「ほっ」と。キャンペーン

『仁義』②~劇場公開当時及びTV放映当時から、現在へ

 1960年代後期から1970年前期にかけての映画界は、「アメリカン・ニューシネマ」の時代を迎えながら、「ギャングスター(マフィア)映画」や「アクション映画」の全盛期を迎えていった時代であり、アラン・ドロンの人気も、そういった系統に属する「フレンチ・フィルム・ノワール」や「フランス製アクション映画」で映画スターとしての絶頂期を迎えていました。

 東宝東和配給の『仁義』は、正月映画として公開された昭和45年12月当時、日本ヘラルド配給の『狼の挽歌』とライバル配給会社の対決、そして、主演のチャールズ・ブロンソンとアラン・ドロンの「ギャング映画」対決として、興業価値の観点から注目されていたようです。

【さて、正月作品の中で本命と目される作品はというと、やはり「狼の挽歌」(ヘラルド配給、チャールズ・ブロンソン、ジル・アイランド、テリー・サバラス主演)だろう。
 これにからむのが「仁義」(東和配給、アラン・ドロン、イブ・モンタン、ブールビルの主演)だ。両者ともギャング映画であり、東和、ヘラルドというライバル会社の作品、ドロン、ブロンソンという現在の人気抜群のスターの作品と話題にはこと欠かない。
 (-中略-)「仁義」の方はジャン・ピエール・メルビル監督の作品で、話の内容は実に巧みで面白いが、ややシブイきらいはある。質的には前者より上だが、興業価値は落ちると見るのが正当な評価だ。(略-)】
【「キネマ旬報1970年12月下旬号」興業価値 外国映画「ドロンとブロンソン」】

 公開時の興行価値の側面からは、チャールズ・ブロンソンのアクション映画の集大成として、『狼の挽歌』に軍配が挙がっていたようです。

狼の挽歌 デラックス版 [DVD]

ジェネオン エンタテインメント



 わたしが、『仁義』を初めて観たのは、確か小学校の5・6年生頃ですから、昭和50年代の初めころだったでしょうか。そのころのテレビ放映によるものでした。

 現在のわたしとしては、ブールヴィル演ずるマッティ警視の孤独、人としての良心をおろそかにしてまで、当局側の非人道的なセオリーに従って生きざるを得なくなってしまった男の孤独が強烈に印象に残ります。

 記憶として定かなものではないのですが、恐らく、当時のテレビ放映では、日本での人気スター、アラン・ドロン、シャンソン歌手としても有名だったイブ・モンタンの出演シーンを中心にした放送時間の枠内での編集のためなのか、マッティ警視や警視総監の関係からの捜査当局への否定的な描き方、作品のテーマに関わる最も重要な警視総監の
「人間は常に悪に染まっていく。すべての人間は罪を犯している。」
など、この作品本来のテーマであるセリフやシークエンスは、あまり重要視されずに編集(カット)されてしまっていたような気がしています。

 また、これも定かな記憶ではないのですが、イブ・モンタンが演じているジャンセンが、マッティ警視に撃たれて絶命する最期のシークエンスでのセリフが、
「サツなんて、クソくらえだ。」
という意味の言葉だったように記憶しているのですが(当時の三木宮彦氏の採録では「-サツは-いつもマヌケだな!」)、これは、現在のDVD(IVC盤)字幕での
「いつも おちこぼれさ」
とは、かなり印象の異なるものです(それにしても、過去に優良警察官であったというジャンセンの設定から、このセリフには違和感が伴います)。

 小学生当時のわたしにとってさえ、ジャンセンが警察官をやめて、このような強盗団に身を落としている理由や、彼が警察権力に反発した生き方にならざるを得ない「何か」があったのだと、想像力を喚起されてしまうセリフだったのです。
 ジャンセンの人生・・・彼の絶命時の気持ちなどを考え込まされてしまう言葉でした。
 ですから、現在のDVD鑑賞から、最も強く感じられるマッティ警視の深い孤独感や虚無感よりも、自宅の壁に飾り付けられている、「国際警察大会優勝」の刻印が記されている表彰盾から、射撃の名手であるジャンセンが、エリート・コースを歩む道を踏み外して人生を転落していったことを想起させられ、その生き様や死に様のほうが、子どもながらに強烈なインパクトとなっていたのです。
 誰にもわからない男の孤独、そして逆に男の規範のようなものを感じて取っていたと記憶しています。
 小学生にしては、随分とおやじくさい感想を持ったものだと、我ながら自嘲してしまいますが・・・。

