、ウィリアム・ホールデン主演『サンセット大通り』(1950年)、労働組合と暴力組織の癒着をテーマにしたエリア・カザン監督、マーロン・ブランド主演『波止場』(1954年)などの作品でテーマとなっていました。

サンセット大通り [Blu-ray]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



波止場 [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント




 なお、1960年代になって、イギリス映画『007は殺しの番号(007/ドクター・ノオ)』(1962年)の影響からテレビ映画作品での『0011ナポレオン・ソロ』、『スパイ大作戦』やアクション・スパイ・コメディの『電撃フリント』なども含めて、スパイ映画のブームが到来します。
 後年、ここからスティーブ・マックイーンやクリント・イーストウッドの活躍する「アクション映画」、特に、ポリス・アクションを主体にする傾向がアメリカ映画での主要なポジションに位置づいていくようになっていきます。

ドクター・ノオ (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



Man from U.N.C.L.E. 8 Movies Collection [DVD]

Warner Archive



スパイ大作戦 コンプリート・シリーズ [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



電撃フリント DVDスペシャルBOX

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン




 これらと平行して、現金や宝石の強奪をストーリー・プロットとして扱った作品も盛んに量産されていました。
 ジャン・ピエール・メルヴィル監督も絶賛していたジョン・ヒューストン監督、マリリン・モンロー出演『アスファルト・ジャングル』(1950年)、スタンリー・キューブリック監督のハリウッド映画第一作目の『現金に体を張れ』(1956年)、1970年代に全盛期を迎える「ブラックス・エクスプロイテーション・フィルム」の原点とも言える作品、ハリー・べラフォンテ主演の『拳銃の報酬』(1959年)、ルイス・マイルストン監督、フランク・シナトラ、ディーン・マーティン、ピーター・ローフォード、サミー・デイヴィス・Jr、ジョーイ・ビショップ、シャーリー・マクレーンなど、シナトラ一家総出演の『オーシャンと十一人の仲間』(1960年)などがあります。やはり、シナトラ一家はイタリア系移民が多いようですが、黒人歌手のサミー・デイヴィス・Jrもその一員でした。
 また、ジャン・ピエール・メルヴィル監督も、1955年、現金強奪のテーマでの作品『賭博師ボブ』を既に制作していました。

アスファルト・ジャングル [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ



現金(ゲンナマ)に体を張れ [DVD]

20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント



拳銃の報酬 [DVD]

紀伊國屋書店



オーシャンと11人の仲間 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ



賭博師ボブ 【ユニバーサル・セレクション1500円キャンペーン/2009年第4弾:初回生産限定】 [DVD]

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン




 これらの映画の作風から考えたとき、1950年代から1960年代初期のアメリカ映画は、公民権運動、ベトナム戦争への批判などからヒッピーなど若者の既成価値観への抵抗などの影響を受けていくようになり、『俺たちに明日はない』(1967年)から始まっていった「アメリカン・ニューシネマ」の到来が予感できる時代として振り返ることができると私は思っています。

俺たちに明日はない [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ



 この時代には、『手錠のままの脱獄』(1958年)で、手錠に繋がれたトニ・カーチス演ずる白人とともに脱走する逃亡犯を演じたシドニー・ポワチエは、前述したハリー・ベラフォンテ、サミー・デイヴィス・Jrとともに主役級の立場で正当な評価を受けるようになっていきました。
 このことは、映画の制作自体が社会的課題を改善していった結果として注目すべきことですし、それが「アメリカン・ニューシネマ」の時代になって、『夜の大捜査線』シリーズ(1967年~)を皮切りに、『黒いジャガー』(1971年)、『スーパーフライ』(1972年)などを代表にした黒人パワーが全開する「ブラックス・エクスプロイテーション・フィルム」が隆盛を極めていくことになるわけです。

手錠のままの脱獄 [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



夜の大捜査線 [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



続・夜の大捜査線 [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



夜の大捜査線 霧のストレンジャー [DVD]

20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント



黒いジャガー [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ



スーパーフライ 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ



【参考 アメリカ映画100年帝国 なぜアメリカ映画が世界を席巻したのか? 北島明弘著 近代映画社(SCREEN新書) 2008年】

アメリカ映画100年帝国―なぜアメリカ映画が世界を席巻したのか? (SCREEN新書)

北島 明弘 / 近代映画社



 1950年代以降、1960年代後期のこのようなアメリカ映画の変遷を振り返ると、1940年代の「フィルム・ノワール」は、1960年代後期から1970年代にかけて低予算の社会派の作品にアクションを取り入れていく「ニューシネマ」の傾向に総括されていったように感じられるのです。

 『泥棒を消せ』は1964年の作品です。まさにテーマもこれらの例から漏れることなく、他国からの移民の問題、犯罪者の更生などの社会問題に、宝石強奪などのアクションをプロットに取り入れた構成になっています。