 順調に着実にエリート・コースを歩んでいるマッティ警視は、ジャンセンの人生の転落をより鮮明に描くため、彼と対比するために、敢えて登場させた人物のようにしか印象に残りませんでした。
 

 また、アルコール中毒患者特有のジャンセンの幻覚として描かれている「は虫類」、それらが部屋中をはいずり回っているシーンなども、実に気味の悪い印象として記憶に焼き付きました。

 思い出せば、一緒にテレビを観ていた父親は、そのシーンで
「あっ、アル中だっ!」
と叫んでいたのを、今でもはっきり憶えています。

 わたしは、ジャンセンが、宝石強盗の仕事に就くときのナイト・クラブでアラン・ドロン演ずるコレイと落ち合うシークエンスで、アルコール中毒症状から回復し、宝石強奪時には、完全にそれを克服できた様子から、ハワード・ホークス監督の「リオ・ブラボー」を想い出しました。
 その作品での主演のひとりであるディーン・マーティンが、挿入曲「皆殺しの歌」が流れてきたとき、手の震えが止まるショットを連想したのです。

リオ・ブラボー [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ



 一度は、落ちぶれてしまった者が再起する瞬間、「再生」と「復活」・・・そんな魅力ある映画のテーマが想起させられたことも、懐かしく想い出すことができます。

 余談ではありますが、一緒にテレビを観ていた父親は、

「アラン・ドロンの映画で有名なのは、『太陽がいっぱい』くらいだ。せいぜい、この『仁義』が少し有名なくらいかあ?それにしたって、知っているのは、よっぽどフランス映画を好きな奴らくらいだろうけどな・・・。売れないんだよなあ、こいつの映画・・・。」

という、いつもながら、本当に頭に来る解説を聞きながらの鑑賞でした。
 父親にとっては、『地下室のメロディー』も『シシリアン』も、ジャン・ギャバンの映画だったようですし、『さらば友よ』は、チャールズ・ブロンソンの主演作品、『レッド・サン』もチャールズ・ブロンソンと三船敏郎が愛すべき主人公で、アラン・ドロンは憎むべき悪役。『冒険者たち』は、興味自体が無かったようですし、『ボルサリーノ』は、知らなかったようです。

 しかも、なんと、『サムライ』にかかっては、失敗作だと抜かしていました。

「殺し屋を侍に当てはめるなんて、わけわからん感覚だな・・・。まっ、失敗作だべ。」

 何せ、実に不愉快な気分で、テレビを観ていた記憶があります。


 2度目の鑑賞は中学3年の頃、昭和50年代の半ば頃だったでしょうか?
 テレビでの放送日、友人との話題で、
「今日、アラン・ドロンの映画、テレビでやるから観ようぜ。」
と話していた記憶があります。

 その友人は、当時テレビ放映された『さらば友よ』や『ボルサリーノ』などを観て、アラン・ドロンの映画は面白いと思い込んでいました。そんなことから、この『仁義』にも、相当に期待していたらしいのですが、地味で暗鬱な大人の「フィルム・ノワール」であることから、
その感想は、

「期待してたのに、面白くなかったなあ。」
でした。

 どうも、過去の『仁義』の鑑賞時のわたしの周囲の反応で芳しいものは、あまり無かったようです。


 アラン・ドロンのファンとしては、この『仁義』は、彼の主演している作品として、典型的な作品と言えると思います。
 宝石強盗団のアクションを基軸にしたストーリーであり、この作品以前、すでに『地下室のメロディー』、『泥棒を消せ』、『さらば友よ』、『ジェフ』、『シシリアン』などで、計画的な宝石や現金の強奪をプロットとして設定している作品が多かったこと、主人公たちの男同士の友情を基軸にした作品であることも、『冒険者たち』、『さらば友よ』、『ボルサリーノ』などで、お馴染みの設定であったこと、などが挙げられるからです。

 このころ、公開された「アラン・ドロン映画」としては、類型的でワン・パターンのステレオ・タイプの作品として印象づけられていたことも、無理の無いことのようにも思えます。

 しかしながら、映画作品としてのこの作品の評価は、現在においては、映画史的な意味で、考えられないほどの高評価となっており、わたしとしては、この極端な評価の変遷はとても信じられないことでもあります。
 ジャン・ピエール・メルヴィル監督が、アラン・ドロンを主演にした作品は、この外に『サムライ』、『リスボン特急』がありますが、現在では、『パルプ・フィクション』でカンヌ国際映画祭・パルムドール(最優秀作品賞)を受賞した『キル・ビル』シリーズで有名なクエンティン・タランティーノによる高評価や、実現はしていませんが、「香港ノワール」の旗手であるジョン・ウーやジョニー・トーなどによるリメイクの企画などからも、ジャン・ピエール・メルヴィル監督の作品の中でも『仁義』の評価が、際だって高いものとなっているそうなのです。

パルプ・フィクション [DVD]

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント



キル・ビル Vol.1 & 2 ツインパック [DVD]

ユニバーサル・ピクチャーズ / ジェネオン エンタテインメント



男たちの挽歌 (デジタル・リマスター版) DVD-BOX

ジェネオン エンタテインメント



ザ・ミッション 非情の掟 [DVD]

ケンメディア



 例えば、わたしが、現在において『仁義』を鑑賞し、特に印象的なショットを挙げるとすれば、それは、ジャン・マリア・ヴォロンテが演ずる脱走犯ボージェルの逃走現場における、原野一杯に隊列を組む警官隊の陣形のショットです。
 この警官隊列の横一列の全景のズーミング撮影は、犯人が追いつめられる圧迫感を表現している映像としてはもちろんですが、アクション・シークエンスではないにも関わらず、その景観の迫力、映像の強さを感じます。その情景としての美しさにおいても、フランス映画特有のアヴァンギャルドの伝統、すなわち紛れもなく映画芸術としてのフォトジェニックの極みであることを感じることができるものなのです。

 また、ボージェルが、アラン・ドロン演ずるコレイの車のトランクから現れ、初めて彼らが邂逅するシークエンスも印象の強いところですが、特にコレイからもらった煙草をボージェルが吸う時、その瞬間の彼のミディアム・ショットでのカット・ズーミングも、実に前衛的な映像なのです。
 B級俳優であるジャン・マリア・ヴォロンテのクローズ・アップであるからこそ、映像の時流としてのさきがけを予感してしまうようなショットとも思えます。アンリ・ドカエのカメラ・ワークから、職業俳優である前に、彼の私人としての眼、表情、発散するオーラが写し撮られているように感じました。

 他のショットにも、数限りなく映し出される映像の極限美の数々は数え切れません。優れた映画作家の作品は、映像そのものが前衛アートの連続として構成されているように思います。

 公開当時、TV放映時には、誰しもが大きな関心を示さなかった『仁義』・・・単なる地味な「ギャング映画」として、ありふれたアラン・ドロン主演の「ギャング映画」としてしか解釈されなかった作品・・・それから40年あまりを経た現在、映画史の上で再評価の気運が高まった理由を、現代におけるさきがけの映像美の素晴らしさから納得することは、さほど難しいことではないように思うのです。
[PR]

by Tom5k | 2010-08-08 21:37 | 仁義(2) | Comments(5)

『仁義』①~孤独の美学~

 1917年パリに生まれのジャン・ピエール・メルヴィル監督は、第二次世界大戦中、フランス軍に従軍後、1946年に独立プロダクションを立ち上げ、自主制作映画を創り始めました。
 ジャン・ピエール・メルヴィル監督は、やはりアラン・ドロンを撮り続けた名匠たち、ルネ・クレマン監督やルキノ・ヴィスコンティ監督と同様に大戦中はレジスタンスの一員でした。彼らの作品とはまた異なる意味で、創作された作品群の各テーマにそのことが色濃く出ています。

 1947年のデビュー作『海の沈黙』もドイツ占領下のフランス郡部を舞台にしたレジスタンス作品です。この作品が、既成のスター俳優を使わずに低予算で製作され、オール・ロケーションで撮影されたことから、彼は「ヌーヴェル・ヴァーグ」の先駆者とも呼ばれています。ジャン・リュック・ゴダール監督らの「ヌーヴェル・ヴァーグ」カイエ派に敬愛され、彼の『勝手にしやがれ』(1960年)にも特別出演しています。