 ここで、アラン・ドロンが演じる主人公エディ・ペダック、ジャック・パランスが演じたエディの兄ウォルターは、イタリア共和国北東部にあるトリエステ出身のアメリカ合衆国への移民です。
 主人公エディは、過去の犯罪経歴から執拗に警察に付きまとわれ失業を繰り返します。
 あてにしていた失業保険の給付金でさえ、受給要件を満たしていないからと給付されませんでした。愛する妻クリスティーヌはエディに隠してナイトクラブでホステスをすることを決心します。そのことを知ったエディは、とうとうその生活環境に耐えきれなくなり、兄ウォルターの計画した宝飾プラチナ強盗に着手することになってしまうのです。
 妻クリスティーヌには、犯罪に手を染めた夫を、到底、理解することはできませんし、強盗仲間の裏切りで一人娘のカティが誘拐されてしまったことから動揺し、その結果、夫への気持ちも離れてしまう展開になってしまいます。


【<『泥棒を消せ』②~アメリカ映画での「ギャング映画」を優先した「アラン・ドロン」②~>に続く】
[PR]

# by Tom5k | 2016-12-30 23:57 | 泥棒を消せ(2) | Trackback | Comments(0)

『Quand la Femme s'en Mele』~デビュー作品は「フレンチ・フィルム・ノワール」②~

【<『Quand la Femme s'en Mele』~デビュー作品は「フレンチ・フィルム・ノワール」①~>から続く】

 その後、メーヌとジョーがフェリックスとコレットを駅に出迎えに行くシークエンスになりますが、コレットを演じたソフィー・ドーミエは、たいへん愛らしく、一般的には「フィルム・ノワール」の作品には登場しないキャラクターだと思います。この時代の「フレンチ・フィルム・ノワール」の作風への試行錯誤の結果が、アラン・ドロンと彼女の起用だったのではないでしょうか?

 ゴドーとメーヌは二人の間を邪魔するメーヌの以前の愛人ボビーを手下のジョーに殺させます。
 ジョーはコレットをパーラーに同伴し、店の裏手を廻ってボビーたち二人に拳銃を発砲し暗殺します。銃声が鳴り響いた後、彼はコレットが待つパーラーのテーブルに戻るのですが、コレットは彼の背広の袖が破れていることに気づきます。彼女はそのショックからホテルで寝込んでしまいました。

 このシークエンスでは、撃たれて殺害される人物を直接描写せずに「暗殺」を表現しているのですが、結果的に鑑賞者が実際のマフィアの抗争の殺害現場にいるような効果を与えることに成功しています。
 つまり、銃声と背広の袖のショットのみで、ジョーが二人を殺害したことが表現されており、基本的にパーラーに残っているコレットの視点を基軸に描写しているわけですから、映画を観る側は、田舎からパリに上京してきた純朴な彼女の心象への大きなショックに感情移入することになるのです。しかも、二枚目の若くて礼儀正しい好青年が実行したこの行動は、コレットにも観客にも信じられないことなのです。

 警察が到着する前に、パーラーを出たジョーは、ゴドーの運転するオープン・カーに乗り込みますが、彼は車後部のトランクパネルに飛び乗って助手席に滑り込み、彼らの逃走車は前方から現場に向かうパトカーとすれ違いながら遁走します。ここでのアクション・ショットも非常に印象深いシーンでした。

 フェリックスは再婚相手だったデパート「タイユリー」の売り子ジャニーヌを、3年前に火災が原因で亡くしていました。「タイユリー」の所有者であるクデールが多額の保険金を手にしていたことから、この事故は計画的な保険金殺人ではないかと疑っており、このことをメーヌに相談します。フェリックスは、メーヌにゴドーとの間に入ってもらい妻を殺した男クデールへの報復を依頼します。
 一方、ボビーの殺害事件の後、ピエール・モンディ演ずるヴェルディエ刑事が、メーヌやゴドーのナイトクラブを訪れますが、ゴドー一家が犯した犯行だと特定できるはずもありません。
 
 ゴドーのライバルの組織から身内の死体が運ばれます。死体を運んでくるのは冒頭でカードをしているときに口論になったうちの二人です。恐らく、ファースト・シークエンスの口論の相手はボビーの所属していた組織のメンバーだったのでしょう。この時点でマフィア組織間での抗争の火蓋が切って落とされたわけです。

 このあと、ジョーとコレットがオープン・カーで出かけるシークエンスがありますが、ここで彼は、自分が堅気の生活をしたいことを彼女に打ち明けているようです。このシークエンスは「フレンチ・フィルム・ノワール」というより、アイドルの純愛映画のような雰囲気が醸成されており、アラン・ドロンとソフィー・ドーミエの出演により、硬直した古い映画の類型化を払拭して、映画作品としての躍動感を生み出すことに成功しているように感じました。