 後年、ジャン・ポール・ベルモンド主演の『いぬ』(1963年)、リノ・ヴァンチュラ、ポール・ムーリス、ミシェル・コンスタンタン出演の『ギャング』(1964年)などで、彼自身の経験によるレジスタンスの精神で「フレンチ・フィルム・ノワール」を描くようになっていきました。

いぬ [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル



ギャング [VHS]

東映



 その後、アラン・ドロンという好逸材に恵まれ、日本の武士道などの東洋思想のテーマで彼を主演にした『サムライ』(1967年)を制作し、「フレンチ・フィルム・ノワール」を独自の美学で更に純化させていきました。
 そういった経緯を経て、豪華なオールスター・キャスティングを特徴とした後期の代表作品である『仁義』が生み出されたのです。

【出演者の各代表作品】
※ジャン・マリア・ヴォロンテ
死刑台のメロディ
/ エスピーオー





群盗荒野を裂く〈インターナショナル版〉
/ エスピーオー





東風
/ コロムビアミュージックエンタテインメント





※ブールヴィル
大頭脳
/ ビクターエンタテインメント/CIC・ビクタービデオ





怪傑キャピタン(トールケース)
/ アイ・ヴィー・シー






※フランソワ・ペリエ
居酒屋
/ アイ・ヴィー・シー





右側に気をつけろ〈期間限定〉
/ ハピネット・ピクチャーズ





オルフェの遺言
/ ビデオメーカー






※イブ・モンタン
枯葉 ~夜の門~
/ アイ・ヴィー・シー





恐怖の報酬
/ ハピネット・ピクチャーズ





>菊村
「映画の中に「人生の中で一番重要だと思うのは愛と友情と裏切りだ」という言葉が出てきますよね。(略-)」
(-略-)
>白井
「ドロンが一人でクラブの隅の席に座っていると、たばこ売りのバニー・ガールが来て、手に持っていた赤いバラを、ちょっとキャメラの方を見て考えてから彼にやる場面がある。(略-)」
>河原畑
「一説によると、あのバニー・ガールは、ひそかに店の主人フランソワ・ペリエの命を受けていて、裏切りのシンボルである赤いバラをアラン・ドロンに渡して、意のあるところを知らせようとした、という説もある。(笑)」
>品田
「(-略)そういう読み方をしていくと、ジャン・マリア・ボロンテがアジトのアパートでアラン・ドロンを送り出してから、ハッと裏切りに気づくシーンでも、彼は赤いバラを手に持っている」
(注~わたしは、すでにコレーを送り出す前に、ボージェルはそれに気づいていたと思っています。)
(-略-)
>池波
「(-略)ギャング映画、犯罪映画というのは、スキ無くつくろうと思うと、一番むずかしいと思う。ジャン・ピエール・メルビルみたいな、こういう不思議な監督がいるあたりが、映画というものの面白いところですよ。」
【キネマ旬報1970年12月下旬号 特別ディスカッション「「仁義」とジャン・ピエール・メルビル監督とその映像の精神主義」池波正太郎(作家)、菊村到(作家)、品田雄吉(評論家)、河原畑寧(読売新聞文化部)、白井佳夫(キネマ旬報誌編集長)より抜粋。】

 作品のテーマは、警視総監が常に言葉にする「人間は常に悪に染まっていく。すべての人間は罪を犯している。」に集約されています。

 マッティ警視を演じるブールヴィルが、素晴らしいキャラクターを創り上げています。マッティ警視の生活は、一人暮らしのアパルトマンで一緒に住んでいるのは飼っている何匹かの猫だけという非常に淋しいものです。彼は、自らが孤独であることを知っているがために、多くの犯罪者たちに対して、心底からの憎悪を持つことができない善良で優しい警察官であるように感じることができます。

 もしかしたら、ジャン・マリア・ヴォロンテ演じる犯人ボージェルの脱獄に対してでさえ、心のどこかで彼の心意気や生き方に対する賞賛や敬愛の気持ちを持っていたのではないかとまで考えてしまいます。
 いくら賢い犯人が相手とはいえ、大ベテランの警察官が護送中の犯人に逃亡されてしまうことなど考えにくいことです。そして、その後の監査局長である警視総監とのやりとりからも、彼がボージェル逮捕に対して、非常に消極的であるような印象を受けます。
 これらのことから、彼が警察官としては失格であっても、人間的で安心感のある人柄であることを察することができます。