【>初期の作品を再見すると、あなたには品があったという印象を受けますね・・・
>アラン・ドロン
品は説明できるものじゃない。気付いてもらうものだ。私はある日偶然選ばれて、カメラの前に立たされたんだ。今でも覚えている。ヴィクトル・ユゴー通りで、お菓子屋から出て来てエドヴィージュ・フィエールにまた会うためにソフィー・ドミエと一緒に車に乗るんだ。お菓子の包みを持って外に出る時、こう説明してもらった:「カメラを見ないで、誰もいないようなつもりでね-私はすぐに理解した、毎日自分がやってることじゃないか!」最初から緊張はしなかったね。】
【引用 takagiさんのブログ「Virginie Ledoyen et le cinema francais」の記事  2007/6/4 「回想するアラン・ドロン:その2」(インタヴュー和訳)」カイエ・ドュ・シネマ501号掲載

 ゴドーとフェリックスは保険金を支払ったエージェントのキュンストを訪れ、事件の真相について彼に詰め寄ります。
 用件が済んだのか、二人が邸を出るときに突然銃声が響きわたり、驚いたゴドーが邸に戻るとキュンストがピストル自殺をしていたのでした。ゴドーはその現場で彼の遺書を見つけ、それを持ち出すことに成功します。ゴドーとフェリックスは、映画館でメーヌ、コレットと落ち合い、そこで、ゴドーはメーヌに一部始終を告げまました。

 次に、ゴドーはクデールを訪れ、キュンストの遺書をネタにして5千万フランの出資を求めます。ここでクデールの秘書としてブリューノ・クレメールが演ずるベルナールが登場します。ベルナールはジョーと知り合いだったので、ゴドーが帰った後にすぐに彼に連絡を取り呼び寄せます。クデール邸を訪れたジョーは大金と引き換えにゴドーの部屋から遺書を盗むよう二人に依頼されます。

 アラン・ドロンより少し年上のブリューノ・クレメールも、同じくこの作品がデビュー作品ですが、彼が演じたベルナールのキャラクターは、「フィルム・ノワール」におけるピカレスクな魅力を最大限に体現していたと思います。素晴らしい!

 コレットはゴドーのクラブでジョーと落ち合い、そこで彼から堅気になるためにクデールに寝返る決心をしたことを告げられ、ゴドーの部屋に入って遺書を盗み出すことを頼まれます。ジョーと愛を確かめあったコレットは彼に協力しますが、それをメーヌに見抜かれて計画は失敗してしまいます。そして、メーヌは娘の切ない気持ちも察してしまうのでした。
 ゴドーもメーヌも、それぞれジョーを問いただし、結局ジョーは二人に真相を話すことになります。

 若いアラン・ドロンが、ボスのジャン・セルヴェに何度も殴られるのですが、ここもやはり印象深いシークエンスです。殴られて鼻血を拭きながら、自分の言い分を必死に話しているアラン・ドロンを見ていると、情けない失敗をした我が子を見ている親のような気持ちになり、切なくなってきます。

 クデールの手先二人が、ゴドーのキャバレーに張り込みをしていますが、ゴドーは自分の手下のジャン・ルフェーブル演ずるフレッドとともに彼らを脅しクデール邸に向かいます。張り込んでいた二人は、冒頭のカードのシークエンスやゴドーの部下の死体を送りつけたシーンに登場していた抗争相手の組織の一味です。クデール一家とこのマフィアの一味は同じ組織なのでしょうか?字幕スーパーのない映像から、ここの人物設定の関係性はわかりにくいです。

 このシーンでは、都会の夜、パリの街のネオン・サインを実に美しく映し出しています。「フィルム・ノワール」の原点ともいえる典型的な夜の都会の情景描写であり、それは魅惑的な犯罪都市を喚起するショットでした。

 ジョー、メーヌ、フェリックスも彼らを後から追います。
 ゴドーは手先の一人を銃で脅し公衆電話ボックスからクデールに電話を掛けさせます。ここで、その電話に対応するのは秘書のベルナールです。

 ゴドーは二人をフレッドに任せてクデール邸に向かい、先に到着したジョー、メーヌ、フェリックスは、クデールと対面します。メーヌは遺書を彼の目の前で破り捨て、フェリックスはクデールに銃を向け言い争いになりますが、彼は躊躇ってしまい銃を撃てず、しびれを切らしたメーヌがクデールを撃ち殺します。