>警視総監
「マッティ君、有罪と思われる容疑者はどういう行動を取るか、君は予知していなかったのかね?」
>マッティ警視
「反論して恐縮ですが、私の手を経由する容疑者は、私は無罪の可能性のある者として扱っております。」
>警視総監
「無罪など存在せん。人間はすべて有罪なのだ。この世に生まれたときは、なるほど罪はあるまい。だが、いつまでもそのままではおらんからね!」
(-略-)
>マッティ警視
「警官でもですか?」
>警視総監
「あらゆる人間と言っただろう。マッティ君。」

 マッティ警視は警視総監(監査局長)を心の底では侮蔑しながらも、彼の人間観に不思議な説得力を感じてしまいます。そして、お抱えの情報屋の
「ボージェルはクロなのか?」
という問いに
「そうだ。」
と答えてしまうのです。このときのマッティ警視の表情には、彼のやりきれない心情が現れてしまっています。

 このような割り切れない感情を持ちながらも、警視総監(監査局長)や情報屋とのやり取りから、彼は次第にボージェルの捜査に本気で乗り出していくようになってしまいます。そして、ボージェルの古い仲間、フランソワ・ペリエ演ずるサンティに、仲間を売らせるように仕組んでいくのです。

 ボージェルとサンティのもう一人の古い仲間であるイブ・モンタン演じるジャンセンは、悪に染まって堕落してしまった元警察官です。
「彼は今監査局長だ。警官を監視する立場だ。」
とジャンセンは鍵穴を射撃した技術を警官時代の元上司に教えて貰った経験をアラン・ドロン演じるコレイに語ります。驚くことに、それはマッティ警視の尻を叩いていた警視総監だったのです。

 監査局長である警視総監はマッティ警視に対してまで
「コルシカ人の名だが風貌が違う。」
と言って、彼の身上調書を確認するほど、人に対して常に猜疑の目を向ける性格ですが、もしかしたら、このような彼の生き方も、元部下のジャンセンの転落がトラウマとなっていたからなのかもしれません。

 そして、マッティ警視は、警視総監の言葉に強い説得力があることを次第に認めていかざるをえなくなります。サンティスに仲間を売らせるために、彼の息子をおとり逮捕で連行しただけなのに、彼は実際のマリファナの事件に関与していたのです。
 彼は、ひとりごちます。
「≪この世に生まれたときは、なるほど罪はあるまい。だが、いつまでもそのままではない≫ 畜生!」

 いよいよ、マッティ警視も、サンティの裏切りやコレイのむかしの相棒リコの密告から、ボージェルが宝石店の強盗一味であることを想定します。そして、自らが闇の宝石商に扮してコレイを欺き、一斉逮捕の準備をすすめていきます。
 しかし、ボージェルはサンティの裏切りに気づいており、コレイとマッティの密談の場所に乗り込みます。うむを言わせずコレイを逃がしたボージェルに対して、マッティは
「なぜ、おれが誰だか言ってやらなかった。」
と問いただします。
「言えば、お前を殺しにいって捕まってしまう。あいつを逃がすことが仁義だ。」

 すでにマッティが警察官だと気づきながらも、それをコレイに伝えなかったボージェルは、仲間に対する仁義を果たしていたのです。

 彼はジャンセンが死ぬときに残した
「サツはいつもマヌケだな。」
という警察官に対する痛烈な侮蔑の言葉からも、何故、彼が警察を辞めて転落していったのかを察してしまったのでしょう。

 サンティに仲間を売らせ、ボージェルとコレイの友情を知り、むかしの同僚ジャンセンを撃ち、彼に警官が侮蔑されるべき存在であることを思い知らされたマッティ警視。

 「人間は、すべて有罪だ。マッティ君。すべて・・・。」

 警視総監が最後まで言い続けたその言葉も、彼には何の慰めにもならず、何の説得力も持たない空虚なものになっていました。マッティ警視はあらためて自分の孤独を思い知らされるのです。
 それは、本当に大切な友情というものを確信しながらも、すべてを破滅させてしまう警察官の宿命に、自己の良心が敗北せざるを得なかったために生まれた「孤独の美学」といえるものなのかもしれません。
[PR]

by Tom5k | 2006-05-30 21:12 | 仁義(2) | Comments(11)