 何故、メーヌが、怒って遺書を破り捨てたのでしょうか?遺書の内容に憤りをぶつけているのかもしれません。このような激情的な行動を取りながらも、冷静さを失わず緊張の局面にも決して動じないメーヌを演じるエドウィジュ・フィエールは、まさにそのとき「極道の妻」と化しています。そして、大女優の証がこのラスト・シークエンスに凝縮しているのです。母として、ギャングの愛人として、そして元夫への愛情・・・こんな複雑な設定の中、彼女は「超ファム・ファタル」に変貌し、ガリマール社のセリ・ノワール叢書のジャン・アミラのセリ・ノワール小説の原題通リ、ゴドーを待つことなしに(Sans attendre Godot)、クデールを銃で何発も撃ちフェリックスの怨恨を晴らすのです。
 自ら銃でカタを付けた彼女の行動は凄いです。本当に、このシークエンスは恐ろしいほどの迫力でした。

 三人が邸を出ようとしたそのとき、ジョーはベルナールの凶弾に倒れますが、ようやく後から駆けつけたゴドーによって、ベルナールも殺されます。残ったゴドー、メーヌ、フェリックスは、クデール邸を放火しジョーの死体を運び出します。

 ジョーは、先に邸の外に出ようとするメーヌを制し、ベランダに出て外の様子を伺いメーヌとフェリックスを案内しようとしますが、そのとき、後ろから敵の銃弾に撃たれ、邸の石段の手すりに寄り掛かりながら転げ落ちて地ベタに倒れ込んでしまいます。

 アラン・ドロンのファンとしては、いささかショッキングなシーンでした。
 彼は人気の全盛期に、「死の美学」をキーワードとして、多くの作品の結末で主人公の死を演じましたが、既にこのデビュー作品で敵の凶弾に倒れる犯罪組織の若者を演じていたのです。この設定が驚くべきことであることはもちろんなのですが、ここでのアラン・ドロンは、人気全盛期のキーワードであった「死の美学」を提示したというよりも、無念な若者の死としての同情の感情を観る側に抱かせてしまうように思います。
 キャラクターが完成する前の初々しいアラン・ドロンだったのです。せっかくコレットとの未来に希望を見出していた若いジョーだったのに・・・哀しい最期でした。

 事件が終わり、フェリックスは娘コレットと共にグルノーブル行きの列車に乗り込み、ゴドーとメーヌは彼らを見送ります。呆然としているコレット、その娘の様子を悲しげに、そして心配そうに見送るメーヌ。

 そして、二人を見送った後、ゴドーとメーヌをピエール・モンディ演ずる刑事が駅構内で待ち構えているシーンで映画は終了します。

 現在、残念ながら更新されていないようですが、Astayさんのホームページ用ブログ【Cinema of Monsieur Delon】を参考にさせていただきました。おかげで字幕がなくてもストーリーの概略を理解することができました。本当にありがとうございます。


 ストーリーも映像も出演者も決して悪くない作品で、ジャン・セルヴェ、ジャン・ルフェーブル、ピエール・モンディ、ブリューノ・クレメールなど、役柄からも非常にハードな演技表現に徹していますから、「フレンチ・フィルム・ノワール」作品への登場人物としては、申し分のない俳優の配置、演技で成功している作品だと思います。決して駄作だとは思いません。

 特に、ゴドーを演じたジャン・セルヴェには、ハリウッド作品でレイモンド・チャンドラー原作のフィリップ・マーロウやダシール・ハメット原作のサム・スペードなど、ハードボイルド小説の主人公を演じさせたら素晴らしい作品になるように思いました。

長いお別れ

レイモンド・チャンドラー 清水 俊二早川書房



マルタの鷹〔改訳決定版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

ダシール ハメット / 早川書房



 また、エドウィジュ・フィエールやベルナール・ブリエのような往年の名優たちを配置したことも特筆すべきことだと思いますし、その対極において、アラン・ドロン、ブリューノ・クレメールやソフィー・ドーミエなど、個性的な若手スターが発掘されているのです。
 イブ・アレグレが不振に陥っていったと飯島正の評価があったとしても、この作品を観ていると、「フレンチ・フィルム・ノワール」は、旧時代に見守られながら、新しい時代に向かうための助走を初めたような気がしてきます。

 特に、アラン・ドロンにおいては、後年、家族のためにマフィア組織を脱退して堅気になろうとしたために愛する妻と息子を殺され、自らも敵の凶弾に倒れる悲劇的なプロットで『ビッグ・ガン』(1973年)を製作、主演しましたが、このデビュー作品『Quand la Femme s'en Mele』の出演から16年後においても同様のプロットによって、より徹底した「死の美学」を貫徹していたのです。

 そして、『ビッグ・ガン』の主人公トニー・アルゼンタは、この『Quand la Femme s'en Mele』のジョーが殺されずに、恋人コレットと結ばれ家族を持ったその未来の姿だったように私は見えてしまっていたのです。
[PR]

# by Tom5k | 2016-12-23 12:09 | Quand la Femme s'en | Trackback | Comments(0)